労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字はやはり必要!
 韓国で漢字学習の必要性が認識されていることはすばらしいことだと思います。日本人が韓国語を学習するとき、漢字語を憶えるのはそれほど苦労しません。でも肝心の韓国の方々が漢字語の表記を日本人に教えられない事態が時々あります。日本と韓国の相互理解のためにも是非、漢字教育の充実を願うものです。
 
 
 朝鮮日報の記事です。


 学校教科書の基準や指針などを定める教育課程評価院は、このほど教育科学技術部に報告書を提出し、国が定める小学校カリキュラムや教科書政策に漢字教育を含め、明文化することを提言した。報告書によると、同評価院が行ったアンケート調査では、保護者の89.1%、教師の77.3%が、小学校での漢字教育に賛成しているという。


 このアンケート調査の結果については、今さら改めて特筆すべきことでもない。漢字学習が子供の教育にプラスに作用するという事実は、かなり以前から常識として認識されてきた。教師の多くも、漢字学習が子供の語彙力や思考力を高めるという点に同意している。このように家庭や教育現場での求めに応じるかのように、子供向けの漢字学習誌『魔法千字文』は、これまで1300万部以上が飛ぶように売れた。政府公認の漢字試験だけでも7種類あり、それらの年間受験者総数150万人のうち、およそ60%が小学生だ。


 ところが現実問題として、小学校では漢字教育を行う時間的余裕がない。小学校の教科書から漢字が消え去ってから、すでに40年の歳月が流れた。中学校や高校では「漢文」という選択科目があるが、この科目は修学能力試験(日本のセンター試験に当たる)では全受験生の17%しか選択しない。北朝鮮では、韓国の小学5年生に該当する高等中学1年生で3000字を教えている。


 韓国語の70-75%が本来は漢字語だという。小学校教科書に出てくる言葉の55%、医学や哲学などの専門用語では95%が漢字語だ。ハングルでの表記は同じでも、本来の漢字によって意味が完全に異なる単語も非常に多い。例えば、国立国語院発行の『標準国語大辞典』によると、韓国語で「サギ」と読む漢字語だけで27種類ある。やる気を意味する「士気」、他人をだます「詐欺」、陶磁器の一種「沙器」、歴史書の「史記」、会社の旗を意味する「社旗」などだ(これらはすべて韓国語で「サギ」と発音する)。つまり漢字を知らない状態では、言葉の本来の意味を正確に認識し、語彙力や国語力を高めるのは非常に難しいということだ。


 昨年は20人の首相経験者が大統領府を訪問し、小学校での正規のカリキュラムに漢字教育を含めるよう求める建議書を提出した。盧武鉉(ノ・ムヒョン)前政権で首相を務めたイ・ヘチャン氏、韓明淑(ハン・ミョンスク)氏、韓悳洙(ハン・ドクス)氏も、ここに名を連ねた。元首相らは「およそ半世紀にわたり続けられた誤った文字政策の影響で、国が文化面で危機的状況に瀕している」「国語生活を正常化させるには漢字教育を再開すべきだ」などと訴えた。


 小学校では、授業で余った時間などに漢字を教えるケースが決して少なくない。その多くは「まずは書かせてみる」という程度のレベルで、逆に漢字に対する苦手意識を持たせてしまうこともある。保護者と教師の双方による求めに対し、学校現場が顔を背けているようでは、これは到底公教育と言えないだろう。韓国でも漢字を小学校で正式なカリキュラムとして採用し、体系的、効率的な教材や学習方法について議論を行うべき時に来ている。

スポンサーサイト
韓国人のしゃべる英語を理解しよう!
 韓国語は苦手だけど、どうしても韓国人と直接話がしてみたいという方には、ぜひともお薦めなのが、韓国語なまりの英語に慣れることです! たとえば、マクドナルドはメクトナルトと発音します。ネイティブの英語発音に近いのは、日本人より韓国人です。でもどうしてもあり得ないのは、Fの発音がPになるところと、THの発音は全然できないことかな・・・
 感心するのはハンバーガーはヘンボゴになるところです。ヘンボゴのほうが断然、hamburgerの発音に近いですよね。バスターミナルはボストミナルです。
 私も最初韓国人と話を始めたときは英語で通しました。
 韓国人にとって日本人のカタカナ英語は笑えるらしく、英語コンプレックスが日本人以上に強い韓国人には、日本人丸出しの英語を披露すると急速に親近感を持ってもらえることもあります。まあ、日本と韓国、隣国どうしで英語に苦手意識を持つ民族どうし、楽しくやりたいものです!
鉄の労働者(チョレ ノドンジャ)
 鉄は打たれるほど強くなります。労働者も打たれるほど強くなります。
 民主労総の歌「鉄の労働者」は、団結と闘争を訴えます。
 11月8日、ソウルのヨイド公園で開かれた民主労総の労働者大会に参加して、この歌を共に歌えたのは感激です!
 世界中から労働組合員が集まるソウルでの民主労総の労働者大会。日本からの参加者も本当に多いです。でもせっかく韓国に集結するのですから、韓国語をもう少し勉強して来ましょうね。(なんか、偉そうやな・・・)
 また、来年ソウルでお会いしましょう! タシマンナプシダ!!
全州のキムチを日本に持ち帰るには・・・
 韓国で一番美味しいといわれる全州キムチ。もちろん世界一のキムチです。
 11月初旬の訪韓時も民主労総の方々に手配していただき、日本に帰ってからもしばらく楽しめました。
 白菜が日本産のように水気が多くなく、独特の甘みがあります。(甘いといっても、白菜に甘みを感じるだけで、キムチとしては日本で食べるものより、はるかに辛いです。) また唐辛子はコクというか、辛いだけでなく旨みを感じさせます。漬かり方が浅いうちはご飯で食べて最高。よく漬かってからはチゲにしたり、豚キムチに使います。もちろんそのまま食べるのも好みです。

 全羅北道の益山(イクサン)市で民主労総全北本部の方々に見送られてソウルへ、二泊して帰国しました。キムチはホテルの冷蔵庫でしっかり冷蔵していましたし、トランクに入れるときは、前日使った、使い捨て合羽でぐるぐる巻きにしてましたので、発酵はそんなに進んでいませんでした。
 日本においしく持ち帰って、全州キムチを食べるのは保存方法などに少しだけコツがいります。
ソウルで民主労総の労働者大会に参加しました!
 民主労総の労働者大会に参加して、大変感動しました。高齢となったイ・ソソンオモニが力を振り絞って労働者の闘いを鼓舞する姿に胸が熱くなりました。全羅北道本部の皆さんに大変お世話になりました。語学はまだまだ未熟で話したいことの一割も伝えられませんでしたが、ハートは感じられました。昨年に続いて二回目となった今回の訪韓。顔や名前を憶えていてくださった民主労総のメンバーたちとかけがえのない時間を過ごすことができて感激です。今回は日曜日の日程に余裕があり、西氷庫にあるオンヌリ教会で礼拝を守ることができたことも感謝です。あまりたくさんの事を学んだので、少しずつ整理して書いていきたいと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。