労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雇い止め」になる関西の大学の非常勤職員らが大阪で集会
アカデミズムの世界でも「雇い止め」が横行、学生たちの中にも将来に希望を持てない雰囲気が広がるはずですよね。
 季節はめぐって春が来るというのに寒々とした学問、教育の現場です。

 朝日新聞の記事です。

 雇用期限切れによって、今年3月末にも「雇い止め」になる関西の大学の非常勤職員ら約100人が27日、大阪市内で集会を開き、撤回を求めるアピールを採択した。

 旧国公立大学の多くは、2004年の法人化後に採用した非常勤職員の雇用期間について、最長3~6年とする規則を定めている。これら旧国公立大は法人化以降、交付金削減によって人件費に余裕がなくなっているのが実情だ。

 大阪大学では、今年3月末に雇用期限を迎える非常勤職員が約40人いる。大学は1月、法人化以前から雇用されていた非常勤職員も、正職員への転換試験に受からなければ、5年で契約を打ち切る方針を打ち出した。対象となる370人のうちの一人で、勤続17年の吉田由美さん(47)は「細切れ雇用は、職員の使い捨てに等しい」と訴えた。

 京都大学も非常勤職員の雇用期間が最長5年。3月末に雇用期限を迎える05年4月1日採用者は約50人いる。大学側は昨年12月、期限を迎えた非常勤職員の一部を新規採用者として再雇用できる案をまとめた。だが、昨年、学内でストライキをうって解雇された元非常勤職員の小川恭平さん(40)は先週来、「契約を更新しないといわれた」と電話が入り始めているという。小川さんは「抜本的解決には遠い。5年条項を撤廃してほしい」と指摘した。

 立命館、龍谷、京都精華大など私立大学の非常勤職員も多くが有期雇用だ。関西学院大学で、障害のある学生をサポートする非常勤職員の大椿裕子さん(36)も3月末に4年の期限を迎え、「雇い止め」になる。労働組合に入って大学側と団交を持ったが、1月に後任2人の採用が決まり、継続雇用の芽はなくなった。「専門性の高い仕事なのに、有期雇用では経験が積み上がらない。大学は、常に新しい知識と技術を持った人を入れていくというが、たった4年で人は枯渇するのか、問い続けたい」と話した。


スポンサーサイト
究極の必殺技、労使一体パワハラ!その全容が明らかに・・・
企業と御用組合が協力して社員を追い詰めていく、そんな労使一体パワハラを究極まで突き詰めたのが、日本通運と全日通労働組合です。

 「全日通労組労使一体パワハラ裁判」の初回期日が決まりました。

「日通仙台パワハラ裁判」は、労働審判と地裁での全面勝利を経て、2009年7月に高裁にて和解し、Sさんは退職しましたが、その前に再三、このワハラ事件を「全日通労働組合」に相談したところ、助けてくれるどころか会社と一丸となって不当な懲戒処分や降格など退職に追い込むパワハラを仕掛けて来ました。
 Sさんは、労働審判や地裁で勝利したあとも、この事件の解決を求めて闘い続けるために「全日通労働組合」にスト権の行使を要求しましたが、会社と係争中であることを理由に拒否したため、二重加入していた「管理職ユニオン関西」からストを実施してもらい、10ヶ月近くも無給で裁判を闘い勝利的な和解が出来ました。しかし、長い間のパワハラと裁判などの闘いに心身とも限界が来ていて、やむをえず退職しなければなりませんでした。
退職に追い込まれたのは、 組合員に対して背信行為をした「全日通労働組合」に重大な責任があります。Sさんは、「自分は退職を余儀なくされたが、労働者の雇用と権利を守るために闘うという当たり前の労働組合の必要性を訴えるために裁判を起こした」と言われています。
第1回の期日は、3月8日(月)午前10時15分から神戸地裁215号法廷で開かれます。多くの方々の傍聴をお願いします。

韓国の金妍児(キム・ヨナ)のパーフェクトな金メダル!!
レベルの高い演技にに感動しました。

 朝日新聞の記事です。

 フリーを終えた韓国の金妍児(キム・ヨナ)のクールな表情が崩れた。両手を上げて、ガッツポーズ。150.06点。合計も228.56点で、ともに自身が持つ世界歴代最高得点を更新し、金メダルに輝いた。

