労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字はやはり必要!
 韓国で漢字学習の必要性が認識されていることはすばらしいことだと思います。日本人が韓国語を学習するとき、漢字語を憶えるのはそれほど苦労しません。でも肝心の韓国の方々が漢字語の表記を日本人に教えられない事態が時々あります。日本と韓国の相互理解のためにも是非、漢字教育の充実を願うものです。
 
 
 朝鮮日報の記事です。


 学校教科書の基準や指針などを定める教育課程評価院は、このほど教育科学技術部に報告書を提出し、国が定める小学校カリキュラムや教科書政策に漢字教育を含め、明文化することを提言した。報告書によると、同評価院が行ったアンケート調査では、保護者の89.1%、教師の77.3%が、小学校での漢字教育に賛成しているという。


 このアンケート調査の結果については、今さら改めて特筆すべきことでもない。漢字学習が子供の教育にプラスに作用するという事実は、かなり以前から常識として認識されてきた。教師の多くも、漢字学習が子供の語彙力や思考力を高めるという点に同意している。このように家庭や教育現場での求めに応じるかのように、子供向けの漢字学習誌『魔法千字文』は、これまで1300万部以上が飛ぶように売れた。政府公認の漢字試験だけでも7種類あり、それらの年間受験者総数150万人のうち、およそ60%が小学生だ。


 ところが現実問題として、小学校では漢字教育を行う時間的余裕がない。小学校の教科書から漢字が消え去ってから、すでに40年の歳月が流れた。中学校や高校では「漢文」という選択科目があるが、この科目は修学能力試験(日本のセンター試験に当たる)では全受験生の17%しか選択しない。北朝鮮では、韓国の小学5年生に該当する高等中学1年生で3000字を教えている。


 韓国語の70-75%が本来は漢字語だという。小学校教科書に出てくる言葉の55%、医学や哲学などの専門用語では95%が漢字語だ。ハングルでの表記は同じでも、本来の漢字によって意味が完全に異なる単語も非常に多い。例えば、国立国語院発行の『標準国語大辞典』によると、韓国語で「サギ」と読む漢字語だけで27種類ある。やる気を意味する「士気」、他人をだます「詐欺」、陶磁器の一種「沙器」、歴史書の「史記」、会社の旗を意味する「社旗」などだ(これらはすべて韓国語で「サギ」と発音する)。つまり漢字を知らない状態では、言葉の本来の意味を正確に認識し、語彙力や国語力を高めるのは非常に難しいということだ。


 昨年は20人の首相経験者が大統領府を訪問し、小学校での正規のカリキュラムに漢字教育を含めるよう求める建議書を提出した。盧武鉉(ノ・ムヒョン)前政権で首相を務めたイ・ヘチャン氏、韓明淑(ハン・ミョンスク)氏、韓悳洙(ハン・ドクス)氏も、ここに名を連ねた。元首相らは「およそ半世紀にわたり続けられた誤った文字政策の影響で、国が文化面で危機的状況に瀕している」「国語生活を正常化させるには漢字教育を再開すべきだ」などと訴えた。


 小学校では、授業で余った時間などに漢字を教えるケースが決して少なくない。その多くは「まずは書かせてみる」という程度のレベルで、逆に漢字に対する苦手意識を持たせてしまうこともある。保護者と教師の双方による求めに対し、学校現場が顔を背けているようでは、これは到底公教育と言えないだろう。韓国でも漢字を小学校で正式なカリキュラムとして採用し、体系的、効率的な教材や学習方法について議論を行うべき時に来ている。

スポンサーサイト
ユン・ソクホの秋の童話のような悲劇が・・・
 ユン・ソクホ監督の秋の童話のストーリーを思い出させるような事故が結構あるようですね。
 ソウルでのことですが・・・

 朝鮮日報の記事です。

 産婦人科で他人の子供と取り違えられた自身の子供を18年ぶりに探し当てた母親。その母親が起こした訴訟に、調停による判断が下された。


 ソウル高裁民事第17部(クァク・ジョンフン裁判長)は29日、パク・ジョンスクさん(47)=仮名=が京畿道内にある病院の産婦人科を相手取り起こした訴訟で、病院側がパクさんに7000万ウォン(約540万円)を支払うよう「任意調停」した。任意調停は確定判決効力を持つ。


 1992年にこの産婦人科で女児を出産したパクさんは、愛情を注ぎ育ててきた娘が実の娘ではないことを2008年に知り、病院を相手取り「損害を賠償し、当時病院で生まれた子供たちの分べん情報を公開せよ」と訴訟を起こした。パクさんはこのほど、裁判所の協力で実の娘を探し当てた。


 この日、パクさんは「病院側も故意でしたことではないため、円満に解決したい」と語り、産婦人科院長も「心から謝罪する」と述べたという。


 「赤ちゃん取り違え事件」はこれが初めてではない。


 関連訴訟を担当した弁護士や裁判所の判決文によると、1990年代後半だけで「赤ちゃん取り違え」を裁判所が扱ったケースは4件もあった。この中には病院記録がなく、子供が見つからないケースもあった。


 1980年代初めに結婚したチェ・ギョンホさん(仮名)は、産婦人科で生まれた娘が成長するにつれ、自分たち夫婦に全く似ていなかったため、妻の不倫を疑い始めた。二人は一度離婚し復縁したものの、つらい日々を過ごした。


 チェさん夫妻はソウル中央地裁で訴訟を起こした。一審は96年、病院側に4744万ウォン(約370万円)を賠償するよう言い渡した。控訴審でもほぼ同じ賠償額を支払うことで調停が成立した。


 当時この訴訟を担当したシン・ヒョンホ弁護士は、「病院は関連記録を廃棄しており、チェさん夫妻は実の娘を探す手段がない。90年代後半でもこうした事件は少なくなかった」と話す。

民団のサイトに出ている日本通運
 大韓民国民団のサイトを見に行く人は、在日の方か、あるいは韓流ファンが多いかもしれません。
 日本人も韓国語教室で楽しく学んでいるのを知っている人はすくないでしょう。でも初級クラスは圧倒的に日本人が多数です。年間わずかな出費で学べるので、近くの民団に問い合わせてみましょう!
 
