労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵政と日本通運 JPエクスプレス サービスドライバー裁判!
 日通SD労働契約違反裁判・第5回控訴審

7月15日(水)午後4時、大阪高裁84号法廷で、多数の支援の傍聴者が見守る中、弁論準備が開かれました。ちなみに、SD側は弁護士3名と当事者4名、会社側は弁護士1名と労働担当の2名が来ていました。
まず、裁判官から今後の書面の提出予定について聞かれ、会社側は無いと、SD側は「新たな書証」などを提出したいと返事がされました。
次に、争点整理として(1)移行組の日通との雇用契約は如何なるものか?(SD側は作業会社並みの従来どおりと言う主張、日通側は不利益変更内容を提示し納得したという主張)(1)移行後の就業規則不利益変更と労働協約締結の効力は移行組に有効か?(2)日通が主張する労働契約があったとして(3)時効の適用は?(SD側は日通に信義則違反があったので時効の援用は不当と主張)が確認され、最終準備書面はそれを踏まえたものにして下さいと指示がありました。
そして、9月25日(金)午前11時30分に大阪高裁84号法廷で結審することが決まりました。
その後、会社側は和解を拒否しているがSD側はテーブルに着くとの事なので裁判官から和解の話が提起され、13階のラウンドテーブル協議室に移り、双方別々に意向打診されました。「会社側はとにかく頑なですね」と言う裁判官の感想が述べられました。しかし、それでもなお裁判官は結審までは和解の可能性を探ってみますと言うことでした。
和解の打診に2度双方が交互に呼ばれたので、会社側への打診の間の時間で、弁護士からの解説と、『日通労働者連絡会』から6月26日の日通株主総会に向けて行われた活動についての報告と今後の活動についての提案がありマスコミに取り上げてもらおうとなりました。また、旧城東ペリカンセンターでの偽装請負問題で7月7日に提訴した原告からの支援の要請がありました。


スポンサーサイト
尼崎アスベスト裁判第2回口頭弁論の報告
尼崎アスベスト裁判第2回口頭弁論の報告

7月2日(金)午前10時30分、神戸地裁尼崎支部3階1号法廷で、入れない人も出るほど満席の中、第2回の口頭弁論が開かれました。
今回も書面の確認の後、亡くなられた大迫さんの妻から、言語障害があって不自由な身でありながら、次のような意見陳述をされました。
≪夫は、昭和58年の定年まで日通の大型運転手として搬送業務に就いていました。平成14年に中皮腫を発病して5ヶ月間、“苦しいー”“苦しいー”の連続で、「家に帰ってゆっくりしたい・・」と言ってましたが、平成14年7月10日に74歳で亡くなりました。残念でなりません。平成17年7月20日に労災認定されましたが、会社の利益のために生命をないがしろにされた従業員とその家族は・・・。日通は、社員カードがあったので在職証明を1枚出しただけで、他は不明と言ってきました。平均賃金を計算するために欲しかった給与明細も会社にあると思います。夫は、7.5トン車で神戸港の倉庫から、1袋50kgのアスベストを手ガキで積み込み、クボタ神崎工場に運び、トラックから手ガキで卸し、高く積み上げ、アスベストで真っ白になっていました。防塵マスク着用の指示もなく、危険性も知らされず働いていました。
日通とこれまで4回話をしました。当初は「何も証拠がない」と言われ、その後に運搬をしていたことは認めましたが、「作業の内容がわからない」「因果関係がない」と言いました。・・・≫
閉廷後にミニ報告集会が持たれ、まず弁護士から「被告から反論が出され、原告からは釈明や主張がある」と説明があり、意見陳述された大迫さんが「これからもご支援よろしく」とアピール、『日通労働者連絡会』から日通株主総会でのビラまきマイク宣伝行動と株主総会での発言について報告があり、この尼崎の『日本通運アスベスト損賠裁判を支援する会』から105名の会員加入があったことが知らされました。
これから弁論を2~3回開かれる予定で、次回の第3回口頭弁論は、9月24日(木)午前10時30分、神戸地裁尼崎支部3階1号法廷で開廷されます。


遅くなりましたが、株主総会報告です。
 今年は新たな訴訟も加わり、昨年より規模の大きなものになりました。 



 日通株主総会における日通労働者連絡会の活動報告

日通株主総会が2009年6月26日の午前10時から開催されるということで、日通労働者連絡会として、東京のユニオンの仲間からも応援をいただいて、総勢約20名が二手に分かれ、通勤客でごった返す朝8時より東京・新橋駅前で、横断幕を張りマイク宣伝のもとビラまきを行い、JR駅からの規制妨害にも負けず貫徹しました。そのあと合流し、汐留にある株主総会会場の日通本社前に行き、株主総会に出席する株主と日通の経営者に向け、午前9時から同じく横断幕を掲げビラまきマイク宣伝行動を行ないました。駅前も含めビラ5種類500セットを用意しましたが、「がんばれよ!」と声をかけてくれた株主もいて、あっという間になくなりました。
日通労働者連絡会につながる仲間から4名の株主が会場に入り、職場のいじめ裁判などトラブルが多いこと、経営陣が起こした独禁法違反の問題、JPエクスプレスの経営が悪くなっていること、社長はそれらの責任を取って辞任すべきだ、などと発言。
その日の夜には、日通と裁判をしている東京警送の原告らと会い、これから連携していこう!と硬い握手を交わし、有意義な交流ができました。

暑中お見舞い申し上げます!
 暑い日が続いています。
 夏バテに注意しましょう!
 パワハラと闘う日々に夏の暑さは堪えます。
 お酢をたっぷりと摂り、冷たいものと脂っこいものをいっしょに食べないことが、夏バテしないコツです。サプリメントなども有効でしょう!

