労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私の中で今生きているあなた」展示会
 「私の中で今生きているあなた」展示会は名古屋市です。11月7日から10日まで名古屋国際センター4階第一展示場です。テーマは{大事なトヨタ、だから変わってほしい」

 NPO働く者のメンタルヘルス相談室が主催する展示会があります。
 日本通運㈱社員だった夫をうつ自殺でなくし、裁判で安全配慮義務違反による損害賠償請求を争っている、大橋錦美さんが、11月8日に来場されます。

 中京地区にお住いの方は是非ともご来場ください!

 NPO働く者のメンタルヘルス相談室
スポンサーサイト
警察署次長の自殺が殉職に・・・
 警察署次長の自殺が、精神的ストレスが原因として公務災害が認定されました。公務員も民間人もストレスの多い世界に生きています。静岡県警は警視を殉職と認定しました。民間の会社でも、自殺した社員を悼む気持ちを、しっかりと形にするところはあるのでしょう。
 
 自殺した社員の葬儀も終わらないうちに、遺族に対して退職届に早く判子をつけとせかせてくる、どこぞの会社とはえらい違いです。

 
 日経新聞の記事です。

 静岡県で2004年、警察署次長だった警視=当時(57)=が自殺したのは、職場の人間関係などによるストレスが原因だったとして、地方公務員災害補償基金が警視の死亡を公務災害と認定、遺族補償費などが給付されていたことが29日分かった。
 静岡県などによると、精神的ストレスが原因で自殺した警察官に公務災害が認定されるのはまれという。
 静岡県警によると、警視は警察署次長だった04年11月、官舎で自殺。06年11月に遺族が公務災害を申請していた。
 警察署に赴任した直後の04年4月、署員が交通事故で死亡した問題の処理などで精神的なストレスを抱えていた上、仕事の進め方をめぐり、上司だった当時の署長から厳しい指導を受けるなど関係が悪化していたことが自殺の一因だったと認められた。
 今年4月に公務災害と認定されたことを受け、県警は警視を殉職と認定した。

大阪航空支店勤務社員 うつ自殺裁判
 大坂航空支店に勤務中、うつを発病し、自殺した社員の安全配慮義務違反の裁判が、10月27日神戸地裁234号であります。ただし、非公開です。
 
 たくさんの自殺者を出している日本通運、社員の家族にとって、決して他人事ではない裁判です。
日通東京運輸の二重派遣とセクハラ
 キャリアロードユニオンのブログが久しぶりに更新されていました。日通東京運輸によるセクハラと二重派遣の事実が記されています。下記に原文を引用させていただきます。あきれてしまう内容です。


 私たちキャリアロードユニオンは、日通東京運輸(キャリアロードは日通の子会社)と二重派遣、正社員によるセクハラ事件について話し合いを持った。
 日通東京運輸は二重派遣について「そのようにみられても仕方がない実態があった」ので8月1日より二重派遣の実態をなくすと約束した。
 さらに日通東京運輸は、正社員によるセクシャルハラスメントについて、被害者の主張と正社員からの事情聴取を踏まえ、外形的には正社員によるセクシャルハラスメントはあったと事実を認めた。

現在日通東京運輸はセクシャルハラスメントについて会社責任を回避し、加害者の個人責任であるとの見解を示した。会社の管理監督責任を認めないとは、驚くばかりである。

医療現場は、これでいいのか?
 働く者のメンタルヘルス相談室の過労死遺族展示会に参加して頂いていた、中原のり子さんが病院を訴えていた訴訟は、残念ながら敗訴となってしまいました。この判決によって、過重をきわめる医療現場が放置されることが容認されれば、大変なことです。
 産科や小児科、外科は医師不足が深刻な状態です。お医者さんや、看護師さんが働きやすい職場こそ医療にとって大切なのに、いったいこの国の医療はどうなってしまうのでしょうか?

 日経新聞の記事です。

 立正佼成会付属佼成会病院(東京・中野)の小児科医、中原利郎さん(当時44)が自殺したのは過重労働によるうつ病が原因として、遺族が立正佼成会に1億2000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(鈴木健太裁判長)は22日、「病院はうつ病を予見できず過失はなかった」として遺族側の控訴を棄却した。

 遺族が労働基準監督署に労災認定を求めた訴訟は、2007年に東京地裁で労災認定され確定。一方、病院を相手取った損害賠償訴訟は一、二審とも遺族側敗訴となった。

 鈴木裁判長は判決理由で「小児科部長代行として全国的な小児科医不足という難題を抱え、身体的心理的負担があった」として業務とうつ病の因果関係を認定。ただ中原さんが通常通り勤務していたことなどから、「病院側は精神的な異変を認識できなかった」として過失を認めなかった。
生活保護を受けるまで・・・
 ペリカン便ドライバーをしていたMさんが、心療内科を受診し、生活保護を受けなければならなくなるまでのいきさつは、こころ痛むものがあります。大阪にあるペリカンセンターで、おかしくなってしまったと言われて職場を離れなければならなかったMさん。労働基準監督署がどういう判断を下すのでしょう?
 今後の成り行きを見ましょう!
日通裁判を支援する会、全日通労組に働きかけ
 中津車庫と大阪支店・本館前で「勝利判決、ご支援ありがとうございました」と大書したプラスターを揚げてビラを配布し、裁判勝利を報告した「日通裁判を支援する会」。
 今後は全日通労組に会社に対して特別要求を出させるよう、「要請書」運動を取組み、賃金の是正をさせたいと「支援する会ニュース」のなかで書いています。

