労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内部告発する勇気!! 仙波さんの戦い
 不正を告発したら、報復人事・・・
 組織ぐるみの不正に、私たちはどのように対抗すればよいのでしょう?
 仙波さんの件をみてわかりますが、公務員も民間も不正は絶えませんね!
 
 不正に対して、労働者として、納税者として、そして消費者として、できるところから、地道に告発していきましょう!

 仙波さんの戦いから学ぶべきことは多いと思います。特筆すべきは彼の「勇気」です!

 朝日新聞の記事です。

 愛媛県警の捜査費不正支出を内部告発し報復人事を受けたとして、巡査部長仙波敏郎さん(59)が県に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、高松高裁は30日、100万円の支払いを命じた一審松山地裁判決を支持し、県の控訴を棄却した。
 矢延正平裁判長は、告発の記者会見直後の配転は「組織的対応と別行動をとったことへの嫌がらせや見せしめとみられ、著しく妥当性を欠く」と指摘。一審同様、違法と認定した。
 一方、一審は配転や会見の中止工作に当時の粟野友介県警本部長の関与があったとしたが、矢延裁判長は「配転は所属長の権限で実施した。本部長ら幹部が会見の妨害を指示した証拠はない」などとして、いずれも本部長の関与を否定した。
 当時の上司らが会見前日の深夜まで仙波さんと面談したことなどについて、一審は「違法な説得工作」としたが、判決は「監督者として会見の内容の確認などをしたもので適法」とした。
 会見後、仙波さんの手当を減額したことは「説明もなく不合理」として違法と判断した


スポンサーサイト
内部告発への報復で解雇されたと提訴!
 内部告発への報復で解雇されたとして慰謝料などの損害賠償請求訴訟が、6月2日予定されているそうです。
 内部告発者に対する保護が法的にどう扱われるか、公益通報者保護法の実質的な有効性が問われる裁判になりそうです。
 サービス残業が常態化している企業の従業員や、端数切り捨てアルバイトの人たちは注目したいところでしょう。

 朝日新聞サイトより引用します。


 「ワタミ」(東京)のグループ会社で、居酒屋「和民」などを全国展開する外食大手「ワタミフードサービス」(同)がアルバイト店員の勤務時間を一部切り捨てていたとして北大阪労働基準監督署の是正勧告を受け、217人に計約1200万円の未払い賃金を支払った。一方で元店員の20代の男性が「内部告発への報復で解雇された」として、同社に慰謝料など約450万円の損害賠償を求める訴訟を2日にも大阪地裁に起こす考えだ。

 ワタミによると、ワタミフードサービスは大阪府北部2店でアルバイト店員の勤務時間を1分単位で記録せずに30分単位などで端数を切り捨て、賃金の一部が未払いだとして06年秋に勧告を受けた。同労基署管内のほかの4店でも同様の事態が判明。同社は60人に計約400万円を支給した。

 同社は昨年2月、全国400店余りのアルバイト店員約1万2千人を対象に内部調査。北海道・東北2店▽関東15店▽東海2店▽近畿20店▽中国2店の計41店で切り捨てが判明し、157人に計約800万円を支払った。ワタミの広報担当者は「労働時間の切り捨てはあってはならず、徹底できていない店があった。全国の店舗ですでに改めた」としている。

 提訴を予定している男性によると、労基署への通報は06年7月で、同9月に解雇された。ワタミフードサービスの社員から「労基署に行くような人は企業にとってリスク」と退職を迫られたと主張。これに対してワタミ側は「元店員の解雇理由は個人情報のため明らかにできないが、提訴されれば、訴状を見て対応を検討する」と話している。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。