 冒頭から完全な2連続3回転ジャンプを決めた。スピードのある踏み切りから、横っ飛び。着氷を余裕を持って決めた。後半の2回転半―3回転は、二つ目のジャンプが一つ目よりも高く、迫力があった。着実に得点を積み上げた。

 アメリカ人作曲家ガーシュインの「ピアノ協奏曲ヘ調」にのって、きれいな滑りを見せる。アップテンポのSPとは正反対の古典的な世界を優雅に表現した。

 SPで首位。4.72点差で、同じ19歳のライバル、浅田がいた。ジュニア時代は浅田に負けることが多かったが、トリノ五輪以降のシーズンの直接対決で、浅田を5勝3敗と上回ってきた。それでも、ライバルとの一騎打ちになった大舞台は、得点を待つキス・アンド・クライで、心なしか緊張した表情を見せた。この種目初の金メダルを願う母国の期待を一身に背負った。その重圧をはねのけた。

 最近の五輪は、優勝候補と言われた選手がことごとく勝てなかった。2005年世界女王として翌年のトリノ五輪に挑んだイリーナ・スルツカヤ(ロシア)は3位、世界選手権5度優勝のミシェル・クワン(米)は1998年長野五輪で銀、02年ソルトレーク五輪は銅。そのジンクスでさえ、金妍児には当てはまらなかった。

 優勝候補が期待通りの力を発揮し、五輪の歴史に残る女王が誕生した。



梅川さんが全日通労組に勝訴!大阪高裁が控訴を棄却!
 最高裁に行くには新幹線、それとも夜行バスで・・・
 
 全日通労働組合が大阪高等裁判所に控訴していた、梅川さんの役員選挙のビラ削除裁判は梅川さんの全面勝利でした。
 全日通労組がさらに上告してきて、受理されたならば、私たちは最高裁判所に行くことになるのでしょうか?
 御用組合の幹部たちは日本通運と話し合っていることでしょう!
スマートグリッド関連の設備投資が注目されています!
 株式市場ではスマートグリッド関連の設備投資が注目されています。ニューヨーク市場の乱高下、トヨタの公聴会、そしてオリンピックの話題で持ちきりの中、次世代のインフラについて考えてみましょう。

 日経新聞の記事です。

米GEが日本参入 次世代送電網、富士電機と合弁
 
米ゼネラル・エレクトリック(GE)は日本のスマートグリッド(次世代送電網)市場に参入する。富士電機ホールディングスと合弁で基幹部品のスマートメーター(通信機能を備えた電力計)を日本で開発・生産する。GEは富士電機と組み、スマートグリッド関連の設備投資を始める日本の電力会社への販売ルートを確保する。日米欧では2030年までにスマートグリッド関連の累計投資が1兆2500億ドル(約112兆円)に達するとの予測があり、巨大市場の争奪戦が始まっている。

 10月をメドに日本で合弁会社を設立する。富士電機が過半を出資する見込み。合弁会社は日本の電力会社向けスマートメーターを開発し、富士電機の電力計生産拠点である富士電機システムズの安曇野工場(長野県安曇野市)で生産する

日本通運「東京警送不当配転及び時間外労働手当」裁判
関東での日本通運裁判をみなさんにもっと知っていただきたいと思います。
 
 日本通運裁判と労働者の歩みと戦いブログの協力を得てお届けします! 

  日本通運「東京警送不当配転及び時間外労働手当」裁判

先日着替え時間が労働時間に含まれると言う争点の、ブログをアップしましたが
今回は待機時間も労働時間の争点に着いてアップします。

(日通側の主張)

(1)警送車両で昼休憩を取る社員に対して1日につき1時間30分、すなわち30分長い
昼休憩を与えている為これにより社員の退社時間も毎日30分遅れる事から結果と
して毎日30分の時間外労働手当が余計に支給されている。との主張

