労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン好きは日本人以上!? 韓国の辛ラーメン
 韓国ではラーメンはラーミョンと発音されます。赤っぽいカップに入った「辛ラーメン」は日本でもおなじみですね。
 先ごろ訪日した民主労総の方々も「辛ラーメン」を韓国から日本に持ち込んでおられました。「日本で手に入るものとは味が違うのかなあ」などと言う日本人メンバーたちとのやりとりでラーメン談義が盛り上がりました。
 私たちの訪韓時には反対に日本のカップめんを持ち込む同志!?もいました。私自身は周囲の人たちほどラーメンをたべませんが、日本と韓国のどちらのラーメンも美味しいと思います。
 韓国を旅行して韓国料理に飽きたら、「ラーミョン」を注文してみるのもよいでしょう!
スポンサーサイト
選挙の結果は!? 全日通労組の梅川さんの中央委員会選挙
 全日通労組を変えられるか? 梅川さんの闘いは続きます!
 日通グループだけでなく、全国の御用組合を嘆く人たちに注目していただきたいですね。


「全日通労組役員選挙言論の自由侵害裁判を支える会」から次のような情報がありました。

全日通労組大阪支部全域を選挙区とし、2名の定数に、現職の大阪支部役員が2名立候補し指定席的に独占無競争当選してきた中央委員会選挙に今年も現職の大阪支部委員長と書記長が立候補し、そこに梅川さんが立候補したので選挙となり、11月27日に投開票がありました。投票は完全連記制で2名に○を記入しないと無効となり、現職2名がペアを組んで現職の恵まれた立場や旨味を利用して選挙運動をするのに対し、選挙運動に制限や妨害が多い1人の梅川さんは大変不利でした。約130職場あり2177名の有権者がいる中で、梅川さんが就業時間外に職場に持って行き会社に許可をもらって配布できる選挙ビラはたった28枚です。各職場での演説も会社に事前許可を得て就業時間外でしなければならず人集めも出来ないので実質開催できません。今回は各職場に行くための職場班の名簿も私に交付することが忘れられていました。
そのような不利な状況の中でも、梅川さんは有効投票441票を獲得し、梅川さんに○を付けてくれたが2名に○を付けていなかった無効票が59票あり、落選しましたが実質合計500票の支持を獲得しました。


さて、「ビラ意見削除言論の自由侵害裁判」が地裁において完全敗訴した全日通労働組合は控訴しましたが、その控訴審の第1回期日が決まりましたので、お知らせします。

 1月21日(木)午前10時00分~
 大阪高裁(別館8階)84号法廷

多くの方々の傍聴参加をお願いします。

見えないものを見て怖がるようになれば・・・
 見えないものを見て怖がるようになれば、パワハラは成功です。あとは何事にも臆病になり、自ら自身を破滅へと導いていくことでしょう。陰湿なパワハラは周囲からわからないように進められていきます。
 では労働者の側から、どのようにパワハラやいじめに対抗すればよいのでしょうか?
 それはパワハラを「見える化」して告発することです。
 どこでどのような方法でもってパワハラやいじめが行われているかを、日の下に明らかにすることです。
 大橋家の日本通運裁判の例を見てみましょう。残念ながら、旅行支店に勤めていた大橋均さんはお亡くなりになっていまいました。パワハラやいじめの恐怖が全身を支配し、ついに自ら命を絶ったのです。もしもという言葉が許されるならば、均さんが生きていて、裁判で提出された日記手帳の内容を、生前に公にしていれば、死なずにすんだかもしれません! こんなことが会社のなかで行われていると公表できていれば、パワハラに対する抑止力になったはずです。残念でなりません。
 大橋家の日本通運うつ自殺裁判の判決は、来年2月15日13時10分から
 大阪地裁1010号にて言い渡されます。
 
