労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さ対策も、安全配慮義務です。
 一年で最も暑いこの時期。
 どのような職場環境の下で働いていますか?

 もし、いつぶっ倒れてもおかしくないような環境で、働かされているとしたら・・・
 
 あなたのお勤めの企業は、あるいは派遣先の企業は、安全配慮義務を怠っているとされても仕方のない会社かもしれません。そのような会社では、しばしば労災隠しなどが、行われているでしょう。
 あなたが仕事中、暑さで意識が朦朧(もうろう)とするなか、不注意で指を挟んだり、切ったりしても、
健康保険での治療を要求するでしょう。決して労災を認めようとしないかもしれません。

 熱中症で命を落としたりする前に、自衛策を講じましょう。一人から、また誰でも入れる労働組合にはいることです。労働組合から職場環境の改善を要求しましょう。

 劣悪な環境の下での作業は、派遣で働いている人に回されると思います。そんなわけで特に派遣会社から劣悪な派遣先に回されている人には「派遣ユニオン」などの労働組合がお薦めです。

 キャリアロードから派遣されている方は、キャリアロードユニオンが、ありますよ!


スポンサーサイト
日本通運鬱自殺裁判 神戸地裁3回目公判
 7月17日 神戸地方裁判所203号法廷で第三回公判。
 日本通運の大阪航空支店に勤めていた社員の妻を原告とした、安全配慮義務違反に対する損害請求裁判があります。

 サービス残業や、パワハラからくる精神的負担・・・。   そして、うつを発症・・・
 明日は我が身、と考える方は是非とも裁判に注目してください!

 提訴時の神戸新聞の記事です。

運送会社「日本通運」(本社・東京)の社員だった男性=当時(43)=が自殺したのは、うつ病で休職後の職場復帰に向けた適切な措置を怠ったためだとして、男性の妻(49)=神戸市=ら遺族が七日までに、同社を相手取り、慰謝料など約一億一千万円の損害賠償を求める訴えを神戸地裁に起こした。

 訴状によると、男性は一九七八年四月に入社し、主に荷積みなどを担当。二〇〇三年七月、大阪航空支店の課長に赴任してからは、慣れない業務や仕事の重圧で体調を崩し、同月、うつ病と診断された。男性は休職前、上司に診断書を二回提出したが、いずれも受理されず、再度頼んだところ、有給休暇を取る形で「休職」することになった。同年十月に復職したが、残業の免除などはなく、同月二十八日に自殺した。

 原告側の代理人は「会社側がうつ病を認識していたのに、厚生労働省の指針にもある復帰支援プランを策定せず、漫然と働かせたことは安全配慮義務違反に当たる」と主張。これに対し、日本通運広報部は「訴状は届いておらず、内容を確認した上、対応を検討したい」とコメントした。


キャリアロードユニオン
 キャリアロードで働く人たちに朗報です。キャリアロードに労働組合が4月よりできているのです。東京管理職ユニオンと同じ建物(同じ階の隣のフロアー)にあります。正式には、
派遣ユニオン・キャリアロード支部という名前です。キャリアロードで働く派遣スタッフの労働条件の向上を目指しています。

 キャリアロード株式会社は、シモムラビジネスワークス(シモムラ)が人材派遣事業の9割を日通リテイルサービス株式会社(日本通運)に譲渡したことによって立ち上げられた日本通運の100パーセント子会社です。(2007年3月1日営業開始)

 組合では、シモムラ時代からの債務も要求するそうなので、シモムラ時代に不当な扱いを受けた人も相談してみれば、いかがでしょうか?

 4月11付けの要求書に、挙げられている要求項目に番号をつけて整理して見てみると

 (1) 最低賃金を下回る分の不払い賃金をさかのぼって支払うこと

 (2) 賃金から不当に天引きしていた「安全会費」(1稼働につき200円)をさかのぼって、全額返還すること

 (3) 集合時刻から作業開始時刻までも手待ち時間の不払い賃金をさかのぼって支払うこと

 と、ここまではよくありそうな内容ですが、以下はいかにも、という内容です
  
 (4) 派遣先の日本通運で受けた、セクシャルハラスメント、パワーハラスメントについての事実確認と謝罪、再発防止策の組合と協議すること

 (5) 日通が受けいれる労働派遣者を指名、特定行為を禁止する労働者派遣法に違反して     いることについて事実確認と法違反の是正を組合と協議すること。
     明示した作業内容と実際の作業内容が異なる案件が多発している事実を認め、謝罪     して是正すること。

 (6) 二重派遣、建設現場への違法派遣の実態について事実確認を行い法違反の是正につ     いて組合と協議すること。

 (7) 労災隠しについて事実確認を行い、法違反の是正について組合と協議すること。

 (8) 労働災害の再発防止に向けて、安全衛生対策について組合と協議すること。各事業     所において締結している三六協定、賃金控除協定を開示し、その写しを組合に交付すること。

 (9) 派遣スタッフの最低時給を1200円とすること。

 (10) 年次休暇を付与すること。

 (11) 日雇い雇用保険の被保険者資格があるスタッフについて、日雇い雇用保険に加入させること

 (12) 派遣スタッフの労働条件を定める就業規則その他諸規定を開示し、その写しを組合に交付すること。

 (13) 会社は別紙(割愛)「労働協約(案)」を締結」すること。

 とこのようになります。(10)の年次休暇を付与すること、などはいかにも日通グループならではですね。労働組合や労働基準監督署に行かせないために休みを取らさないのかなって思います。日通の不当な扱いとの戦いはまず、平日の休暇をとって一般の労働組合の事務所に行って加入手続きをすることから始まります。

 派遣スタッフとして働く人たちの、毎日の生活は大変だと思います。でも、そこにつけ込まれて劣悪な労働条件を押しつけられてしまうのが、派遣スタッフの悲しいところではないですか?
 勇気を出して声を上げれば、きっと理不尽な境遇から抜け出ることができます。
 さあ、今日こそは・・・
 
大橋家のブログに注目!!
 大橋家日通との戦いブログに注目です!
 6月27日の日本通運の株主総会で配られたビラが、コンプリート版で載っています!

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。