(2)1時間30分の昼休憩の過ごし方については、少なくとも1人が車両に残る事を除き基本的にペアを組む社員が相談して自由に決めている。ペア相談の上、始め30分づつ交代で休憩をとり残り30分を2人で一緒に車両で過ごす事は日通は禁じていない。また、1人がコンビニで弁当を買って車両に戻ればもう1人が車両から1時間以上離れて昼食を摂っても許されるし、また1人が二人分の弁当を買ってくればもう1人はずっと車両で休憩をとってもいい。と主張。

(3)また原告らは担当していないが、コースによっては全員が車両から離れて休憩する事も許されている。

等々の主張してきていますが(1)の内容で1時間30分の休憩に関しては休憩を30分多く与えてる分戻りが30分遅くなるから毎日30分の残業手当を与えてると言っていますが、実際は(2)の様にどちらかが結局は車両に残っていなくてはいけない。また日通は車両の中で仮眠や喫煙・読書もしていいし、脱帽・安全装備の脱衣もいいとも主張してますが、それでは何故車両から2人揃って離れてはいけないのでしょうか?(3)の様にコースによっては全員が車両から離れ自由に休憩をとれるしかし原告はコースが違うためどちらか車両に残らなければならないと言うのは「業 務」なのではないでしょうか? 車両に何かあった時に対応する為に、少なくとも一人は車両残れということなのではないですか?労働相談センターの方が書かれた「サービス業で働く人のトラブル対処法」と言う本の中に休憩時間に関して「労働者が労働から完全に解放されて自由に行動出来る時間」。また「使用者は休憩時間を自由に利用させなければならない」と書かれています。原告はペアになった相手と相談しどちらかが車両に残って過ごさないといけないと言う事は、完全に解放され自由に行動出来る環境ではないので世間では待機時間と呼ばれるのではないでしょうか?また、双方が1時間30分を半分ずつ交代で車両離れて休憩したとしても90分なので実質45分しか自由な休憩時間がありません。毎日30分残業をつけてあげてるところか昼休憩が15分少ないくらいです。また、10月の裁判で本当に毎日30分ついているのか、日通側に次回までに証拠書類の提出を裁判官が言い渡しましたが12 月の裁判ではこちらが要求した、資料がたりなく、2月8日資料確認と争点整理の為、非公開裁判でしたが日通は今日までには資料揃える事が出来なかったと、また期日までに証拠書類を提出してきませんでした。次回は3月30日ですが、この日も資料確認の為非公開ですが、また内容をブログでアップしていきます。

東方神起はボン・ジョヴィやマライア・キャリーを超える!?
 知り合いの高校生の男の子が東方神起の大ファンだそうです。東方神起は韓流おばさんだけでない幅広い支持を集めているようですね。

 朝日新聞の記事です。

 17日に発売された韓国の5人組「東方神起(とうほうしんき)」のベストアルバム「ベスト・セレクション2010」が、発売第1週で41.3万枚の売り上げを記録したと22日、オリコンが発表した。海外グループの第1週のアルバム売り上げとしては歴代最高という。

 海外グループでは過去にボン・ジョヴィの「ジーズ・デイズ」が37.9万枚(1995年)を記録している。海外ソロでは、マライア・キャリーのベスト盤「ザ・ワンズ」が歴代トップで、1998年に104.7万枚売れた。



日通と裁判してますホームページについて緊急報告!
 東京警送支店の原告2人が横浜地裁で日本通運と争っている裁判のホームページが、なかなか更新されないので、敗訴したのではないかと心配される向きもあるようですが、ご安心ください!
 現在、快調に裁判を闘っています!

 私たち関西勢も応援に行きたいのですが、いかんせん距離が障害となっております。このブログでも首都圏の方々に注目していただけるよう工夫を重ねてまいりますのでよろしくお願いいたします!
梅川さんという生き方
 全日通労組役員選挙裁判の原告梅川さんは大阪府豊中市の日通のある倉庫でひっそりと!?勤務しておられます。すっかり御用組合と成り下がった全日通労組を再生しようと役員選挙に出馬しましたが、所信表明の記載を削除されるなどされました。裁判では不公正な選挙をめぐり損害賠償請求し、地裁で勝訴、そして2月25日(木)に高裁の判決を迎えます。
 梅川さんについてはいつも闘志にあふれ、ここまで嫌がらせを受けても、まだ闘うといった意志を強く感じます。日通労働者連絡会の急先鋒です。
 闘う生き様、それが梅川さんです。
大橋家の情報発信力 日本通運うつ自殺裁判
 アメリカと日本、そして台湾。あいさつのあとは外国為替の話が飛び交う国際感覚満点の大橋家。また、たいがいの日本人が忘れてしまった孝道(親孝行)を説くアジア人としての正統派一家です。そんな大橋家を追い詰めてしまった日本通運は思い知ることでしょう。人として生きていく道を踏み外してはいけないということを・・・
 