 さて、かつて強制労働の歴史のなかにも日本通運の名が出ています。現在の偽装請負などの人間に対して酷い仕打ちのビジネスモデルを思い出します。
 また経済成長時代の日本で、アスベスト被害に対する考え方、そして現在の裁判中の事案。
 今の労働者に対する日本通運の考え方は戦時中からすでにあったものだという気がしてきました。

 民団のページより
 

 東京大空襲の罹災証明書 村の青年25人が死亡

  
 今年の3月、在日韓人歴史資料館に「東京大空襲の罹災証明書」が寄贈された。

 寄贈者は栃木県小山市に住む南常子(77)さん。夫が罹災者だった。夫の南漢吉氏(1911年3月~76年6月)は、忠清北道槐山郡出身で43年7月に村の青年30数人と共に東京・亀戸の日本通運で働かされた。

 面から来た役人は「1軒に1人、日本で働く若者を出せ」と強制的に青年たちを集めたという。村の青年たちは「マルツウ(日本通運)」の寮で寝起きしながら、荷出しの人夫として働かされた。そして、45年3月10日の東京大空襲で同僚25人が死亡したという。

 東京大空襲では死者10万人、負傷者11万人、罹災者100万人に達した。当時、東京に9万7千人が住んでいたとされる朝鮮人の場合、犠牲者の数はおろか、その被災の実態すらいまだ分からない状態である。日本人の場合は資料展示会や追悼会などが催され「語り継ぐ」必要性が強調されているが、朝鮮人については欠落しているのが現状である。

 「東京大空襲・朝鮮人罹災を記録する会」から60周年にあたる昨年3月に、『東京大空襲・朝鮮人罹災の記録』という小冊子が発行された。80年代に体験者から聞いた証言を元に編集された。その中に次のような証言がある。

 「今でも忘れられないことがあります。当時、洲崎に石川島徴用工の寮があり、そこには三百人あまりの同胞が寝起きしていました。逃亡を防ぐためだといい、出入り口には外から鍵がかけられ、常時監視されていました。大空襲当日、逃げようにも逃げ出せず、結局無理死にさせられてしまったのです」(9頁、金一満氏の証言から。当時25歳、江東区在住、故人)。

 小冊子に収められた証言からは大空襲の恐ろしい惨状が生々と語られている。生き残った南氏は村の仲間6人と群馬県碓氷郡安中町の炭鉱で働くことになった。

 解放後、南氏は故郷へは帰らなかった。「犠牲になった仲間の親に会うことは出来ない」と、日本に残ったという。

 「恐ろしかった。死ななかったのが不思議なくらいだ。死んだ青年たちがあまりにも哀れだ」と南氏はよく夫人に語ったという。

◆◇◆◇◆◇
(在日韓人歴史資料館研究員・羅基台)

■□
在日韓人歴史資料館

  〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32 韓国中央会館別館 (受付3階)
(03・3457・1088)、(IPPhone 050・3580・0587)、(FAX 03・3454・4926)
URL http://j-koreans.org

脳卒中にご注意! 過労やストレスの原因となる労働問題の解決を・・・
 くも膜下出血、脳梗塞、脳出血を総称して脳卒中といいます。過労やストレスとの関連の強いこれらの病に倒れないように注意しましょう! 医学的な知識はもちろん必要なのですが、過労やストレスの原因になっている労働環境を改善しない限り、リスクは去ってくれません。
 医師だけでなく、弁護士や労働組合にも相談する必要があります。
 大橋家に日本通運に対する安全配慮裁判では、保険指導員のC型肝炎やうつ病に対する対応が取り上げられましたが、会社側の思惑で医療に対する倫理が揺るぐことがあるやもしれません! 自分の身は自分で守る心構えが大切です!!
百貨店にも不況の波が・・・
 百貨店にも容赦なく不況の波は襲いかかるのですね。それにしても四条河原町阪急が閉鎖されるのは、私にはとてもつらい・・・
 
 日経新聞の記事です。

阪急阪神百貨店を傘下に置くエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は28日、四条河原町阪急(京都市)を2010年秋に閉鎖すると発表した。京都市内で記者会見した阪急阪神百貨店の新田信昭社長は「04年から続いていた赤字がリーマンショックもあって拡大した」としたうえで「限られた面積、限られた経営資源の中で打開策が難しく、昨年夏ごろから閉鎖を検討し始めた」と述べた。
マンション管理組合と管理職ユニオン、日通との戦い!
 マンションの管理組合の理事を務めていた数年前に、勤務先の日通グループ会社から露骨な嫌がらせや退職勧奨を受けたため、管理職ユニオンの加入通知を送り、団体交渉を行いました。その年は理事の仕事が本当に忙しくて大変でした。
 また、一昨年は教会役員の任期一年目、財務担当役員として隣地の購入のために銀行をあちこち回っているときに嫌がらせを受けて、また団体交渉。融資を無事取り付けて隣地を購入し、そしてその後、借り入れの返済も順調で、先日、よい決算で財務担当役員を後任に引き継ぐことができました。
 
 会社はわざと忙しそうなときを狙って嫌がらせをしてくるのでしょうか!?

