労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私の中で今生きているあなた」展示会
 「私の中で今生きているあなた」展示会は名古屋市です。11月7日から10日まで名古屋国際センター4階第一展示場です。テーマは{大事なトヨタ、だから変わってほしい」

 NPO働く者のメンタルヘルス相談室が主催する展示会があります。
 日本通運㈱社員だった夫をうつ自殺でなくし、裁判で安全配慮義務違反による損害賠償請求を争っている、大橋錦美さんが、11月8日に来場されます。

 中京地区にお住いの方は是非ともご来場ください!

 NPO働く者のメンタルヘルス相談室
スポンサーサイト
医療現場は、これでいいのか?
 働く者のメンタルヘルス相談室の過労死遺族展示会に参加して頂いていた、中原のり子さんが病院を訴えていた訴訟は、残念ながら敗訴となってしまいました。この判決によって、過重をきわめる医療現場が放置されることが容認されれば、大変なことです。
 産科や小児科、外科は医師不足が深刻な状態です。お医者さんや、看護師さんが働きやすい職場こそ医療にとって大切なのに、いったいこの国の医療はどうなってしまうのでしょうか?

 日経新聞の記事です。

 立正佼成会付属佼成会病院(東京・中野)の小児科医、中原利郎さん(当時44)が自殺したのは過重労働によるうつ病が原因として、遺族が立正佼成会に1億2000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(鈴木健太裁判長)は22日、「病院はうつ病を予見できず過失はなかった」として遺族側の控訴を棄却した。

 遺族が労働基準監督署に労災認定を求めた訴訟は、2007年に東京地裁で労災認定され確定。一方、病院を相手取った損害賠償訴訟は一、二審とも遺族側敗訴となった。

 鈴木裁判長は判決理由で「小児科部長代行として全国的な小児科医不足という難題を抱え、身体的心理的負担があった」として業務とうつ病の因果関係を認定。ただ中原さんが通常通り勤務していたことなどから、「病院側は精神的な異変を認識できなかった」として過失を認めなかった。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。