 大橋家の活動はテレビ出演、新聞の取材、ブログのほか、働く者のメンタルヘルス相談室における、うつ自殺遺族展示会の活動(テレビや新聞で取り上げられる)、管理職ユニオンにおける集会での発表、日本通運アスベスト裁判原告たちが集う尼崎労働者安全センターでの報告会出席などなど、その活動を数え上げればきりがありません。
 
 これらの活動のひとつひとつは、均さんのような犠牲者を二度と出さない、また今まさに苦しんでいる人たちを助けたいという意思に基づいています。

 JPエクスプレスの解散への動きは加速しています。ほとんど監禁状態での自主退職への追い込みは違法です。会社都合の希望退職は費用がかさむため、自主退職で片付けようという圧力がパワハラ上司にかかっているのはありうることです。
 日通労働者連絡会にご連絡ください。御家族の方からも是非ご相談ください。本人はすでに、うつ状態になってしまっている場合はご本人からの相談は難しいのですから・・・

タイガーウッズの謝罪シーンがエンドレスで・・・
 Iam so sorry タイガーウッズの謝罪のシーンばかりがCNNテレビで放送されていました。ダライラマもかすむほどの注目ぶりです。

 朝日新聞の記事です。

浮気の数々を妻やファンに謝罪することで、タイガー・ウッズ(34)が再起に向けて動き出した。結婚生活が破綻(はたん)しなかったのは「プレナップ(prenup)」と呼ばれる婚前契約制度のおかげだと評判だ。慰謝料や遺産目当ての結婚を防ぐための制度だが、復縁にも有効な手立てとして脚光を浴びている。

 10人を超す浮気相手捜しが一段落すると、米国内の関心は、スウェーデン出身の妻エリンさんがウッズと離婚するかどうかに向かった。注目を集めたのは、夫妻が交わした「婚前契約書」の存在だ。

 5年ほど前に結婚した2人は「婚姻が10年続いたら、それ以降に万一別れる際、ウッズ氏はエリンさんに2千万ドル(約18億円)を支払う」との契約に署名していたという。財産分与や慰謝料目当てのかりそめの結婚ではないことを確かめるためだった。

 米メディアによると、昨年11月に浮気がばれると、この条項は「婚姻が7年を超えたら、エリンさんは5500万ドル(約49億5千万円)を受け取ることができる」と変更された。「エリンは相当怒ったようだ」「それでもウッズは別れたくないらしい」という見方が広まった。

 離婚訴訟に詳しいマーリン・ブラウン弁護士によると、こうした婚前契約が米国で結ばれるようになったのは30年ほど前から。離婚や死別に備えて、財産の区分けをあらかじめ決めておくのが狙い。富豪や有名人が、それほど資産を持たない結婚相手との間で結ぶのが典型的だ。

 近年は、資産家でも著名人でもない一般の夫婦に広がっているという。「預貯金や不動産の分配を決める例が多いが、持つべき子どもの数、配偶者のウエストの太さの上限、月々の性交渉の頻度まで明文化する夫婦もいる」

 急増した理由としては(1)若いうちに身ひとつで結婚するカップルが減り、年齢が上がって守るべき資産を抱えてから結婚する男女が増えたことや、(2)離婚で財産をめぐるトラブルに懲りた男女が、再婚時には財産のドンブリ勘定を避けるようになったことが大きいという。