 全日通労組自体が、組合員から訴えられている状況のなかで、労働組合としての全日通労組のありかたが問われていく展開になるかもしれません。それにしても、酷いペリカンの現場に希望をつなぐ活動ではあります。「支援する会」に旧作業会社からの移行組の人は問い合わせていただきたいですね。

 「日通裁判を支援する会」 電話090-8984-5333
内部告発する勇気!! 仙波さんの戦い
 不正を告発したら、報復人事・・・
 組織ぐるみの不正に、私たちはどのように対抗すればよいのでしょう?
 仙波さんの件をみてわかりますが、公務員も民間も不正は絶えませんね!
 
 不正に対して、労働者として、納税者として、そして消費者として、できるところから、地道に告発していきましょう!

 仙波さんの戦いから学ぶべきことは多いと思います。特筆すべきは彼の「勇気」です!

 朝日新聞の記事です。

 愛媛県警の捜査費不正支出を内部告発し報復人事を受けたとして、巡査部長仙波敏郎さん(59)が県に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、高松高裁は30日、100万円の支払いを命じた一審松山地裁判決を支持し、県の控訴を棄却した。
 矢延正平裁判長は、告発の記者会見直後の配転は「組織的対応と別行動をとったことへの嫌がらせや見せしめとみられ、著しく妥当性を欠く」と指摘。一審同様、違法と認定した。
 一方、一審は配転や会見の中止工作に当時の粟野友介県警本部長の関与があったとしたが、矢延裁判長は「配転は所属長の権限で実施した。本部長ら幹部が会見の妨害を指示した証拠はない」などとして、いずれも本部長の関与を否定した。
 当時の上司らが会見前日の深夜まで仙波さんと面談したことなどについて、一審は「違法な説得工作」としたが、判決は「監督者として会見の内容の確認などをしたもので適法」とした。
 会見後、仙波さんの手当を減額したことは「説明もなく不合理」として違法と判断した


大恐慌に備え、労組に加入を!
 株価の暴落が止まらない!
 このまま金融が破綻すれば、景気が後退し、企業においてはリストラの嵐になります。
 ご自身を、そして家族を守るために労働組合に加入しましょう!

 裁判で訴えられているような、御用組合ではだめです。戦える労組を選んでください!
請負で働いている人も労組に相談を!
 直接採用、契約社員、派遣社員、請負会社に在籍する人、偽装請負で働いている人、アルバイトの人、などなどいろんな身分で働く人がいて、それぞれが同じような仕事をしているのに賃金が違う状況・・・!?

 これっておかしくない?

 素朴だけど当然の疑問だと思います。
 でもって酷い労働条件は改善されないまま・・・

 いじめや、残業代や休日出勤の未払い、労災隠し、不当な賃下げ、安全配慮義務違反、さまざまな問題を労働基準監督署や労働センターに持っていかれると思うのですが、一人で行っても対応がいまいち・・・
 そんなときは一般労組(地域労組)の専従の方などといっしょに行くと、監督署の対応が、がらっと!? 変わったりしますので試してみてください!

日本通運 株価 46円安!
 たくさんの裁判によって数々の悪行を暴きたてられている日本通運!!
 
 ついに株価も下落か!! 46円安。

 JPエキスプレスを設立してもペリカンドライバーや、下請けへの惨い仕打ちが、見逃されるわけではありません!
 
 ユニオンショップの全日通労組の酷さも裁判で暴かれようとしています!
 
 アスベスト補償への取り組みも最悪の日本通運!!

 パワハラ全開に対して仙台での訴訟もあります!
 
 キャリアロードの労働者も派遣ユニオンの組合に入り、団体交渉を進めています。
 
 日通商事でも管理職ユニオンとの団体交渉がもたれています。

 多くの下請けの人たちが労働センターや基準監督署に相談に行っています。

 横浜のセクハラ、パワハラはやっと和解しました。

 大阪航空支店のうつ自殺訴訟!!

 大阪旅行支店のうつ自殺訴訟!!

 下請け、偽装請負の労働者への人道に反した扱い!!

 消費者も株主もあきれ果てているのでしょう!
全日通労働組合を訴える裁判
 全日通労組裁判は、明日10月3日午前10時大阪地裁609号法廷であります。

 昨年の夏、Uさんが組合役員選挙に出馬。職場掲示用ビラに書いた「労働契約違反、いじめ自殺、アスベスト補償問題を取り上げてがんばります。」趣旨の所信表明が執行部側から、
 「適切でない」と一方的に削除された。明らかに言論の自由の侵害で、組合のあり方を問う裁判です。

 あなたの組合は、こんなではないですか?
 
 ぜひとも傍聴を





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。