 今、死の淵に飲み込まれようとしている人がいるなら、勇気を振り絞って闘いをはじめましょう!! 周囲に弱っている人がいたら、みんなで支えて戦いましょう!
 いつまでもこのような時代が続いてよいはずがありません。
ソウルの仁寺洞(インサドン)で伝統茶を楽しみましょう!
 ソウルのデートスポットでお薦めなのが、仁寺洞の伝統茶院です。若いカップルが多いのですが、熟年カップルにもお薦めです。柚子茶(ユジャチャ)や五味子茶(オミジャチャ)を飲んだことのある方なら、次は雙華茶(サンファチャ)を試して見ましょう! 漢方薬のような濃厚な味でいかにも元気がでそうです。実際、今年の訪韓は疲れ知らずでした。
 仁寺洞は学生時代に初めてソウルを訪れたときに立ち寄った懐かしい場所でもあります。今も変わらず、伝統芸術工芸に溢れた街で病みつきになりそうです。
 ソウルを訪れたときはぜひ立ち寄ってみてください
JPエクスプレスの今後はどうなる!?
 出向社員はやはり転籍を迫られるの? それとも、出戻るの!?
 日本通運由来の拠点で働く出向社員は気が気でないはず・・・
 今後のJPエクスプレスの動き次第では、いろんな生き残り策を講じないといけないはずですが・・・
 管理職ユニオンはいつでもお待ちしております!


 日経新聞の記事です。

 日本郵便、日通と共同出資の宅配会社を完全子会社に(2009/11/26 19:05)
 日本郵政グループの郵便事業会社(日本郵便)は、日本通運と共同出資で設立した宅配事業会社「JPエクスプレス」を完全子会社化する方向で検討に入った。26日の臨時取締役会で事業計画を議論し、資金繰りなどの支援策を決める。JP社が扱う「ペリカン便」と「ゆうパック」を統合する計画が宙に浮き、顧客離れが進んでいるため、日本郵便主導で事業の立て直しを急ぐ。

 両社は10月に宅配事業を完全統合する準備を進めてきたが、郵便事業に悪影響を及ぼす懸念があるとして総務相が統合を認可していない。統合延期で宅配事業の先行き不透明感が増し、顧客離れが加速。JPエクスプレス社の収益悪化につながり、2009年4~9月期決算で240億円程度の最終赤字に陥った。


ハムスターに癒されて・・・
 ペットを飼っている人は多いと思います。闘いの日々の中で、ペットの存在は本当に有難いものですね。勇気が湧いてきます。うちのハムスターは人懐っこくて最高です! 寒さ対策も万全で冬を迎えます。
管理職ユニオン関西定期大会で日通裁判の報告がありました!
 管理職ユニオン関西の定期大会が、11月23日にエル大阪でありました。
 日本通運関連では、仙台パワハラ裁判、大橋家うつ自殺裁判、ペリカン便偽装請負裁判の報告がありました。

 大会のあと事務所で懇親会があり、ビンゴゲームとかで盛り上がりました。
 年末に向けて、さまざまな闘いがあります。力を合わせてがんばりましょう!!
全日通労組裁判原告の梅川さんが立候補!!
 全日通労働組合大阪支部の組合員の方が、11月20日の夜に、梅川さんから「組合中央委員に立候補しました。よろしくお願いします。」と電話があったことを、知らせてくれました。

 投票が11月27日金曜日です。立候補の意見は次のとおりだったそうです。


私が中央委員会になれば、小指の痛みは全身の痛みと感じ、JPエクスプレスの仲間切り捨てず、雇用形態による差別をなくし、誰もが健康で安心して働けるように、日通航空いじめ自殺裁判・奈良王寺や尼崎のアスベスト補償裁判・一審で会社が敗訴したSD裁判・新たに提訴された旧城東ペリカン偽装請負裁判・東京警送いじめ配転など日通で起こっている労働問題を取り上げ、経営陣の不祥事を追及し、組合らしく本気で闘うよう、発言します。


本当に梅川さんは日通社員・家族・遺族の為に今の日通のあり方を改善していきたいと、現役社員でありながら、勇気をだし、裁判をし勝訴しました。今後、日通社員が安心し、健康で働きやすい職場になる為にも頑張ってもらいたいです。皆さん応援お願いします。