 愛情で結ばれるはずの夫婦が計算ずくで資産の線引きをすることに抵抗はないのか。「互いの損得勘定があからさまに出るので、婚前契約は恋愛感情を白けさせる。それでも10年前に比べたら、米市民の抵抗感は減った」と話すのは、婚前契約を研究している米マルケット大学のジョセフ・ヒルトン教授。「驚いたのは、ウッズがよりを戻すための武器に使ったこと。従来はもっぱら、短い結婚で財産を奪われないための防御策だった。これで婚前契約が一段と普及するだろう」

     ◇

「婚前契約」を結んだとされる主な著名人(敬称略)

芸能 ブリトニー・スピアーズ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

   トム・クルーズ、ブラッド・ピット

球界 バリー・ボンズ

財界 ジャック・ウェルチ(ゼネラル・エレクトリック社元会長)

政界 ジョン・マケイン、ジョン・ケリー(いずれも上院議員)

梨本宮家から朝鮮王室へ嫁いだ、「悲劇の王妃」
日本の皇族で韓国で最も慕われているのが李方子(り・まさこ)様です。ソウルの昌徳宮へ行かれたときは方子妃が住まわれた場所を訪れてください。また日本人があまり訪れない全羅北道の全州にも方子妃ゆかりの場所があります。全州はグルメにはたまらない街です。何度かソウルや釜山を経験したら、次は全州を訪れて見てはいかがでしょうか。

 朝日新聞の記事です。

韓国国立古宮博物館は18日、日本の皇族、梨本宮家から朝鮮王室へ嫁ぎ、「悲劇の王妃」と言われた同王室最後の皇太子妃、故李方子(り・まさこ)さんの直筆の日記や手紙、写真などを公開した。博物館側は「激動の歳月を解き明かす貴重な資料だ」と評価している。

 公開されたのは、2008年12月に在日韓国人が韓国政府に寄贈した方子さんの遺品約700点の一部。日記は、1919年1月から12月までの期間中、計136日間にわたってつけられていた。

 朝鮮王室最後の皇太子である李垠殿下との結婚が4日後に予定されていた19年1月21日の日記では、殿下の父で、第26代王だった高宗が重体に陥った報告を受け、悲嘆に暮れた様子をつづった。結婚式の延期や殿下への愛情なども語られている。

 手紙や写真類は戦後のものも多く含まれ、王族関係者が戦後に味わった経済難や当時の日韓関係の雰囲気などを伝えている。初代の韓国統監を務めた伊藤博文が1909年、朝鮮半島を視察した際の写真も含まれている。

 方子さんは戦後、王族の身分を失い、長く韓国渡航も許されなかった。63年に韓国入国を認められた後、韓国籍も取得。晩年は社会福祉事業に尽力し、89年にソウルで亡くなった。

俳優の藤田まことさんが死去 本当に残念です
 日通労働者連絡会のなかにも藤田さんに似たキャラクターはいるかな?
 それにしても残念。幼い時から必殺シリーズを観てきた私にとっては本当につらいです。

 産経新聞の記事です。

 テレビ時代劇「必殺」シリーズの中村主水(もんど)や「はぐれ刑事純情派」の安浦刑事などでお茶の間に親しまれ、舞台や映画でも個性的な演技を見せた俳優、藤田まことさん(ふじた・まこと=本名・原田真=はらだ・まこと)が17日、大阪府吹田市内の病院で死去した。76歳。東京都出身。

 昭和8年生まれ。父は無声映画時代の時代劇スター、藤間林太郎で、少年時代の多くを関西で過ごした。高校中退後、司会業などで地方を回り、大阪で喜劇俳優に。37年、テレビの時代劇バラエティー「てなもんや三度笠」であんかけの時次郎を演じ、一躍お茶の間の人気者となる。番組では白木みのる、財津一郎らとの掛け合いが笑いを誘い、提供CMのキャッチコピーもヒットさせた。

 その後、人気時代劇「必殺」シリーズで「ムコ殿」といびられる恐妻家の殺し屋・中村主水、「はぐれ刑事純情派」で人情肌の安浦刑事といったロングランドラマで個性的な主役を務めた。舞台や映画でも活躍。一方、事業失敗による多額の借金も話題になった。

 近年は健康面に不安を抱え、20年には食道がんで6月の明治座「剣客商売」を降板。入院して手術を受けた。その後、ドラマ「必殺仕事人2009」「剣客商売」などの収録に病院から通ったが、21年9月に慢性閉塞(へいそく)性肺疾患と診断され、ドラマ「JIN-仁-」を降板した。

