労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過労によるミス
 労働基準法違反の過酷な労働条件の中でミスを犯してしまう人がいます。
 「ミスはミスやろ!」という情け容赦ない叱責が飛んできて本人は追い詰めらて行きます。サービス残業や無給の休日出勤を強要したり、そういう会社はまたパワハラも常態的になっています。
 ミスをした人はどんな状態の中でのことであれ、自分のミスを指摘されると自分の責任であるので自分を責めるほかありません。でもそれだけで終わってはいけません。ミスの原因が自身に起因するものについては真摯に反省すべきなのは言うまでもありません。でもそれだけではだめです。
 同じミスを繰り返したくなければ、職場の労働条件を改善するのです。それには一般の労働組合に入って戦うのです。
 そして自身は仕事をせず(仕事をしなければミスがないのは当然)「おまえは同じミスを何度も繰り返す!」と言ってくるパワハラ上司を労働基準法違反で告発しましょう。 
 ちなみに私は、労働組合(会社にあるユニオンショップ組合ではなく外部の組合)にはいってから、
他人のミスを押しつけられたり、あることないことを中傷されることがなくなりました。自分のミスは自分のミスとして反省し、自分自身が良い状態で仕事ができる環境を確保し、パワハラを跳ね返し精進を続けております。
 団体交渉のときの会社側の弁護士との激しいやりとりから、組合員としての戦い方を学びました。ほんとうにひどい弁護士でしたが、それもまた現実を知る上で大変勉強になりました。私のいる会社だけでなく、日本の社会全体が労働条件や生活条件が悪化しています。黙っていてはいけません、いっしょに戦いましょう!
スポンサーサイト
労働審判制度を利用の場合はご注意を!
 労働審判制度は個人と会社の問題を取扱います。会社にずっと残っていくためには個人としてより、労働組合員として会社として対峙していったほうがよいのです。その意味では、労働審判制度を利用するにも一般の労働組合に相談されたほうがいいと思います。
 
労災隠しは犯罪です!!
 労災隠しは犯罪です。
 けがをした本人も、弱い立場であることはわかりますが、一般の労働組合に加入して身を守りながら、労働基準監督署に告発して頂きたいですね。
 泣き寝入りはいけませんよ。結局追い込まれていくのはあなたなのです。けがの治療も受けられないまま、失業者になっていくかもしれません。

 朝日新聞の記事です。

 http://www.asahi.com/national/update/0319/SEB200803190022.html
洗濯でアスベストを吸い込む!?
 洗濯をするときアスベストを吸い込んで肺がんになった事例を、尼崎労働者安全衛星センターの飯田浩事務局長が発表しました。
 アスベスト被害に関心のある方はどうぞご覧ください。
 このほか現在、日本通運の元従業員の遺族が日本通運とニチアスに対して起こしている裁判がありますので検索してみてください。
 
 朝日新聞の記事です

 http://www.asahi.com/national/update/0316/OSK200803160053.html
仙台での戦い 日本通運パワハラ訴訟!
 仙台へ舞台を移して戦うのは、日本通運㈱の社員で、大阪から仙台へ転勤させられたSさん。パワハラの実態を明らかにする裁判にすることができるのか、注目されるところです。
 会社はしばしば気に入らない社員を、本人の全くゆかりのない土地へ転勤させるという、嫌がらせをします。今回の裁判で日通のそういった体質があきらかにされるのか、いやあ、とてもすばらしい会社ですね、ということになるのか、裁判の行方を追っていきたいと思います。
 なお、大阪旅行支店の元社員の遺族による訴訟が進行中です。「大橋家日通との戦いブログ」をご覧ください。

 http://hohashi.blog36.fc2.com/
解雇通告が来てもあきらめないで・・・
 解雇通告が来てもあきらめないでください!
 まずは社外の一般の労働組合に相談してください。
 そして団体交渉を行います。不当な解雇であれば、撤回させることが可能です。不当かどうかは労働組合に事情を説明して確認してください。多くの場合が不当な解雇にあたるようです。

 ガソリンスタンドの従業員のケースは管理職ユニオン関西でもありました。

 朝日新聞の記事です。

 http://www.asahi.com/life/update/0311/TKY200803100349.html
ペリカンSD原告のみなさん、お疲れ様でした!
 御用組合の意味が裁判長に通じたでしょうか?
 ここはほんとに大切なところですよね。
 この裁判は全国の日通ペリカンサービスドライバーの方に注目してもらいたいです。
 全日通労組の実態を明らかにする今回の証人尋問でした。

 今日のビールは久々においしかったです。

日通労働契約違反裁判を支援する会
 御用組合とは一般的に「もっぱら資本家の利益を擁護し、使用者のいうがままになって自主性の認められない労働組合」をいう。(広辞苑)

 日通労組がほんとうに組合員の利益を考えて組合活動をしているのか、それとも・・・
 
 系列作業会社の移行に際して日通労組の果たした役割とは・・・

 身の毛もよだつ!? 真理があきらかになる第15回裁判、いよいよあす7日2:00PMに迫りました。
日通サービスドライバー訴訟、結審は近い!?
 日本通運株式会社の労働契約違反裁判(日通サービスドライバー訴訟)はいよいよ3月に最終弁論がなされ、四月頃に結審と思われます。

 下記日程にて裁判が予定されています。
 
 第15回裁判  3月7日 金曜日 2:00PM~ 大阪地方裁判所 610号法廷

 「ふるって、ご傍聴ください」とは普通言わないのですが、私はあえて、
 「ふるって、ご傍聴ください」と言わせていただきます。

 日通社員の方、家族の方、遺族!?の方、どうぞお越しください!

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。