 がんばれ!! 梅川さん!!
下請け労働者よ、立ち上がれ!! ヨウィド公園で叫ぶ!
 日本通運 偽装請負裁判にみられるように、日本には非正規職で働く人々が溢れています。韓国でも非正規職で働く人たちが多く、深刻な問題となっています。
 民主労総の労働者大会でも「非正規職 撤廃 連帯歌」が歌われます。
 
 「人が人らしく生きる世の中がきっとやってくるよ!
 立ち上がれ!下請け労働者よ 弾圧と搾取を突き破り・・・」
 
 偽装請負裁判は、「人が人らしく生きる世の中」をつくるための闘いです!
 
 日本と韓国の、下請け労働者のみなさん、連帯して戦いましょう!!
鉄の労働者(チョレ ノドンジャ)
 鉄は打たれるほど強くなります。労働者も打たれるほど強くなります。
 民主労総の歌「鉄の労働者」は、団結と闘争を訴えます。
 11月8日、ソウルのヨイド公園で開かれた民主労総の労働者大会に参加して、この歌を共に歌えたのは感激です!
 世界中から労働組合員が集まるソウルでの民主労総の労働者大会。日本からの参加者も本当に多いです。でもせっかく韓国に集結するのですから、韓国語をもう少し勉強して来ましょうね。(なんか、偉そうやな・・・)
 また、来年ソウルでお会いしましょう! タシマンナプシダ!!
森安正幸先生の指導対局! (将棋の話題です)
 森安正幸先生に角落ちを教わり始めてもう何年目でしょうか? 矢倉一本で、6筋の歩交換から、6四銀7三桂型に片矢倉のオーソドックスな形から、腰掛け銀の急戦などいろんな形を学びました。
 下手は4六歩を突くタイミングに工夫が要ります。中盤飛車を取り合う変化など難しさはありますが、終盤までそれなりの形を作ることができるようになりました。「一手違いに指せ」と言う格言を胆に銘じて動じずに指し進めることが今後の課題です。

 一度お手合わせできる方はぜひとも一局・・・・
12月の日本通運アスベスト裁判!
 12月9日、大阪地裁1010号にて午後4時から日本通運 奈良王寺アスベスト裁判の弁論があります。  
 
 また日本通運の尼崎アスベスト裁判が、12月10日に神戸地裁尼崎支部にて10時30分より3F1号であります。原告4人目の弁論があります。
 神戸地裁尼崎支部へは阪急電車でしたら、武庫之荘駅で降りて徒歩10分、JRなら立花駅から徒歩15分くらいです。うつ自殺裁判やSD裁判、全日通労組裁判の支援者たちも傍聴に来ます。日本通運の裁判に関心のある方はぜひともお越しください!!
  
 あなたの問題は何ですか? パワハラですか? サービス残業ですか? 介護に配慮しない会社の人事ですか? セクハラですか? 偽装請負で働いていますか? 有給休暇はちゃんと取得できますか? JPエクスプレスへ出向していますか?
 日通労働者連絡会はあらゆる立場や考え方を超えた、労働者の協力を引き出す、連絡協議会です。裁判所での傍聴の際、お問い合わせください!
 または下記へお問い合わせください!

連絡先

「アルバイト・派遣・パート 関西労働組合」

大阪市北区東天満 2-2-5 第二新興ビル 605号
電話番号:06-6881-0110 FAX:06-6881-0782
Email:mu-ohhashi@mu-kansai.or.jp

担当 大橋直人氏
全州のキムチを日本に持ち帰るには・・・
 韓国で一番美味しいといわれる全州キムチ。もちろん世界一のキムチです。
 11月初旬の訪韓時も民主労総の方々に手配していただき、日本に帰ってからもしばらく楽しめました。
 白菜が日本産のように水気が多くなく、独特の甘みがあります。(甘いといっても、白菜に甘みを感じるだけで、キムチとしては日本で食べるものより、はるかに辛いです。) また唐辛子はコクというか、辛いだけでなく旨みを感じさせます。漬かり方が浅いうちはご飯で食べて最高。よく漬かってからはチゲにしたり、豚キムチに使います。もちろんそのまま食べるのも好みです。