 日通グループは有給も取らさないし、サービス残業もあります。私がマンションの管理組合や教会役員を務められたのは、 管理職ユニオンに入って闘ったからこそです。最低限の地域活動さえ、破壊しようとするこの企業グループの体質は許せません!

 立ち退き問題などでも長崎や大竹市で問題を起こした日本通運。地域社会も抗議の声を上げましょう!

希望退職の条件に注目!
 JPエクスプレスが仮に希望退職を募ったとしたらどれほど用意するのだろう。
 明日から来なくていいとか、一人当たり500万だとか言われたら、すぐに管理職ユニオンに相談してください!
 サービスドライバー裁判で見たように、口約束の契約は絶対だめです。書面を必ずもらうか、コピーを必ずとって管理職ユニオンに持参してください!
 休日には労働法の法律書を読破するぐらいでないと損をしますよ!
 

 日経新聞の記事です。

JALUX、希望退職100人募集 全社員の2割、日航の更生法で
 
双日と日本航空が出資しているJALUXは25日、全社員の約2割に当たる最大100人の希望退職を実施すると発表した。機内備品の卸や空港店舗運営で関係が深い日航が会社更生法の適用を19日に申請し、事業縮小が予想されるためだ。

 募集人数は正社員約560人のうち70人から100人で3月末に実施する。通常の退職金に加え、特別加算金を上乗せする。希望退職の実施によって今期末に約14億円の特別損失を計上する。

 JALUXは日航便が発着する空港で「BLUE SKY」などの空港店舗を96店展開するほか、日航グループの航空機部品の調達や機内食卸事業なども手掛ける。日航が路線の縮小や空港からの撤退を急ぐなか、事業規模に合った人員にする必要があると判断した

就職活動は自殺裁判をチェックして!
 メンタルヘルスに配慮している企業でも自殺者はでますが、悪質なパワハラ体質がある企業は裁判が起こされている可能性が高いはずです。
 終身雇用はもうないとしてもそれなりの調査をして入社しましょう。
 遺族の悲しみはどれほどか、事件の後遺症は延々と続きます。

 日本通運は大橋裁判のほか下記のうつ自殺裁判があります。
 社員や下請け企業はパワハラや下請けいじめの根絶を目指して戦いましょう!

 神戸うつ自殺裁判(大阪航空支店)の判決は

     2010年1月27日(水)午後1時15分に 神戸地裁203号にて 傍聴OKです。

中国のシェア拡大 鉄鋼も自動車も・・・
 中国の存在感がいままでになく大きくなっています。技術の進歩に加えブランド力や販売網も確立してくれば、世界市場を席巻するでしょう。

 日経新聞の記事がふたつ。

 中国で自動車の新工場建設計画が急増している。外資との合弁事業を展開する企業だけでなく、自主ブランドメーカーも生産を増強。上位10社で2009年に約1200万台だった生産能力は12年には7割増の約2100万台に達する見通し。09年の新車販売台数が08年比46%増の1364万台に達し世界最大となった中国市場でのシェア拡大が狙いだが、生産能力過剰に陥る恐れも出ている。

 中国最大手の上海汽車集団は12年の年産能力を09年比3割増の360万台まで引き上げる。同社は米ゼネラル・モーターズ(GM)、独フォルクスワーゲン(VW)と合弁事業を展開。減税などで農村での販売台数が急増した小型車を中心に生産能力を大幅に増やす


 世界の鉄鋼業界で中国など新興国の存在感が増している。世界鉄鋼協会(ワールドスチール)によると、2009年の世界の粗鋼生産量は前年比8%減の12億1970万トン。2年連続で前年割れとなったが、欧米に比べ景気回復が早い首位の中国が13.5%増。世界の粗鋼生産シェアの半分近くを握り、生産規模は米国の約10倍に達した。

 中国の生産量は5億6780万トンと過去最高の水準を更新。世界の粗鋼シェアは08年から8.9ポイント上昇し、46.6%に達した。公共事業の拡大で鋼材需要が増えたほか、09年の新車販売台数で米国を抜いた自動車などの生産が堅調だった。ただ、鋼材輸出も回復しなければ、過剰設備の問題が一段と深刻になる恐れを抱えている。

 中国やインド、ロシア、ブラジルのBRICsの粗鋼生産シェアは58.3%で08年の49.6%から大きく上昇。ロシアやブラジルは生産が減少したが、インドは2.7%増。上位10カ国で中国とインドだけが前年実績を上回った



日本通運 東京警送支店裁判12月22日の報告です!
 東京警送支店裁判12月22日の報告を「日本通運裁判と労働者の歩みと戦い」ブログの協力を得て下記に転載いたします。
 横浜地方裁判所で戦っている原告二人を応援しましょう!
 


