労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の仏壇に手も合わせに来てくれない日本通運に勝訴 尼崎アスベスト裁判 
トラック運転手として日本通運(本社・東京都)の倉庫や兵庫県尼崎市のクボタ旧神崎工場にアスベスト(石綿)を運搬し、退職後に中皮腫や肺がんで死亡した元日通社員5人の遺族が、日通とクボタに慰謝料など約2億2250万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、神戸地裁尼崎支部であった。富川照雄裁判長は「安全配慮義務違反があった」として日通の責任を認め、同社に計約1億3700万円の支払いを命じた。

 原告側弁護団によると、石綿を運搬したトラック運転手に対するアスベスト被害が裁判で認定されたのは初めて。旧神崎工場を原因とする石綿関連死を認めた判決も初めてという。

 5人の遺族のうちクボタにも賠償を求めた4人の遺族は今年3月、1遺族1000万円で和解が成立している。

 判決によると、5人は1954〜83年、石綿の運搬と積み下ろし作業に従事。最長で30年勤めた。いずれも退職後の00〜07年、57〜76歳で中皮腫か肺がんで死亡した。日通は「粉じん対策は取っていた」と主張したが、判決は「石綿ばく露状況を踏まえた教育指導は行われておらず、防じんマスク装着を義務づけていれば、石綿関連疾患発症は回避し得た」と指摘した。

 一方、原告が求めた日通の現職社員の労災死亡時に支払われる慶弔見舞金については「死亡時に社員でなかった者は対象外」として認めなかった。

 日通は「判決内容を検討し対応を決める」とコメントした。【藤顕一郎】

 ◇「控訴せず終わりに」遺族ら

 判決言い渡し後、遺族6人が記者会見に臨み、日通に対して「控訴せず、これで終わりにして」と呼び掛けた。05年に夫美代司(みよし)さん(当時68歳)が悪性腹膜中皮腫で亡くなった古嶋右春(うはる)さん(78)=兵庫県明石市=は「日通には一言『悪かった』と言ってほしい」と訴えた。

 古嶋さんは、長女も胸膜中皮腫で08年、48歳で亡くした。原因は明らかではないが、夫の洗濯物に付いた石綿を幼い頃に吸ったためではないかと考えている。会見会場で、美代司さんと長女の遺影を取り出し、ハンカチで目元をぬぐった。判決は日通の責任を認めたが、「夫だけでなく娘も亡くした。万歳しては喜べない」と笑顔はなかった。

 古嶋さんの長男隆司さん(50)は「石綿被害で裁判を起こしたすべての人が補償を勝ち取れる世の中に変えたい。この判決は将来への第一歩」と話した。

 また、夫を肺がんで亡くした女性(76)=神戸市=は「会社は夫の仏壇に手も合わせに来てくれない。冷たい会社だと思う」と批判した。
スポンサーサイト
2012年5月29日・王寺アスベスト裁判・大阪高裁判決
2012年5月29日・王寺アスベスト裁判・大阪高裁判決

 判決は4月19日の予定でしたが、5月29日に延期されました。
 判決当日、午後1時15分、大阪高裁82号法廷において、被告側に日通1名とニチアス1名の弁護士、原告側に原告2名と弁護士2名が着席し、多くの支援の傍聴者が見守るなか、判決が言い渡されました。「原告、被告ともに棄却、ニチアスの敗訴部分取消し」と言うものでしたが、具体的に何がどうなったのかよくわからないので、「棄却」と「ニチアスの敗訴部分取消し」の言葉で、法廷は重苦しい雰囲気になりました。
 閉廷後、原告弁護士がマスコミの取材に応じ、同階の待合室で支援の方々に対する報告会がありました。
 まず弁護士からの解説
「3つ控訴していて、原告は控訴棄却、日通は控訴棄却、ニチアスは控訴認めるになった。判決内容【粉塵が飛散しているのに日通は安全配慮を怠った。ニチアスは雇用関係がないから日通と同じ責任は生じない、ニチアスとは指揮命令関係がない、専用机は運行上じゃない、作業立会は事務作業で日通の指示。日通は危険性を認識、日通社員として行動、ニチアスの支配下で仕事しているのではなかった。本人は少量曝露でありニチアスが危険性の認識が可能だとは認められない、当時は工場への出入りにも安全配慮義務を負っていたとは認められない、有害性・危険性を“発がん性”と言わなくてもわかるだろう。本人は衛生管理者で社労士資格があったから10%の過失相殺(原審を維持)】。1審は『日通もニチアスも連帯して責任ある』と判断したが、2審は『ニチアスに責任なし』。トータルの賠償額は変わらない(日通が判決賠償額全額の支払義務を負う)」
 そのあと原告から
姉「ニチアスが責任ないとはショックです。最近の判決から高裁の壁は厚いと感じました」
妹「まったく全面敗訴するんではないかと不安で、4年のうち最後の1年がきつかったです」
 