大橋家勝訴までの軌跡 日本通運安全配慮義務違反裁判
 大橋家が日本通運に勝訴するまでには大変な道のりがありました。パワハラを裁判で実証するのは証拠収集などで社員側が不利です。なにしろ日本通運ですから、社員を追い詰めていくのは巧妙なやり方で、また熟練しています。労働関連の裁判は日本通運の関係する多くの係争案件のほんの一部に過ぎません。不動産をめぐる地主や近隣との裁判や、社員の起こした刑事事件に関係すること、顧客や取引先との係争案件、警察や消防署の関連など、コンプライアンス全般を含めると膨大な灰色案件を争っています。訴訟技術も蓄積されているわけです。

 そんな日本通運に対して素人が何もわからないところから闘っていくのですから、それはそれは困難を極めた闘いになるのです。しかし大橋家は均さんを亡くした悲しみの淵から這い上がり、多くの方々の支援を受けながら立ち上がりました。
 テレビや新聞の取材も最初はためらっていましたが、こんな理不尽なことがあっていいものか、世の中に訴えねばという気持ちが勝りました。
 
 日通を訴えた大橋家はたくさんの方々の知るところとなり、今日にいたりました。
 均さんの名誉回復、錦美さんの将来、そして次の犠牲者を出さないための闘い。明確な目標をもって団結した家族と支援者たちの結束が勝利を呼び込みました。日本通運は当然のごとく控訴してくるでしょうから、戦いは長引くでしょう。でも家族や支援者は戦い抜く覚悟です。


均さん、見ておられるでしょうか?
 日本通運うつ自殺裁判の大橋家勝訴から一夜明けました。昨日、大阪地方裁判所の一階で支援者から花束を受け取った妻の錦美さんはうれしそうでした。亡くなった均さんは、錦美さんや息子の和正さん、和広さんの立派に闘ってきた姿を見守ってきたことでしょう。墓前に報告に行きますと話された錦美さんの言葉が印象的でした。

 判決に駆けつけたSD裁判原告たちをはじめたくさんの支援者の方々たちは、大橋家の勝利に勇気づけられ、今後の戦いを続けていかれることでしょう!
 
 地裁敗訴の神戸うつ自殺裁判の原告は控訴しました。
 
 城東ペリカンで働いていた偽装請負裁判原告は本日、労働委員会です。
 
 仙台パワハラ訴訟原告による全日通労働組合裁判は3月8日の公判が決まりました。
 
 梅川さんの全日通労組役員選挙裁判の控訴審は2月25日判決です。
 
 尼崎クボタ日通のアスベスト裁判は3月11日公判です。
日本通運旅行支店うつ自殺裁判 大橋家が勝訴!
 満席の傍聴席。誰もが知っている日本通運のパワハラ裁判。あなたもこの判決に勇気を得て職場でのパワハラには強く反発しましょう!!

 どのみち日本通運は控訴してきますから戦いは長引きます。こんなひどいことがあったのだとみんなで訴えていきましょう!!

 朝日新聞の記事にも出ました。

 日本通運(本社・東京)の男性元社員(当時56)が首つり自殺したのは上司から退職を迫られたのが原因として、妻ら遺族3人が同社に慰謝料など計約5千万円の賠償を求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であった。田中敦裁判長は、上司の発言が男性の精神状態を悪化させた一因と認定し、同社が安全配慮義務を怠ったとして慰謝料など約330万円の支払いを命じた。

 遺族側は、男性が生きていれば得られたはずの収入(逸失利益)2千万円余りも求めたが、判決は、上司の発言と自殺との直接の因果関係まではないとして退けた。

 判決によると、男性は2004年春に関西空港支店に配属され、貨物の仕分けなどを担当。持病のC型肝炎の治療で入院した後の同7月、通院しながら職場に復帰したいと上司に伝えた際、「自分から身を引いたらどうか」と退職を勧められた。そのころからうつ病を発症し、06年11月に自宅で自殺した。