 遅くなりましたが12月22日(火)横浜地裁でありました日本通運東京警送「不当配転及び時間外労働手当請求」裁判のご報告です。

今回は「時間外労働手当」原告2名が前回「着替えの時間」「休憩時間の待機時間」を労働時間とし請求した件に関して、日本通運が反論として準備書面と原告が請求した資料を提出し、裁判官を始め原告側弁護士が確認したのですが・・・請求した資料の一部は提出されたものの結局は全部揃っておらずに、次回2月の裁判までの用意となりました。

今回、日本通運は更衣時間に対して、あくまでその労働時間性を否定すると言う事でした。

根拠としては、日本通運において社員は皆5分以内に更衣を終えていると主張し、また、原告側が「出社時間15分前」「退社時間15分後」を日本通運が束縛している事実はあり得ず毎日、着替えに30分の時間外手当労働手当が発生すると言う原告側の主張に根拠がない。換言すれば、仮に、社員は5分以内で着替えているのに、原告2名が15分前に出社し、15分後に退社した日があったとしても、それは原告らが被告営業所において、単に自由に過ごす時間を浪費したにすぎないと主張してきました。

しかし、横浜警送支店は制服は会社が全て制服の管理をしており、警察にも届け出されていて、制服が紛失した場合警察にもすぐ届け出を出すと言う厳重な制服管理上、自宅へ持って帰っての洗濯は禁止され会社でクリーニングに出すか、会社の洗濯機で自分自身で洗濯をしなければなりません。夏・冬3着制服は支給されてますが、クリーニングは毎日来るのではないので、特に夏は毎日、制服を取り換えるため、自分自身で会社の洗濯機で洗濯しなければならない時もあります。また、クリーニングに出すにも制服についている備品など外しクリーニングの所に制服を持って行き、また、クリーニングされてきた制服は自分達で探し持って行くそれに関しては全く日通は触れていません。日通が主張してきている、「社員は皆5分で着替えている。原告2名が15分前に出社し、15分後に退社した日があったとしても、それは原告らが被告営業所において、単に自由に過ごす時間を浪費したにすぎない」との主張ですが、日通の言葉を借りたら、会社が制服の持ち帰りの禁止しているから、着替え前・着替え後に、時間を浪費しているのではないでしょうか?会社で決められた事をしているにも関わらず、自由に過ごす時間を浪費したと酷い主張でした。日通はクリーニングや洗濯に関してかかる時間はどう考えているのでしょうか?この他休憩時間の束縛等の反論もありました。他の反論については次回アップします。

PS
皆さん、もし時間ありましたら着替えて自席に行くまで5分で行けるか試ししてみてください。ちなみに、5分だとしても、日通社員皆さんも毎日10分は時間外と言う事になりますね。

エコポイントをしっかり申請しよう!
 電化製品を買ったときにもらえるエコポイント。でも申請が結構ややこしかったり、手間だったりして、申請していない人が多いみたいですね。
 でもせっかく使えるのだから、もったいないですよ。

 職場で嫌がらせを受け続けていると、めんどうなことは敬遠しがち・・・ 労働組合活動でしっかり闘ってこそ、気持ちのゆとりもでき、お金も貯まります。

 そんなこんなで、とにかくエコポイントはしっかり申請しましょう!

 日経新聞の記事です。 

 政府は省エネ家電製品の販売促進を目的にしたエコポイント制度の申請期限を延長する方針を固めた。3月までに購入した商品の期限は4月末の予定だったが、2011年初めまで延長する。対象商品の購入者の半数程度しか申請手続きを済ませておらず、ポイントが大量に失効する恐れがあると判断した。申請を促すため、手続きの簡素化も検討する。

 エコポイント制度は地上デジタル放送対応テレビや冷蔵庫、エアコンを買うと、商品券などと交換できるポイントをもらえる仕組み。昨年5月から今年3月までに買った商品が対象になる。経済産業省によると、テレビなどの売り上げが前年比で約2割伸びた。家電業界などからの要望も踏まえ、政府は12月末まで制度を延長する方針を決めた。今国会に提出した第2次補正予算案に延長に必要な予算を盛り込んでいる

天野宗歩先生の棋譜を並べて感動!
 内藤國雄先生の「棋聖 天野宗歩手合集」を買って来ました。香落ちの実戦譜を並べてみたいと思っていろいろ探していたところ、京都河原町のジュンク堂で見つけました。天野先生は文化13年のお生まれなので、ずいぶん昔の棋士なのですが、その将棋は古さを感じさせません。最近は忙しくて将棋を指す時間がありませんが、幕末の棋聖の名局を堪能しています。
梅川さんの闘い 全日通労組裁判ほか
 全日通労組の役員選挙で言論の自由侵害で提訴し、勝利した梅川さんに対して、全日通労組が控訴し、高等裁判所での戦いとなります。日本通運も御用組合の全日通労働組合も本当に懲りない面々です。
 裁判の日程を下記に再掲いたします。
 

 日通(会社と労働組合)を訴えた裁判の日程をまとめました。

日通労働者連絡会 裁判日程

全日通組合による言論侵害裁判(梅川さん)は初回控訴審が

2010年1月21日(木)午前10時に大阪高裁(8階)84号にて 傍聴OKです。

神戸うつ自殺裁判(大阪航空支店)の判決は

     2010年1月27日(水)午後1時15分に 神戸地裁203号にて 傍聴OKです。

城東ペリカン偽装請負裁判(宮崎さん)は弁論準備が

     2009年2月1日(月)午前11時15分 大阪地裁 716号ラウンドにて
少人数の傍聴OKです。

王寺アスベスト裁判(吉崎さん)は弁論

    2010年2月10日(水)午後4時 大阪地裁 1010号にて傍聴OKです。

大橋家いじめ自殺裁判(大橋さん)判決は、
  
    2010年2月15日(月)午後1時10分大阪地裁1010号にて 傍聴OKです。

尼崎アスベスト裁判(5人の遺族16人)弁論は、

    2010年3月11日(木)午前10時30分から尼崎支部(3階)1号にて傍聴OKです。

 ぜひ、傍聴など今年も変わらないご支援をお願いいたします。

政治犯収容所 北朝鮮の状況は・・・
 北朝鮮の現状が最近いろいろ情報として入ってくるようになりましたね。
 日本でも言論の自由や思想信条の自由を守る戦いをしっかりしていかないと北朝鮮のようになる可能性があります。国力が衰えていく過程ではとくに人権に関する権利が危機的になる恐れがあるでしょう。
 今以上に人権が侵害される状況が拡大しないよう、しっかり戦いましょう!

