労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷物の仕分けは不必要!?(Mさんのビラより)続編2
 請負業者に対して、日通の社員が直接指揮・命令することは「偽装請負」として違法になります。これをごまかすため日通側はこんなことを言っています。

 荷物の仕分けは不必要。
 
 「(Mさんは、日通社員と一緒に)集荷されてきた荷物を配送地域に仕分けしていたわけではなく、まとめて積まれてある荷物の中から自ら担当している配送地域宛の荷物を選別して持ち出すだけである。」

 

 ペリカンドライバーのみなさん、これって本当ですか? 
 請負の人たちは自分の荷物だけ選んで持ち出すのですか?
 ずいぶん効率の良い作業ですね。

 ところで城東ペリカンって何割の方がMさんのような請負(日通によると)なのでしょうか。仕分け作業をしている社員の方ってどれぐらいいますか。


スポンサーサイト
出勤時間は自由!?(Mさんのビラより)
 請負業者に対して、日通の社員が直接指揮・命令することは「偽装請負」として違法になります。これをごまかすため日通側はこんなことを言っています。

 出勤時間は自由。
 
 ペリカン便の時間指定配達が午前9時より始まるため、その準備のためには、事実上、午前7時30分に荷物の保管場所に行かなければならないと言うだけのことです。

 朝礼は自由参加。
 
 朝礼に(Mさんが)事実上参加していたことは認める。しかし、朝礼への参加は強制されたものではない。



 どうですか?
 ペリカン現場の実情は日通側の主張どおりですか?

 お問い合わせ先は TEL06-6881-0110 アルバイト・派遣・パート関西労働組合まで

日通航空 いじめ懲戒解雇に 労働審判を申立て!
 日本通運の大阪空港支店で働くドライバーがサービス労働を強要する上司に反発したことから、いじめが始まり、見せしめの掃除やたまにしかしない荷扱いだけで仕事がない、いわゆる「下車勤務」を半年も命じられて、うつ病になり、治療のため、2か月の傷病欠勤が終わって職場復帰の、なんと、初出勤の日に懲戒解雇されました。

 ドライバーにとっては、ハンドルが握れないことと、基本給だけでは生活できない賃金実態があるなか、残業代がないことはとてもつらいことです。会社は「下車勤務」をパワハラ上司に従順な社員を作るために効果的だと懲罰的に利用しています。

 今回も、日本通運の企業内組合の全日通労働組合は、本人からの事情聴取さえ行わず、懲戒委員会など会社と出来レースをして、「懲戒解雇やむなし」と結論付けています。

 そこでやむを得ず、「懲戒解雇は不当」だと、3月26日に、3回で審議が終了する労働審判の申し立てを行いました。初回は5月14日(木)午前10時30分、大阪地裁8階の労働審判法廷で開かれます。大阪地裁では労働審判における傍聴はできませんが、多数の方々に支援に来て、報告会に参加していただきたいと思います。


 以上、Mさんの支援者の方からいただいた文章に、一部加筆して掲載させていただきました。

偽装請負 Mさんのビラ
 アルバイト・派遣・パート関西労働組合(TEL06-6881-0110)のビラには次のように書かれています。坂本軽貨物と日本通運にたいする訴訟準備の内容となっています。


 Mさんは、もともとお歳暮やお中元の配達時期に、アルバイトとして日通城東ペリカンアローセンター(当時)で働いてきました。ところが、2005年8月頃、日通社員であるT氏から、「日通では雇えない」と言われ、坂本軽貨物という下請け業者を紹介されます。そして以降は、坂本軽貨物の下の個人業者という形式にされました。しかし、仕事は全く変わることなく、日通が指示するままにペリカン便やアロー便の配達や集荷をすることでした。

 日通はMさんに朝七時半までに出勤するように指示し、忙しい時期には夜10時半頃まで働かせていました。実に、15時間労働です。しかも、日通から支払われる金額の中から、坂本軽貨物が一割をピンはねし、車のローン代も差し引かれ、手取りは20万~25万円程度。そこからガソリン代をはじめ、車の保険代や車検代も支払われず、手元に残るお金は、15万円~20万円でしかありませんでした。

 長時間労働に加え、仕事上のストレスもあって、2008年7月、Mさんは体調を崩し、ほとんど逃げ出すような形で仕事を辞めました。しかし、日通も坂本軽貨物も何の補償もしません。Mさんを働かせるだけ働かせて、体調を崩したとたん使い捨てにしたのです。

 Mさんは今、日通と坂本軽貨物を相手取って、裁判を準備しています。具体的な内容については弁護士と相談中ですが、基本的には未払い残業代の支払いと健康を害するほどの長時間労働をさせたことに対する慰謝料の請求になると思います。
カルデロンさん親子の別れ
 日本の法は、悪事の限りを尽くしても平気でのさばっている奴らを裁けないこともいっぱいあります。それなのに日本で平和に暮らしてきた親子を無理やり引き裂くとは・・・
 無慈悲な法律だけが厳格に執行されていく日本という国。この国はいつになれば人の温かみをもつ国になるのでしょうか?

