労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

達成できない目標設定、部外者との接触禁止、上司らの不適切な言動、不当に低い人事評価などパワーハラスメント
[東京 27日 ロイター] 東京弁護士会は27日、オリンパス(7733.T: 株価, ニュース, レポート)に対し、同社の内部告発窓口を利用した男性社員を不当に配置転換したりパワーハラスメントを行ったことは「人権侵害」だと認定し、状況を改善するよう警告したと発表した。

警告は、法的な拘束力はないが、同弁護士会が発するメッセージとして最も重い。男性社員の浜田正晴氏(51)は、社内の内部通報窓口を利用したところ通報の事実を同氏の上司に伝えられ、その後に出された配転命令は無効として訴訟を起こしており、一審東京地裁で敗訴したが、昨年8月末に東京高裁で逆転勝訴した。会社側は判決を不服として最高裁に上告中。

警告書によると同弁護士会はオリンパスに対し、1)浜田氏の内部通報の事実を窓口担当者が同氏の上司に報告、2)その後、不当に配置転換、3)達成できない目標設定、部外者との接触禁止、上司らの不適切な言動、不当に低い人事評価などパワーハラスメント――の各行為が人権侵害にあたると認定。同日、同弁護士会の白井剣副会長らがオリンパスを訪問し、警告書を提出した。


スポンサーサイト
「日勤教育」について「裁量権の逸脱や濫用にあたる」大阪地裁
国鉄時代から受け継いだJR西日本の「日勤教育」。

 勤務中のミスを懲罰的に再教育するというこの制度で精神的苦痛を受けたとして、運転士や車掌らが損害賠償を求めていた裁判で大阪地裁は、JRの責任を認め、一部の原告への賠償を命じました。

 JR西日本の労働組合に所属する現役の運転士や車掌ら258人は、運転ミスなどを犯すと「日勤教育」と呼ばれる懲罰的な再教育を課せられ精神的苦痛を受けたとして、会社側に総額2億5,800万円の損害賠償を求めていました。

 訴えによりますと、発車時の前方不注意を指摘され、駅構内の空き地で「草むしり」を一人でさせられたり訓練に2分45秒遅刻したことで「辞めてくれ」などと暴言を浴びせられたということです。

 27日の判決で大阪地裁は「どのような教育を行うかは会社の裁量に委ねられるが、社員の名誉やプライバシーなどを尊重する義務も負っている」と指摘。

 原告のうち61人が被った「日勤教育」について「裁量権の逸脱や濫用にあたる」として、JR西日本に1人あたり5万円から30万円の支払いを命じました。

 「教育に名を変えたイジメであるし、あんまりにも会社の裁量権が認めすぎているのではないか」(原告)

 裁判長は判決の最後に福知山線の事故から5年以上経った今でも、裁判で組合と争い続けている会社側の姿勢に釘を刺しました。

 「将来における安全性の向上など建設的な議論を進めて、早期に利用者の信頼を取り戻すよう努めてほしい」(裁判長)。

 JR西日本は、「鉄道の安全確保に向けて、ふさわしい環境を整えることが最優先であるとの認識のもと、今回の判決によって訴訟が終結することを強く望みます」とコメントしています。


パワハラに負けない精神力を・・・
恫喝が好きな支店長もいれば、ねちねちいじめが得意な次長もいる。でもそれらに負けない精神力、体力、そして組合活動力があれば、へっちゃらです。激しく反発するもよし、じっくり抗議活動に取り組むも良し。ご自分のスタイルを築いてください!
子供たちを標的にするとは卑劣!!
京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の前で「日本から出て行け」と拡声機で叫んで授業を妨害するなどしたとして、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の幹部ら4人を逮捕した。本部を置く東京の会長宅なども家宅捜索した。
 府警によると、逮捕されたのは在特会副会長で電気工事業の川東大了(かわひがし・だいりょう)容疑者=大阪府枚方市=、在特会京都支部運営担当でマンション管理人の西村斉(ひとし)容疑者=京都市右京区=ら30~40代の男性4人。
 4人は他の在特会メンバーらとともに昨年12月4日昼、同校周辺で1時間近くにわたり、拡声機で「北朝鮮のスパイ養成所」「日本から出て行け。スパイの子ども」などと怒鳴って授業を妨害し、同校の名誉を傷つけた疑いがある。隣接する児童公園で、同校が管理するスピーカーのコードを切断したとする器物損壊容疑も持たれている。学校側が昨年12月に告訴した。
 在特会は、市が管理する児童公園を学校が運動場代わりにし、スピーカーやサッカーゴールを無断で設置していた点をただそうとしたと主張。川東容疑者は逮捕前、朝日新聞の取材に「違法な設置物を撤去したうえで話し合おうとしたが、学校側に拒否されたので抗議しただけだ」と説明していた。
 府警は、大勢のメンバーが押しかけて、ののしりの言葉を大音量で繰り返し、子どもたちを不安に陥れた点を重視。授業ができなくなる事態に追い込んだ結果は見過ごせないと判断した。
     ◇
 京都朝鮮第一初級学校には、在日朝鮮人の小学生ら約100人が通う。
 学校関係者によると、在特会による最初の街宣活動があったのは昨年12月4日。拡声機から大音量の叫びが発せられる間、子どもたちは教室で泣き続けていた。ある女子児童は帰宅後、親に「もう学校に行きたくない」と訴えたという。約1カ月後に再び街宣があった際、学校側は課外授業を実施し、児童を校外へ避難させた。
保護者の30代の男性は「いたずら電話など陰湿な嫌がらせは今までにもあった。今回は公然と学校に押しかけられ、子どもたちはショックを受けた」。学校関係者は「子どもの身を守り、尊厳を守ることが私たちの務め。民族差別を許さない社会をつくるには、法律できちんと裁いてもらう必要がある」と語る。
 同校への街宣は今年3月までに計3回。京都地裁は5月、街宣をすれば1日100万円の制裁金の支払いを在特会に命じる決定をし、その後は止まった。

鬼姑になるのだ! パワハラ撃退の究極奥義!
 姑系の細かいことを言っていびり倒すパワハラ上司には、体育会系恫喝上司とは違った対応が必要です。会社上司の細かい発言内容をメモにしっかり書き取り、それに対する対応もすべて書き留めておきましょう!そして相手を上回る細かさで抗議していきましょう!

 姑系上司に対応するための訓練には、あなた自身が姑のようにいじわるになることです。それには基本的に主婦的生活力を身につけることです。掃除、料理、裁縫などができる男は、姑系上司に対して強く戦えるでしょう。

 体育会系恫喝上司には筋肉トレーニングで、特に腹筋を鍛えて、相手より大きな声でしっかり抗議! 姑系パワハラ上司には、主婦的生活力を磨いて、より強烈な鬼姑に変身しましょう!
 そしてどんなパワハラ上司にも対応できるようになったとき、あなたはほんとうの勇者!?
になれるのだ!! (アニメのヒーローみたいやな)
 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。