 朝日新聞の記事です。

 韓国の政府機関・国家人権委員会は20日、北朝鮮の政治犯収容所に推定約20万人が収監されているとする調査結果を発表した。脱北者のうち政治犯として収監された経験者や収容所の警備員などをした17人に加え、2006年以降に他国から強制送還されながら再び脱北に成功した32人の証言内容を分析し、結論づけた。

 同委員会は、初の実態調査としている。収監者たちに職責をつけて、収監者に収監者を統制させている実態も明らかになったと指摘。調査結果を英文に訳して配布し、国連人権理事会をはじめ国際社会にも訴えていく方針だ。

 調査は昨年4月から年末まで実施された。それによると、政治犯収容所は1950年代後半から設置され、一時は13カ所にまで増えたが、80年代末以降は統廃合が進み、現在は6カ所に約20万人が収監されているとみられる。北朝鮮の人口は約2300万人。国民の1%に迫る人々が「政治犯」として収容されていることになる。

 政治犯収容所は、反体制の言動や脱北行為をとがめられた人々を収監対象としているが、韓国の歌を歌ったり、海外のラジオ放送を聞いたりしただけで摘発された、との証言もある。家族に連座制が適用されるともいわれている。今回の実態調査に応じた脱北者らの多くが、なぜ自分が収監されたのかわからないと話しているという。

 収容所のうち、耀徳(ヨドク)など2カ所の一部が、統制が緩和された「革命化区域」に、それ以外はいったん収監されると外に出られない「完全統制区域」にあるという。

 また、収容所内では収監者らの労働力を最大限活用して忠誠心を高めるため、小隊長、中隊長、班長などの肩書が与えられ、収監者が収監者に拷問するケースもあることが判明した。処罰の程度は脱北の動機によって異なるが、「06年以降は強制送還者らへの処罰が強化された」「わいろを渡すと処分が軽くなったり、釈放されたりもした」との証言を得たという。

 さらに、女性収監者に対する人権侵害も横行。性的暴行のほか、金銭を隠していないか確認するため、全裸で調査を受けているという。

 同委員会は、北朝鮮が国連加盟国でありながら、国際人権規範を履行していないことを批判している。


阪神大震災から15年・・・
 阪神淡路大震災から15年経ちました。いまだに震災の痛手を引きずっている人たちも多いと聞きます。肉親を亡くされた方や、住宅を失った方、職を失った方・・・さまざまな困難を背負って生きておられる方がいらっしゃいます。被害が軽かった人と重荷を負ってしまった人との明暗がはっきりでてしまっています。
 

 ボランティアに対する評価が高まったのが、阪神大震災のときでした。それは印象的でした。また世界中が、災害の中で冷静に行動する日本人に驚嘆したのも、あの時でした。
 

 当時から私は会社からパワハラを受けていました。管理職ユニオンはまだ発足していませんでしたので、もしも私が一人から入れる労働組合に加入していたとすれば、おそらく連帯ユニオンではなかったかと思います。ラジオでコマーシャルをしていましたから・・・(いまでも連帯ユニオンはコマーシャルを流していますよ)
 裁判中心の管理職ユニオンはまさに私にピッタリですが、連帯ユニオンに入っていたら、抗議活動中心の肉体系で挑んでいたかも知れませんね!
 今では、韓国との国際連帯の関連で、連帯ユニオンや全日本港湾労働組合の方々ともお付き合いしています。縁とは不思議なものですね。

宅配便のない総合物流会社なんて・・・
 ペリカン便をなくしてしまって、日本通運はもう総合物流会社ではなくなってしまうのでしょうか?
 原子力関連や産業廃棄物、官公庁の移転・・・、確かに他の運送会社との違いはありますが、お役所関連の仕事が多く、カルテルの独禁法違反などで処分をだされたときは堪えたでしょう。

 ペリカンで働いてきた社員をさっさと切り捨てて身軽になろうというのは、ちょっと違うと思いますが・・・
 ヤマト運輸や佐川にまったく歯が立たなかった宅配便事業。従業員にだけ責任を押し付けるのはおかしい!
 
 引越事業ではサカイやアートに太刀打ちできるでしょうか!?
 現場の声を吸い上げられなければ、宅配便と同じ道を歩むしかないはずです。
 経営者は責任は感じてほしいものです。
Googleと中国政府が全面対決!
 検閲撤廃を期待したいですね!

 言論の自由が保障されてこそ、中国の未来はあると思うのですが・・・

 日経新聞の記事です!

 中国にインターネットサービスの検閲撤廃を求めたネット検索世界最大手の米グーグルは14日、中国語版サイトで天安門事件などの写真閲覧制限を解除、中国当局との全面対決姿勢を示した。姜瑜・中国外務省副報道局長は同日の定例記者会見で「中国のネットはオープンだ。管理は国際的慣行に合致している」とグーグルの主張に反論。ただ、中国世論のグーグルへの賛否は二分しているもようだ。

 グーグルは中国側の養成で続けてきた自主規制を一方的に解除したとみられる。中国語版サイトで、1989年に北京で起きた天安門事件やチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世などを検索すると、写真などの検索結果が表示されるようになった。だが表示されたサイトそのものの閲覧は依然としてできない。

 北京のグーグル中国本社には14日、支持者らが集まったほか、支援を意味する花も贈られ、警官らが警備を厳重にした。ネット上では「言論の自由を大切にしている」とグーグル支持の声が上がる一方「中国の実情を考えていない」と批判する意見も出ている

資金繰りが心配な中小企業
  セーフティーネットが危機的なのは労働者だけでなく、中小企業もおなじです。大企業だけが、内部留保を厚くして経営陣の温存を図っています。
 低利融資が実行されても構造的に大企業に有利な構造は変わりません。
 大企業の横暴には法的手段をもって対抗しましょう!