芦屋市民プール前の鯉の釣り池の思い出
今ではもう昔の話ですが、兵庫県芦屋市の朝日ヶ丘町の市民プールの南側に鯉の釣り池がありました。昔の芦屋は高級住宅地のなかに庶民的な遊び場があり、なんとも言えない和らいだ雰囲気があったものです。その釣り池は一日500円の楽釣り制で魚影は濃く、友人たちと競い合って、日に30キロとか40キロとか釣った日もありました。40~50センチクラスの鯉が多く、浅場での消しこみ当りを伸されてしまわないようにする技術を教えられました。へら鮒の野釣りで鯉が来ても簡単にはもっていかれないのもこの頃の訓練の賜物でした。
 阪神大震災で芦屋は風景も一変しました。昔がなつかしい・・・

 今日は大橋家の日本通運うつ自殺裁判の判決です。
ライフワークバランスは未払い賃金を撲滅してこそ・・・
 残業の未払い賃金ももらえないのになにがライフワークバランスだと言いたいですね。
 政府は基準監督署から指導を受けている企業にペナルティをもっと科すべきでしょう!

 日経新聞の記事です。

 政府は13日、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の実現のため、女性の雇用促進や労働時間短縮などを進める企業を公契約の入札で優遇する方針を固めた。福島瑞穂男女共同参画担当相が15日の内閣府の会議で表明する。2010年度から内閣府の施設修繕や物品調達で導入し、効果を見て、他省庁への拡大も検討する。

 政府や地方自治体と企業による売買や請負などの公契約では、落札価格のほか工事実績や下請け発注率なども吟味し、発注先の企業を決めることが多い。ワークライフバランスの取り組み状況も選定基準に加味することにより、予算をあまりかけずに子育て支援などを後押しする狙いだ。


大橋家判決は2月15日
 中国では旧正月の帰省ラッシュがすごいとヘラルドトリビューンの一面に載っていました。
 昨日の建国記念日に何年ぶりかに奈良市の東大寺を一人で歩いてきました。
 大仏殿に入っても朝早かったこともあって人影も少なく、神風観光の中国版!?なのでしょうか、数人の中国人パーティーが急ぎ足で過ぎ去っていきました。
 それから誰もいない講堂跡あたりを散策しながら、大橋均さんのことを思い出していました。初めてお会いしたときはすでに日本通運でのパワハラでうつを患い、そのお人柄にふれることは難しかったように思います。しかし均さんの死後、日本通運との裁判を残された大橋家のみなさんが闘っているのを支援させていただく中で、本当の均さん、笑顔のすてきなやさしい、誠実な人柄に出会った気がします。
 二人の立派な息子さんたちを育てた均さん。生きておられたら、教えていただくことがいっぱいあったろうにと思うと残念でなりません。
 日通裁判は続くと思います。最後まで戦い貫こうと思います。

 小雨の降るなかではありましたが、東大寺は昼近くには観光客でいっぱいになりました。
 二月堂(観音堂)から眺める奈良市内は落ち着いた雰囲気でした。
 
 2月15日は大橋家裁判の判決です。

 大阪地裁1010号法廷にて13時10分より判決言い渡し。 
17歳で2冠はすごい! 里見新名人の誕生
 10代の活躍で将棋界が元気になるとうれしいね!

 日経新聞の記事です。

 将棋の第36期女流名人位戦五番勝負第3局が10日、東京・将棋会館で指され、午後5時、131手で、先手の挑戦者、里見香奈・倉敷藤花(17)が清水市代・女流名人(41)を下し3連勝でタイトルを奪取し、女流2冠になった。

 10代での将棋女流2冠は1983年に15歳で達成した林葉直子元女流名人・女流王将に次いで史上2番目の若さ。

 里見新名人は島根県出雲市在住の高校3年生。2008年秋、16歳で倉敷藤花の初タイトルを獲得。終盤の鋭さから「出雲のイナズマ」の異名を持つ。高校卒業後は進学せず、地元で将棋一本の生活をするという。

 里見新名人は「目標だった女流名人を獲得できてうれしい。女流名人にふさわしい行動や立ち居振る舞いをするように努力したい」と話した

国鉄闘争の日通版となるか! JPエクスプレス出向社員
 日本国有鉄道(国鉄)が民営化され七つのJRに分割されたのが1987年4月1日でした。あれから23年を経た今もJRへの復帰を求めて闘い続けている国鉄労働者がいます。
 気の遠くなるような話ですが、団結力があるから闘うことできたのですね。
 JPエクスプレス出向者も雇用維持を求めて闘うしかありません!
 