 会社から嫌がらせに逢ったら、しっかり抗議することもへたばらないコツですかね・・・

 うなぎはもう食べましたか?
 夏本番です。がんばっていきましょう!!
介護が必要な老親を持つ社員を狙い撃ち!! 日本通運
 横浜地裁で裁判になっている、日本通運㈱東京警送支店の二人。
 パワハラもここに極まれり!
 要介護の親を持つ社員に対して、非人道的な仕打ち!
 これが、日本通運という会社!

 ホームページをご覧ください!

 
 http://www.nittsu-saiban.com/
ペリカン便偽装請負に対して、ついに提訴!!
 ペリカン便の下請け企業の悲劇、偽装請負で痛めつけられたMさんがついに提訴!!

 産経新聞より

 大手運送会社「日本通運」(東京)の集配業務を別会社を通じて請け負っていた男性(45)が7日、「偽装請負で黙示の労働契約があった」として日本通運を相手取り、未払い賃金や過重労働でストレス障害に罹患(りかん)したことに対する慰謝料など約1930万円の支払いを求める訴訟を大阪地裁に起こした。

 訴状によると、男性は平成17年9月から、東大阪市内の日本通運配送センターに勤務。社員と同様に朝礼に参加し、業務命令はすべて日本通運から受けていた。

 形式上の雇い主だった運送会社とは給与支給時以外にかかわりはなかったが、給与の1割を中間搾取。男性はストレス障害を発症し、20年7月に退職した。

 日本通運をめぐっては、大阪労働局が偽装請負の可能性があるとして是正指導していたことが判明している。日本通運広報部は「訴状が届いていないのでコメントは差し控えたい」としている。

日本トラック(日通の子会社)が劇物を紛失!
 日本通運の子会社、日本トラックが水酸化カリウムを含む劇物を紛失しました。産経新聞他からの引用です。


 日本トラック(東京都豊島区)は29日、劇物指定の水酸化カリウムを含むボイラー用水処理剤(10キロ入り)6個を、京都府から千葉県柏市に配送中に紛失した、と発表した。
 同社によると、この薬剤を含む荷物は、11日に京都支店をトラックで出発し、12日早朝、千葉県習志野市のターミナルに到着。別のトラックに積み替えられ、同日午前6時すぎに柏支店(柏市塚崎)に運び込まれた。同7時に担当の運転手が行き先別に仕分けしようとしたところ、なくなっていることに気づいたという。
 同社は「京都支店では伝票と突き合わせて発送した」としているが、「紛失した事情を考えると、チェックが甘かった」としている。誤配送がないか調査を進めるとともに、22日に柏市保健所と柏署に届け出た。

 

 日本トラックは29日、水酸化カリウムを成分に含む腐食防止剤6箱、計60キロを紛失したと発表した。誤って別の場所へ配送されたとみて、全国約40カ所のターミナルや配送先を調べている。不審人物などは目撃されておらず、同社は盗難の可能性は低いとしている。
 同社によると、12日午前7時ごろ、同社柏支店で、京都支店から10トントラックで運ばれた荷物の仕分け作業をしていた社員が腐食防止剤が入った6箱がなくなっていることに気付いたという。
 水酸化カリウムは、劇物に指定されており、目に入ると失明する可能性もある。同社によると、荷物から薬品が自然に漏れ出す危険はないという。


梅雨空の下・・・
 梅雨空の続く、うっとうしい毎日です。六月は大橋家の裁判がありたくさんの人たちが傍聴に来られました。大橋家ブログや、日本通運裁判と労働者の歩みと戦いブログにあるとおりです。全日通労働組合の言論の自由侵害裁判もありました。株主総会会場前での抗議行動もありました。さまざまな闘いが同時進行で行われています。横浜地裁でも東京警送支店の社員が労働審判のあと裁判になっています。下記ホームページをご覧ください!
http://www.nittsu-saiban.com/

 労働者のみなさん!職場を良くしていくのは個別の現場での地道な闘いです。勇気をもって果敢に闘いましょう!! 日通労働者連絡会は各裁判の原告たちによる情報交換や協力を支援しています。あらたに訴訟をお考えの方や、地域労組に加入して闘っていらっしゃる方々の連絡をお待ちしております。

 連絡先

「アルバイト・派遣・パート 関西労働組合」

大阪市北区東天満 2-2-5 第二新興ビル 605号
電話番号:06-6881-0110 FAX:06-6881-0782
Email:mu-ohhashi@mu-kansai.or.jp

担当 大橋直人氏






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。