 
 日経新聞の記事です。



 日本政策金融公庫が中小企業に低利融資する「セーフティネット貸付」の利用が大幅に増えている。2009年4~12月の融資実績は前年同期に比べ3.2倍の4兆2216億円に上り、08年度の年間実績のほぼ2倍に達した。中小企業の資金繰りが厳しいことが改めて浮き彫りになった。

 セーフティネット貸付は経営環境の悪化で業績が落ち込んだ場合、低い金利で融資を受けられる制度。政府は昨年12月の追加経済対策で同貸し付けの総額を現行の15兆円強から4兆円上積みし、中小企業の資金繰り支援策を拡充する方針を打ち出している。

 09年4~9月の実績は前年同期に比べ約4倍の2兆8722億円。同10~12月も約2.3倍の1兆3493億円となり、09年度下半期に入っても引き続き高水準で推移している


総務省の動きに翻弄される、JPエクスプレス!
 JPエクスプレスの従業員の今後はどうなる!?
 総務省の検証の動きに注目です。


 日経新聞の記事です。


 総務省は12日「日本郵政ガバナンス検証委員会」の第1回会合を開き、宿泊・保養施設「かんぽの宿」の譲渡契約や日本通運との宅配統合を巡って混乱がみられた日本郵政グループの企業統治の検証に着手した。関係者への聴取を含め日本郵政側の協力も得ながら、不動産取引や宅配統合、クレジットカード業者選定などを調査する。

 3月末をめどに報告をまとめ、政府が進める郵政事業の見直しに反映させたい考え。委員長に選ばれた郷原信郎弁護士は「問題に関係した人の法的責任を問うことが目的ではなく、今後のコーポレートガバナンスのあり方に生かしてもらいたい」と語った

日航再建の行方は・・・
 消費者の利便性を損なわずに再建が進められるでしょうか?
 国内線の今後が心配です。

 日経新聞の記事です。

 
 会社更生法を活用しながら企業再生支援機構の支援で再建を目指す方向となった日本航空を巡り、前原誠司国土交通相は12日午前、メガバンク3行の首脳を招いて協力を正式に要請する。各行は受け入れる意向で、債権放棄などに踏み切る見通し。日航株式については支援機構は100%減資(上場廃止)案を主張している。日航は1万3千人の人員削減や国内外26路線の追加縮小などを断行、3年以内の再建にめどをつけたい考えだ。

 日航は19日にも会社更生法の適用を東京地裁に申請し、その後直ちに支援機構が支援を決定する見込みだ。利害関係者との調整を事前に進めておく「事前調整(プレパッケージ)型」と呼ばれる方式で、日本では異例の措置。前原国交相は12日に銀行団に正式に提示し、その後、政府と機構、銀行団などは計画の詳細の詰めを進める

日本通運裁判の予定一覧です!
 日通(会社と労働組合)を訴えた裁判の日程をまとめました。

日通労働者連絡会 裁判日程

全日通組合による言論侵害裁判(梅川さん)は初回控訴審が

2010年1月21日(木)午前10時に大阪高裁(8階)84号にて 傍聴OKです。

神戸うつ自殺裁判(大阪航空支店)の判決は

     2010年1月27日(水)午後1時15分に 神戸地裁203号にて 傍聴OKです。

城東ペリカン偽装請負裁判(宮崎さん)は弁論準備が

     2009年2月1日(月)午前11時15分 大阪地裁 716号ラウンドにて
少人数の傍聴OKです。

王寺アスベスト裁判(吉崎さん)は弁論

    2010年2月10日(水)午後4時 大阪地裁 1010号にて傍聴OKです。

大橋家いじめ自殺裁判(大橋さん)判決は、
  
    2010年2月15日(月)午後1時10分大阪地裁1010号にて 傍聴OKです。

尼崎アスベスト裁判(5人の遺族16人)弁論は、

    2010年3月11日(木)午前10時30分から尼崎支部(3階)1号にて傍聴OKです。

 ぜひ、傍聴など今年も変わらないご支援をお願いいたします。

鳩山首相のツイッター!?
 情報発信することが大切です!
 
 労働者が巨大な企業と戦うときは、マスメディアに訴えたり、裁判を起こしたり、労働組合(社外の組合も含む)に加入して、団体交渉を行ったり、ビラ配りやらデモ行進、シュプレヒコールを上げるなどしたり、ホームページを作ったり、ブログを書いたり、そして最近はツイッターが注目を浴びていますね。
 理不尽なこと、不条理なことなど、思いっきり訴えましょう!

 それにしても、鳩山首相はいつでもぶらさがり記者につぶやけば、情報発信できるのになんでまた、ツイッター!?

大橋家の日本通運との戦いに勇気ある援軍!
 実名で大橋家の戦いを支えてくださる稲葉さん。その勇気に感激です。
 日本通運によってつらい目に会った人たちは立ち上がりましょう!
 退職してからでもうつ自殺裁判やアスベスト裁判、SD裁判や偽装請負裁判に陳述書を提出したり、いろんな形で参戦できます。人間としての尊厳を取り戻す戦いに、あなたも加わりましょう!

