労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宅配便のない総合物流会社なんて・・・
 ペリカン便をなくしてしまって、日本通運はもう総合物流会社ではなくなってしまうのでしょうか?
 原子力関連や産業廃棄物、官公庁の移転・・・、確かに他の運送会社との違いはありますが、お役所関連の仕事が多く、カルテルの独禁法違反などで処分をだされたときは堪えたでしょう。

 ペリカンで働いてきた社員をさっさと切り捨てて身軽になろうというのは、ちょっと違うと思いますが・・・
 ヤマト運輸や佐川にまったく歯が立たなかった宅配便事業。従業員にだけ責任を押し付けるのはおかしい!
 
 引越事業ではサカイやアートに太刀打ちできるでしょうか!?
 現場の声を吸い上げられなければ、宅配便と同じ道を歩むしかないはずです。
 経営者は責任は感じてほしいものです。
スポンサーサイト
ここまでやってこれたのは・・・
 SD裁判の原告たちがここまでやってこれたのは、法廷闘争をしてきたからです。
 真っ先に目をつけられてやられそうな原告たちが、次々に辞めて行く仲間たちとは違ってここまで働いてくることができました。
 JPエクスプレス後も睨んで、これまで以上に力を合わせて、がんばっていきましょう!

 来週は22日に横浜地裁で東京警送支店の二人が闘う裁判があります。きょうもどこかでパワハラ、いじめと闘う同志がいる・・・


最高裁へ上告します! 決して負けません!
 支援者の方から報告書です。

SD裁判、大阪高裁が不当判決!最高裁に上告へ!

SD裁判の控訴審判決が、12月16日にありました。
第1審の地裁判決を完全に翻す、まったくの不当判決でした。
 明示されてもいない一日6000円の賃金やボーナスなしについては有効だとし、「転籍移行しても、賃金は変わらないよ」との約束は認めませんでした。
 許せません!最高裁に上告することになりました。

 この不当判決からすると、使用者は(時には御用組合と結託して)労働者を騙し放題!できることになり、来年2010年9月とも10月とも言われるJPエクスプレスの解散消滅の前に、SDや契約社員を「郵政やから大丈夫、良くなるよ!」と、騙してJPエクスプレスに転籍させることが許されることになります。郵政が日通からの転籍でやむをえず受け入れた労働者をリストラの対象にしないことは考えられません。精算する会社だからと、どんどん賃金や労働条件を下げてくるでしょう。転籍には本人同意が要ります。転籍に同意しないことが、また同意するにしても納得できる雇用保証や賃金や労働条件の内容を書面で受け取らないと、日通は平気で騙してきます。

 SD裁判で明らかになったことを教訓にしましょう。

日通元社員ら逆転敗訴
=口約束の労働契約を否定―大阪高裁
時事通信社(12月16日 18時55分)
系列会社から移籍する際、日本通運が賃金水準を保証する約束をしたのに守らなかったとして、日通元社員ら4人が未払い分を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(岩田好二裁判長)は16日、約2500万円の支払いを命じた一審判決を取り消し、原告側請求を棄却した。 


JP(ペリカン便)関連裁判が2件、明日と明後日に・・・
 JPエクスプレスの解散が決まって、サービスドライバーたちはどこへ行くのか!?
 日通淀川運輸から、日本通運本体へ、そしてJPエクスプレス出向して現在に至るサービスドライバー裁判原告の方々。控訴審の判決はいよいよ16日です。彼らのごとく理不尽な扱いの末に、職を失うかもしれないと思ったら、それまで受けた仕打ちに対して訴えるのが良いと思います。
 
 城東ペリカン偽装請負裁判のラウンド法廷は明日15日にあります。
 下請けの偽装請負で働く人も訴えましょう!

 弁護士費用などは、法テラスで借りられる可能性があります。とにかく社外の労働組合や弁護士に相談しましょう!

 座してリストラを待つな!


 日通ペリカン偽装請負裁判  12月15日14:00~大阪地裁716号にて

 日通サービスドライバー裁判 12月16日13:15~大阪高裁84号にて控訴審判決
 

ペリカン所長は怒れ! 係長も怒れ!サービスドライバーも怒れ!
 JPエクスプレスから、無事に日本通運に帰れるというのは、常識的に考えても無理があります。今まででも日本通運は社員を追い詰めて自己都合退職を迫ることを常時行って来ましたし、これからもそうでしょう。
 ここは闘うしかないでしょう! 一人づつ潰されていくより、みんなで団結して闘争です!

 全日通労組がいかほどのことをしてくれるでしょうか?梅川さんは一生懸命がんばっていますが、いかんせん多勢には勝てません!でもJPエクスプレス出向組が一丸となって全日通労組に迫れば、本来の労組の働きを多少なりとも取り戻すかもしれません!
 一番ベストなのは、全日通労組と管理職ユニオンや、天六ユニオンのような社外の労組に二重加入して戦うことです。全日通労組に労働組合本来の労働者のための組合に立ち返るよう働きかけることです。しかし、会社以上に従業員にひどいことをする組合でもあるので、用心にこしたことはありません。そこで社外の労組に加入しておくのです。また、ペリカンセンター所長などから、JPエクスプレスの支店長になった方々は全日通に最初から見放されていますね。法的には管理職ではないのに管理職ということで全日通労組から、追い出されていますね。そんな方々はもう、管理職ユニオンに入っちゃいましょう!名ばかり管理職が集まってつくったのが管理職ユニオンです。ペリカン所長のどこが管理職なのでしょう!
 しっかり残業代も請求してやりましょう!パワハラの慰謝料も請求しましょう!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。