〔筆者の高裁判決を受けての感想と独白〕
 ニチアスとは雇用関係がないから責任がないとするならニチアスは自らの工場で働く下請労働者や出入り業者の労働者の健康など考えなくて良いことになります。駐在の日通社員は顧客であるニチアスの指示命令を聞いて指示通り作業手配し自らも事務や作業立会いだけでなく作業を手伝って働くのが実態で、ニチアスの直接雇用労働者に比べても最もニチアスの顔色を見ながら従属して長時間拘束されニチアスには安全配慮など必要なものを何も要求できず働いています。高裁判決はこの当たり前の理屈と労働実態を理解しない不当な判決です。ニチアスの責任を認めた地裁の判決が常識ある判決だっただけに残念です。
二審はニチアスの責任認めず=日通社員の石綿訴訟で-大阪高裁
二審はニチアスの責任認めず=日通社員の石綿訴訟で-大阪高裁


 アスベスト(石綿)の運搬作業に従事し、退職後に中皮腫で死亡した男性=当時(67)=の遺族が、勤務先だった日本通運(東京)と、建材大手「ニチアス」(同)に約4600万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が29日、大阪高裁であった。小島浩裁判長は「当時ニチアスに注意義務違反があったとは認められない」とし、日通、ニチアス両社の責任を認め計約2620万円の支払いを命じた一審大阪地裁判決を変更し、ニチアスに対する請求を棄却した。
 日通については、1社で約2620万円を支払う義務があるとした。
 小島裁判長は「ニチアスが当時、石綿について、徹底した粉じん対策が必要な有害物質と認識することが可能であったとは認められない」と指摘。男性との雇用関係もなかったとして、賠償責任を否定した。
 判決によると、男性は1969~71年、奈良県内のニチアス工場でアスベスト原石や製品の運搬に伴う事務作業に従事。定年退職後に中皮腫を発症し、2005年に死亡した。
 ニチアスの話 判決の詳細が分からないのでコメントできない。(2012/05/29-17:49)

時事通信より


日本通運社員として「ニチアス」(旧日本アスベスト)の工場でアスベスト(石綿)の運搬業務に携わり、退職後に中皮腫で死亡した奈良市の吉崎忠司さん(当時67歳)の遺族が、安全配慮を怠ったとして日通とニチアスに約4700万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が29日、大阪高裁であった。小島浩裁判長は、両社に約2600万円の賠償を命じた1審・大阪地裁判決のうち、ニチアスについて「吉崎さんとの間に雇用関係に準じる関係があったと認められない」として取り消し、日通だけに同額の賠償を命じた。