 下記の稲葉さんの真実を訴える文章をじっくり読んでください!


 日本通運株式会社在職中における「稲葉秀明」の事例につきまして

前略
先日は、ご面談の機会を頂戴いたし有り難く存じます。
さて、日本通運株式会社の旅行部門に勤務しました小生は1990年代まで日本通運の社員であることを誇りに思い、旅行の仕事にやりがいを感じ勤務しておりました。
誠実で善良であった故大橋均氏も多分同じ気持ちを抱いておられたことと推測いたします。
しかしながら旅行部門の業績悪化の中で、退職勧奨強要やパワーハラスメントが実在した中で自死に追い詰められた故大橋均氏のご無念を想います時、今回の退職勧奨やパワーハラスメントが決して故大橋均氏一人になされたものではなく他にも事例があることを明らかにする義務があるものと判断いたし、小生の事例を下記のとおり述べさせていただきます.なお、必要な場合には小生の実名及び本事例を公開していただいても何等問題ございません。以上よろしくお取り計らいください。
草々
(記)

1.小生の情報
氏 名・生年月日・現住所・電話・職業(個人情報になるのでブログ内では省略します)

2.日本通運株式会社での勤務履歴
 1974年4月 日本通運株式会社入社、大阪航空支店旅行部門に配属
 1999年12月末日まで大阪を始めとし、徳島、岡山、京都、姫路等の営業拠点にて旅行業に従事。
 2000年1月 関西エアーサービス株式会社に出向 *略称「カスコ」 
    (カスコは日本通運大阪旅行支店100%出資子会社)
 2000年9月日本通運株式会社和歌山旅行支店南紀白浜旅行営業所 勤務
 2001年9月 退職

3、故大橋均氏との職場での関係
入社年月は、故大橋均氏が5年早く職場での先輩にあたります。日本通運在職中に同じ課所で仕事を一緒におこなったことはありませんが、同じ取引先に対して合同でセールス等 おこなったことはあります。
小生が関西エアーサービスに出向した時、故大橋均氏羽田タートルサービス株式会社」に既に出向中で勤務場所が関西空港 内の同一場所でした。

4.「稲葉秀明」の事例
(1)営業事務から作業現場への転向により肉体的苦痛と精神的苦痛を受ける
2000年1月 神戸旅行支店姫路分室勤務から関西エアーサービスに出向する。
関西エアーサービスは、関西国際空港におけるJAS(日本エアーシステム)の作業会社でありJAS国際線、国内線、他携帯航空会社の航空機誘導・機内清掃・貨物・旅客荷物の搭積載が主たる業務でした。
小生は、この内、貨物、旅客荷物の搭積載の担当をするものの、1日3~7便の処理に際しては特にJAS国内線は機材がMD型で搭積載はすべて手作業により行われ、1個約1kgら3kgの貨物、旅客荷物を1便当り100個前後の積み下ろし作業を行いました。また、同機の貨物室内での作業は貨物室の高さが150cm程度しかなく中腰で荷物の積み降ろしをせざるを得ない状況の中で、これまで既往歴のなかった腰痛が発症しました。
これらの肉体的苦痛と課長職にありながら一肉体労働者として毎日を過ごす自分が情けなく精神的にも多いに苦痛でありました。

(2)退職勧奨強要される
2000年8月15日 場所:大阪旅行支店会議室 相手:大阪旅行支店総務担当N次長
関西エアーサービスの成田空港への移転に伴い、今後の処理に関し総務より呼び出しを受ける。

当時点のN次長の発言

成田空港への転勤はないこと。今後の処遇について、会社を辞めるか南紀白浜旅行営業所勤務かいずれかを選択するこ
とが要点で、これまで何回となく転勤を経験しましたが事前にこのような打診を受けたことはなく、強圧的なN次長の態度には小生を退職に追い込む意図を認識しました。結論は勤務場所がいずれでも旅行営業に復帰できる南紀白浜旅行営業所を選択いたしました。

(3)再度退職勧奨とパワーハラスメントを受ける
2001年7月23日 場所:和歌山市内 相手:大阪旅行O支店長(和歌山旅行支店を統括)
和歌山旅行支店主催の支店内営業会議(出席者約10名)席上にて出席者の面前」において、O支店長が小生を名指しし「いつまでも、君を会社が養っていくことはできない。早期退職制度もあるぞ(後日、確認したところ日通が社員に公開した早期退職制度はなかった)」。また、当時USJがオープンしこれの販売に関しこれも小生を名指しし「自分でお金を出してUSJを見てこい」と言われるなどの退職勧奨」とパワーハラスメントを受ける。


(4)その他補足
2001年8月29日様々の状況を勘案し、旅行という仕事に夢を追い続けた小生は新たな出発を決意し退職を申し出、正式に同年9月末日付けで日本通運を退職する。退職が決まった段階で、小生の上司であるY課長が小生に
「稲葉さんが辞めたことにより和歌山旅行支店長の評価が上がったらしいですわ」と馬鹿げたことを言ったため叱責したが、これからも推測できるように、本来、営業支店長の評価は業績の良し悪しによってなされるべきであるところ、生産対象人員の減員に重さが置かれていたことは自明であります。
以上

下請けを踏みつけてこその商売!?
 カルテルは消費者の利益を損ない、下請けいじめは安定したビジネス慣行を破壊します。
 結局のところ、先達が積み上げてきた資産を食い潰し、若い世代の将来を先食いしながら、宴を続けているのが、今の経営者の実態だと思います。
 
