労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまで反省がなく組合費を無駄遣いするのでしょうか? 全日通労組
3月25日(金)午後1時10分、大阪地裁611号法廷で、待ちに待った判決が言い渡されました。
主文「○○円を支払え!」
その時、梅川さんは勝利を信じていましたが、思わずガッツポーズ。
多くの支援傍聴者が来られていたので、場所を大阪労働者弁護団事務所に移し、報告集会をしました。
私、成田の司会で、まず、即法廷でもらった判決文を梅川さんと私が全文を読み、森博行弁護士から解説をいただきました。
「認定額は請求額の半分で訴訟費用も半々負担だが、実質的に全面勝訴。裁判官は『申し合わせ』でエルダー(再雇用=組合員)になればとたんに被選挙権が無いのは規約上からおかしいと判断。仮にエルダーに再雇用されなかったとしても、たった1日だけで立候補の権利を奪うことは違法だと主張してきたが、そこは判断していない。被告全日通労組が控訴するなら「梅川に問題があってエルダーに採用されないこともある(採用される蓋然性はない)と主張するしかないだろう。」
元出向SD日通復帰者に対する差別を闘う支援者から、裁判して勝利する可能性や闘い方について質問があり、力強いアドバイスがありました。
果たして、その後、往生際の悪い全日通労組は控訴をして来ました。どこまで反省がなく組合費を無駄遣いするのでしょうか?!そんな金があるのなら、東日本大震災の被災者に、組織としてカンパしてはどうなのか?!

控訴期日が決まりましたら、すぐにニュース等でお知らせします。

(解説)
09年の秋、梅川さんが2年に一度の組合役員選挙に出馬。組合は「任期最終日の前日に定年退職するので資格がない」として、08年と09年の支部大会で“一日足らず”になるよう任期を決めたことを根拠に受け付けを拒否。また、告示を立候補締め切り後に知らせ出馬させなかった。恣意的な立候補の妨害、組合の根本的なあり方を問う裁判。


スポンサーサイト
Nippon Express 全日通労組労使一体パワハラ裁判 第7回期日(弁論準備)の経過
 Nippon Express 全日通労組労使一体パワハラ裁判 第7回期日(弁論準備)の経過

 第7回期日は1月24日(月)午前11時から神戸地裁406号準備室で弁論準備が開かれ、今回も東京に居る全日通労組側の弁護士と電話会議が行なわれました。原告を支援する傍聴参加者が来ていて裁判所から被告側弁護士に傍聴してよいか了解を求めましたが、何を恐れているのか?今回も拒否しました。

 原告はすでに陳述書を提出し証人として認められましたが、被告側は3人(上田大阪支部委員長、山内前大阪支部委員長、朝倉宮城県支部委員長)を証人申請したものの、陳述書の提出がまだなのでそれを待って、次回期日で証人として採用するか決められます。

 次回は、3月23日(水)午前11時から神戸地裁406号準備室で引き続き弁論準備と決まりました。次々回(5月頃か?)が証人尋問(傍聴が出来る法廷です。多くの方々に支援傍聴参加を呼びかけたいと思います。)となり、その後に最終準備書面を提出し、結審して判決を迎えます。


全日通労組裁判が27日に
 全日通労組裁判が
 
 6月27日午前11時より、大阪地方裁判所609号法廷であります。

 日本通運社員である原告が、全日通労働組合の二度の役員選挙で、立候補の所信表明が一部および全部が削除されたことに対して損害賠償請求をしています。
 組合員の職場環境を守るため、会社に対して起こされている訴訟の内容等を追求すること、などの所信表明の内容を、勝手に削除されました。

 このことによって日本通運社員の被った損失は測り知れないと思います。なぜなら、現在にいたるまでたくさんの訴訟が日通に対して起こされ、それらの裁判で争われている劣悪な、悪意さえ感じられる職場環境は全く改善しないばかりか、悪化している状態です。それらの劣悪な職場環境を改善すべく立ち上がった原告の、労働組合員としての活動を意図的に妨害したものであって許されないことです。全日通労働組合は、労働組合本来の姿から変質してしまっているのではないでしょうか?
 
 今回の裁判を通して、全日通労働組合員の全員が、職場において、どうすれば職場環境を改善できるかを考えていくべきだと思います。

 さて、

  一回目の公判には被告席に誰も姿を見せず、事務の女性が傍聴席に一人来て、期日だけ決めて帰りました。傍聴席にはたくさんの人が座っていました。
 全日通労働組合幹部の姿勢を問いたいです。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

労働組合を訴える!
 労働組合といっても、あなたの会社に最初からある組合は役に立っていますか?
 賃金交渉とかは、会社のいいなりで労働条件は悪化するばかり、組合費はバカ高いのに、社内のいじめやセクハラには見て見ぬふり・・・
 会社とトラブルがあれば、なんと労働組合なのに会社側についていっしょに攻撃してくる・・・
 「あるあるある、うちの会社の労働組合もそんな感じだ。」 と思われた方には、是非とも注目して頂きたい裁判があります。
 鬱自殺やアスベスト問題、サービスドライバーの労働条件切り下げ等々が裁判で争われている、あの日本通運のかつての組合役職者が提訴しました。
二度の役員選挙で立候補の所信表明が一部および全部が削除されたことに対する損害賠償請求です。
経営者と労働組合の癒着をあぶりだす裁判となるでしょう。

 全日通労組役員選挙「言論の自由」侵害裁判
 第一回口頭弁論期日
 5月16日(金曜日) 午前11時より
 大坂地裁609号法廷
 
管理職になったら、残業代はつかない?
 企業別の労働組合員だったときは少しは残業代がついたけど、管理職になるといくら残業しても、残業代はつかない!?
 そんな話はよく耳にしますね。でもこれも個人加入の労働組合にはいることによって、未払の残業代を請求したり、これからのサービス残業を強要されないようにすることは可能です。
 会社にあまり将来性を感じられなくなったら、今の現状で改善できることをしっかりとやることです。もらうものをきっちりもらって、会社を私物化している経営者から奪われたものを取り返すのです。つまりは応分の報酬を受け取り、理不尽な要求をはねつけることです。
 給料が遅配になってくるようだとすでに危ない状況なので、急いで個人加入の労働組合に入りましょう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。