 朝日新聞の記事です。


 国外退去処分が確定した埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)とサラさん(38)夫妻が13日、成田空港から帰国した。両親と離れ、日本に残ることを決断した中学2年生の長女のり子さん(13)が、悲しみをこらえて見送った。

 夫妻は92~93年、出稼ぎのため、それぞれ他人名義のパスポートで不法入国。日本で結婚し、のり子さんが生まれた。06年にサラさんの逮捕をきっかけに国外退去処分となり、08年9月に最高裁で処分が確定した。その後、改めて在留特別許可を求めていた。偽造旅券で入国した経緯から、法務省は両親の在留を認めなかった。のり子さんについては「日本で勉強を続けたい」という希望と近親による養育環境を確認し、在留を許可した。

 「寂しいし、不安」。夫妻の表情は搭乗間際までゆがんでいた。帰国後の生活は何も決まっていない。子どもを残すことへの心配も尽きない。別れの場となった手荷物検査場の入り口で、3人は何度も抱き合った。「体に気をつけて」。両親の励ましにうなずいたのり子さんは、涙で顔を崩しながら、姿が見えなくなるまで立ちつくしていた。

城東ペリカンでのビラ撒き
 日本通運城東ペリカンで、偽装請負に抗議するため、坂本軽貨物に勤めていたMさんら派遣パートユニオンによるビラ撒きが、4月11日に行われました。
 
 下請けのみなさん、過酷な労働を強いられているなかから、抗議の声をあげましょう!!
 
 Mさんは日本通運で過酷な偽装請負業務により病気になり、労災を申請しました。
 現在、労働委員会で係争中です。
 また、生活を破壊した日本通運に対して訴訟を準備中です。

遺族展示会を訪れた野田大臣
 大橋家 日通との戦いブログに野田聖子大臣が、うつ自殺遺族の展示会に訪れたときの写真が掲載されています。
 野田大臣が今後大橋さんの事件をはじめとする職場のパワハラ問題、うつ自殺などをどう取り上げていかれるのか、注目したいと思います。
新入社員の方々へ
 新入社員の人たちは今頃は研修中でしょうか。採用が決まり、内定取消にもならず、無事入社式を迎えることができ、ただいま研修中・・・というのが今の状態でしょう。
 あなたの配属される部所は仕事がありますか? あるいは仕事は山ほどあるのに教えてくれる人がいない、さらには責任ある立場のひとが存在しない、などということはありませんか?

 会社に新人をまともに扱う気がない場合は、ほんとに困りますよね。
 それでもってリストラ間近い上司の下に置かれた日には、「ええ!マジっすか!?」
ってことになりますよね・・・

 最初からいきなりやばいってことになったら、会社の御用組合には内緒で、外部の労働組合に相談してください!

 おすすめは管理職ユニオン関西!
 新人なのに管理職ユニオン!? 問題ありません。管理職ユニオンは「名ばかり管理職」のためにつくられた労働組合です。さあ、HPにアクセスです。管理職ユニオンで検索です。

野田大臣と面会 大橋錦美さん
 野田聖子大臣と大橋家ブログでおなじみの大橋錦美さんが面会しました。詳しくは大橋家ブログをご覧ください。
 薬害肝炎訴訟の福田衣里子さんのように、大橋さんも大臣を動かすことができるでしょうか?
 とかく個人の問題と片付けられてしまう鬱自殺問題。でもここでは社会的な問題として訴えていく必要性があります。自殺者をたくさん出し続ける企業にペナルティーを科さない限り、自殺者は今後も増え続けるでしょう。
 いまのままだと企業は割増退職金などを負担して希望退職者を募るより、パワハラやいじめで自殺に追い込んだ方が安上がりという状況がつづきます。なにせ自殺は自己退職扱いになるので、金銭的には企業にとっては楽です。大橋さんの場合、日通は葬式も済まないうちに退職届に判をついてくれとやってきました。なんと手回しが良いのでしょうか!アスベスト裁判では中皮腫発症のときに退職していれば、社員でもなんでもないとの言い草でした。

 鬱自殺について、パワハラやいじめとの関連で国が本腰を入れて対策を考えるときです!!

ゆうパックとペリカン便の統合はどうなる?
 郵政と日本通運の宅配便統合が、当初予定していた10月より延期になる可能性がでてきました。JPエクスプレスはできたものの、中身の本当の仕事の部分はどうなっているのでしょうか?

 日経新聞の記事です。


 鳩山邦夫総務相は31日、日本郵政と郵便事業会社の2009年度の事業計画について、条件付きで認可した。持ち株会社の日本郵政には「かんぽの宿」事業の黒字化の道筋を、郵便事業会社には日本通運との宅配便事業統合の詳しい内容を示すように求め、修正計画を提出させる。今年10月予定の宅配便統合が延期となる可能性も出てきた。

 総務相は30日夜に日本郵政の計画を「認可しない」と述べたが、条件を付けることで計画を認めることにした。

 日本郵政の計画では、「かんぽの宿」事業の年間50億円規模の赤字の圧縮を盛り込んでいた。ただ、総務相は計画から「覇気を感じられない」と批判。抜本的な経営改善を盛り込んだ新たな計画を6月末までに提出するよう求めた






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。