 公正取引委員会はしっかり取り締まってほしいものです。

 日経新聞の記事です。

  公取委、大企業の取引監視強化へ 国際カルテルや下請けいじめ
 
 公正取引委員会の松山隆英事務総長は6日の記者会見で、国際カルテルや下請けいじめなど大企業の取引を監視する体制を強化する方針を明らかにした。来年度から国際カルテルを専門に審査する部署を新設するほか、中小企業に不利益を与える取引を取り締まる人員を増やす。

 国際カルテルを専門に監視する「上席審査専門官」を配置し、その下に10人程度の調査担当者を置く。企業への立ち入り検査や、海外の競争法当局との情報交換などに当たる。現在は違反事案ごとに専門官の中から指名しているが、専任者をおいて国際取引の増加に対応する。欧米の競争法当局は国際カルテルの取り締まりを強化しており、国内でも体制整備が必要と判断した。

 買いたたきなど中小企業に圧力をかけて不当な取引条件を迫る行為の取り締まり体制も強化する。審査に当たる審議官級の幹部ポストを新設し、調査人員も23人増やして560人体制にする。景気低迷で中小企業にしわ寄せが及んでいるため、取引の適正化を促す


大橋家ブログに胸が詰まる思い・・・
 日本通運うつ自殺裁判を戦う大橋家。生きていれば、この2月に定年退職するはずだった大橋均さん・・・
 遺族の悲しみは年月を経れば、癒されるというものではありません。
 日通裁判に勝利してこそ、均さんの墓前に報告できるというものです。そしてこのような悲しみを次の世代に持ち越さないことこそ、遺族の気持ちでしょう!

 大橋家の日本通運うつ自殺裁判の判決は、2月15日です。
人材派遣会社は労働者派遣法改正でどう動く・・・
 労働者派遣法が改正されれば、偽装請負など対してはどう対応していかなければならないのでしょうか?

 法律の抜け穴をつく企業のやり方を常に注意しなければなりません!

 日経新聞の記事です。

 人材派遣各社が労働者派遣法の改正をにらみ、製造請負や店舗の運営受託など請負・受託型サービスに移行する。派遣業から撤退して請負に転換したり、外食店舗への派遣を運営受託に切り替えたりする。リーマン・ショック後の生産調整などで国内派遣労働者数は3割近く減少。派遣法改正で規制が強化されれば、さらに需要が減るとみて、人材各社は派遣以外の業務に軸足を移す。

 製造業派遣大手の日本マニュファクチャリングサービス(nms)は3月末までにすべての製造業派遣契約を請負に切り替える。昨年12月に仙台、東京、大阪で請負への転換へ向けたセミナーを実施した。半導体製造請負のUTホールディングスも2009年末までに製造業派遣の契約をほぼゼロにし、請負契約に切り替えた。

 事務系、製造業など幅広く人材を派遣しているフジスタッフホールディングスは外食店舗の運営受託サービスに参入する。現在は外食店向けに人材を派遣しているが、この分野で派遣業の継続は難しいと判断した。

怪我で戦線離脱しないように・・・
 体調を管理して、怪我とかで戦線離脱しないように気を付けないといけませんね!
 昨年は張り切りすぎて、ちょっとつらい場面がありました。
 今年は堅実に一歩一歩頑張ります!

 なんかスポーツ選手の談話みたいですが、年末年始の休暇明けで、スポーツジムでトレーニングを再開しました。



 いじめやパワハラとの戦いは、気持ちで負けないことが大切!

 そのためには体力をつけることが一番です!



Uターンラッシュ
 帰省してきた親類たちも帰っていきました。Uターンラッシュに巻き込まれなければいいのですが・・・

 明日からは仕事始めです。
 しっかり休んで今は仕事がしたくてたまらない!?
 私の職場は働くというより闘う!?なのですが・・・

 売り上げが落ち込むと一発触発モードもあり得ます。
 波乱含みの年明け。
 
 
 日本通運大阪航空支店の神戸うつ自殺裁判の判決が1月27日にあります。
おせち料理が一番!
 正月はおせちが一番ですね。母が炊いた黒豆は最高です! 
 寒い正月となりましたが、天気は良いので外出もします。


 今年は景気が二番底を打つかもしれないと予想するアナリストもいます。アジア全体ではそう悲観する状況ではないかもしれませんが、日本国内の雇用情勢は絶望的だと思います。
 日本航空(JAL)の再建問題の行方や沖縄普天間の海兵隊基地の移転問題など民主党政権は迷走しそうです。
 高速道路の料金や、ガソリン税など運送業界が振り回される政策の行方も注目しなければなりません!
 労働問題では偽装請負問題の今後が不透明です。どこまで同一労働、同一賃金の原則は踏みにじられ続けるのでしょうか?

 労働組合や市民運動が、本来の社会生活を守る活動をしっかり進めるべき年になると思います。
 
 失業者が増え、自殺する人が後を絶たない現状・・・
 一部の強欲な肉食系老人たちと、それに媚び諂う輩だけが高笑いする末期的症状の日本社会にあって、人間の尊厳を取り戻す戦いを始めましょう! 

 ブログを書いてあらゆる不正を暴いていきましょう!
 今年こそ、勇気を出して一歩を踏み出しましょう!
あけましておめでとうございます
 あけましておめでとうございます。旧年中は私のブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。今年もがんばって書いていきますのでよろしくお願いいたします。

 寒波が押し寄せ大変な正月となっています。どうぞお体に気をつけてお過ごしください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。