 全羅北道の益山(イクサン)市で民主労総全北本部の方々に見送られてソウルへ、二泊して帰国しました。キムチはホテルの冷蔵庫でしっかり冷蔵していましたし、トランクに入れるときは、前日使った、使い捨て合羽でぐるぐる巻きにしてましたので、発酵はそんなに進んでいませんでした。
 日本においしく持ち帰って、全州キムチを食べるのは保存方法などに少しだけコツがいります。
横浜地裁での東京警送支店裁判の報告です!
  東京警送支店の社員二人の裁判です。全国の社員のみなさん、注目しましょう!
 支援者の方からの報告です。


 11月10日横浜地裁にて「東京警送不当配転」裁判がありました。「不当配転」に関しては、昨年、労働審判で原告の社員2名は原告に有利な決定をもらいましたが、日通東京警送が不服と申し出てきた事から、裁判に踏み切る事になりました。そして、裁判に向け準備をしている中で追加請求として「着替え時間の時間外請求」「昼休みの時の待機について」を新たに争点として申し立てしました。「着替えの時間外請求」に関して調べてみると、制服や作業着に着替えないと出来ない仕事や会社から制服・作業着に着替えて仕事する様に指示がある場合は仕事業務内の行為となり、その賃金が発生する事。「昼休みの待機について」は、労働者の休息時間であり、時間内は労働者の自由に過ごせる。待機と言う事は会社に時間を束縛されている為、待機させられた時間は労働時間となり、賃金が発生する。原告社員2名は勤務時間は、朝、制服に着替えてからが出勤時間。夜は作業が終わった時点で退社時間。それから着替えると言う毎日。昼休みは、13時~13時30
分までは待機時間と言う毎日。しかし、日通東京警送は全て否定してきました。そして11月10日横浜地裁での裁判では、この2点に関して裁判官から話がありました。


裁判官より
「着替えの時間外」「昼休みの待機」については勤務時間内となりますが、被告は全て事実を否定しているので証拠として、勤務表、勤務時間管理表を提出しなさいとの事。否認するのであればきちんとそれなりの根拠を出して下さい。期日は12月18日まで。そして、次回の裁判は12月22日10時15分からと言う話で閉廷しました。

警送となれば皆さんもご存知の通り、しっかりした装備〓関西での沢山の日本通運裁判でもそうですが、中々、日通は証拠書面・答弁書面等期日を守る事が、ほとんどなく、酷い時は裁判当日に提出〓果たして今回は期日までに提出されるでしょうか〓こうやって、色々な裁判を応援して行くうちに、今まで知らずに日本通運のいいなりにやっていた事が実はこんなにも労働違法行為だったんだと〓とても勉強にもなります〓今、日本通運で働いてる、社員、下請け、派遣の人達の為にも、これからも、応援しながら、裁判内容やプチ情報をアップしていきます。

ソウルで民主労総の労働者大会に参加しました!
 民主労総の労働者大会に参加して、大変感動しました。高齢となったイ・ソソンオモニが力を振り絞って労働者の闘いを鼓舞する姿に胸が熱くなりました。全羅北道本部の皆さんに大変お世話になりました。語学はまだまだ未熟で話したいことの一割も伝えられませんでしたが、ハートは感じられました。昨年に続いて二回目となった今回の訪韓。顔や名前を憶えていてくださった民主労総のメンバーたちとかけがえのない時間を過ごすことができて感激です。今回は日曜日の日程に余裕があり、西氷庫にあるオンヌリ教会で礼拝を守ることができたことも感謝です。あまりたくさんの事を学んだので、少しずつ整理して書いていきたいと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。