 判決は、日通への請求について「石綿搬入搬出作業に立ち会う職員に防じんマスク着用を徹底せず、安全配慮義務違反があった」と認定した。【坂口雄亮】

毎日新聞より
日本通運 尼崎アスベスト裁判 第16回期日(結審)の報告
尼崎アスベスト裁判 第16回期日(結審)の報告

2012年3月1日(木)午後1時15分から神戸地裁尼崎支部3階1号法廷において、第16回目の口頭弁論が、原告側の多数の傍聴者、クボタ側の弁護士がいなくて日通側の高野弁護士一人が着席のもとで開かれました。
原告と日通の最終準備書面などの確認の後、遺族のKさんから最後の意見陳述がありました。
「大切な家族を失いました。日通との交渉ではアスベスト運んだことを認めず、元従業員の証言で『運んでいたことを否定しない』と言い変えました。『見舞金規定を現職と同じように公平に適用してほしい』との交渉は、退職者だからと「部外者」扱い。そして、「弔慰金としてわずかな金額を一部の遺族に一方的に通告。人間らしく扱っていると思えません。日通に何度も足を運んでいるのに責任者が出て来ず返事もありません。被害者本人のHさんは交渉の途中に肺がんで亡くなりました。日通は、交渉の場で抱いていたHさんの遺影に見向きもせず手を合わせることもしませんでした。私の娘が中皮腫になり48歳で子どもを置いて死にました。H21年に提訴して3年、クボタは誠意があり和解しましたが、日通は「弔慰金以上のものは考えていない」という何の譲歩もない対応で誠実さに欠けるものでした。この裁判の勝訴がアスベスト被害者と家族の救済につながりますので裁判所の公平な判断をお願いします。」
この、涙声の陳述を、日通高野弁護士は、口と顎を突き出し渋い顔をして聴いていました。
最後に、裁判長が「これで弁論は終結し、判決は6月28日(木)午後1時10分」と告げられました。
閉廷後、敷地内で報告会がありました。
 村川弁護士 「クボタとは和解が成立した。日通は弔慰金(チョイ金?)以上の和解はできないと決裂。分離して6月28日に判決。121ページにわたる最終準備書面を同僚の証言を含め主張して提出した。日通は負けたら控訴するだろうが、社会的に追い詰めて行こう。」
 「患者と家族の会」から「何もなかったのが裁判してクボタを動かした。」
 「元同僚」から「これからが本勝負!」
 「梅川さん」から「クボタに引き換え血も涙もない日通は一貫している。アスベストなどの問題を全日通労組は取り上げず、組合選挙に出たところ意見が削除されたり立候補を認めなかったので、全日通労組を相手に提訴し2度とも勝利したが、今度は労使一体で、制度がある定年退職後の継続再雇用をしなかったので日通を相手に提訴した。社長に直接“会社に尽くした従業員のために、会社のためにも、株主のためにも、顧客のためにも、アスベストなどの問題を早急に解決せよ!”と追求することを考えている。」
 いよいよ、頑なで血も涙もない日通を断罪する判決を期待して、ぜひ、6月28日(木)午後1時10分に、神戸地裁尼崎支部3階1号法廷へ支援傍聴に来てください。
患者団体は、石綿肺がんの現在の認定基準は不当に厳しく、患者はあと5~10倍は認定されるべきだと

石綿労災:厚労省の認定基準を否定する司法判断



 アスベスト(石綿)を吸って肺がんを発症したが、労災不認定とされた埼玉県入間(いるま)市の男性(60)が、国を相手に処分取り消しを求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。古久保正人裁判長は厚生労働省の認定基準に関する通達(07年)について「合理性に疑問があり、救済範囲を狭めるもの」として処分を取り消した。厚労省の石綿労災の認定基準についての通達を否定した司法判断は初めて。同様の石綿肺がん訴訟は今回を含め東京3件、神戸4件が係争中で、大きな影響を与えそうだ。

 判決によると、男性は73年から千葉県君津市の新日本製鉄の技術者として11年5カ月間、石綿取り扱い業務に従事。03年に肺がんになり、労災請求した。

 専門家が検討した厚労省の06年認定基準では石綿作業に10年以上従事するなどの条件があれば、認めた。ところが、厚労省は事務処理規定などとして新たに07年に認定基準の通達を作り、10年以上従事しても、乾燥した肺1グラムに石綿小体(たんぱく質で包まれた石綿)が5000本以上あるなどの条件を満たさなければ、原則的に不認定とした。男性のこの石綿小体は1000本台だったため、木更津労働基準監督署は07年、労災を不認定とした。

 古久保裁判長は「石綿小体の本数規定は本来は、従事歴10年未満の人を認定するための救済規定で、既に従事10年以上の労働者に要求するのは、救済規定の趣旨に反する」と断じた。

 男性は「(不認定の判断に)これでは引き下がれないと提訴した。他の患者が救われるのを見届け、手助けしたい」と喜んだ。

 他の6件の石綿肺がん訴訟でも全員が石綿従事歴10年以上の基準を満たしたが、不認定とされた。厚労省の検討会が今月14日、石綿肺がんの認定基準の改定の報告書をまとめたが、7件の患者が救われる内容にはなっておらず、判決が注目されていた。患者団体は、石綿肺がんの現在の認定基準は不当に厳しく、患者はあと5~10倍は認定されるべきだと訴えている。【大島秀利】

▼厚労省補償課の話 判決内容を十分検討し関係省庁と協議し対応を決めたい。

▼中皮腫・じん肺・アスベストセンターの斎藤洋太郎事務局次長の話 厚労省は高濃度の石綿を浴びた人の認定基準は整えつつあるが、原告のように被害者の大多数を占める中濃度を浴びた人々は認定が進んでいない。判決は救済を広げていくための大きな突破口になる。


毎日新聞 2012年2月24日 2時00分(最終更新 2月24日 2時36分)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。