 宝塚線事故における航空鉄道事故調査委員会(現・運輸安全委員会)の報告書が漏洩していたことなどと解雇撤回を要求したビラ撒きが、兵庫県神戸市のJR三宮駅で2月9日に行われていました。

 2月10日は、日本通運とニチアスを訴えたアスベスト被害裁判の公判です。
 

日通商事ではパワハラが続いています!
 日本通運の子会社の日通商事では、特定社員への上司からの嫌がらせや全日通商事労働組合の組合員からの無視などが続いています。
 
 2月8日の支店朝礼にて、日通商事K氏と同じ職場でETCカードを紛失した社員のことが取り上げられました。しかし、最初にその紛失した社員に一言触れた後は、K氏の二年前の事柄ばかりに触れるという有様。先日自動車事故を起こした社員については実名も挙げずに事故の事実だけを伝えたのみだというのにです。
 これはあきらかにK氏に対する個人攻撃以外の何者でもないでしょう!

 下記に二年前の管理職ユニオン関西と日通商事との団体交渉の記事を再掲します。
 

 日通商事と管理職ユニオン関西の団体交渉がありました。
 6月20日午前10時より新大阪丸ビル10F10号室で一時間あまり持たれました。
 協議事項は
 (1)日通商事社員K氏の新茶販売売上減に対する顛末書の提出強要についてと、
 (2)日通商事社員K氏のETCカード紛失における始末書の内容とでした。

 管理職ユニオンからは、当該のK氏を入れて6名、日通商事からは、山さき弁護士、北西弁護士のほか本社から2名、大阪支店管内から3名の計7名の参加でした。
 
 内容的には(1)の協議事項においては、退職勧奨やパワハラ、社員に対する自腹での自社商品購入の強要などが取り上げられました。
 また(2)の協議事項では、ETCカードが、帰社時のわずかな時間になくなった経緯とその後の対応に関する事実確認、始末書の再三の書き換え要請、「いかなる処分も受ける」の文言をいれることについての強要の有無、他の社員が起こした交通事故後の経過などと比較して、今回の会社側の際立って違う対応の意味するもの(執拗な追及)などが話し合われました。
 
 団体交渉は終始、会社側による組合員K氏に対するパワハラまがいの非難に対して、管理職ユニオン側が反論する展開になりました。特に後半は激しいやりとりの応酬となりました。
 
 今回の団体交渉での管理職ユニオン関西側の収穫としては、日通商事のパワハラ体質をかなり詳細に、しかも構造的に把握できたことです。
 今後の戦い方に展望をひらく材料になりそうです。

企業や医療関係者の人命に対する倫理は・・・
 日本通運のアスベスト裁判やうつ自殺裁判などでは医療関係の内容がやりとりされます。日頃から病院にいくことが少ない人にとっては、なかなか難しい内容になることもあるでしょう。でも命にかかわることはプロである医療関係者にとっても患者にとっても、そして労働者にとっても大切なことです。
 企業や医療関係者が営利追求にのみ暴走するあまり、人命を軽視することは食い止めなければなりません。
 命を軽んじることに対して徹底的に戦いましょう!

 朝日新聞の記事です。

 専門外の肝臓手術を強行して男性入院患者を失血死させたとして、業務上過失致死容疑で奈良県警に逮捕された医療法人雄山会「山本病院」(同県大和郡山市、破産手続き中)前理事長の山本文夫容疑者(52)が、部下の勤務医にも専門外の手術を勧めていたことがわかった。病院関係者が取材に明らかにした。県警は、同病院の赤字解消を目指して、様々な手術で高額な診療報酬を得るためだったとみている。

 県警によると、山本容疑者の専門は心臓血管外科。肝臓手術の経験が皆無だったにもかかわらず、元勤務医の塚本泰彦容疑者(54)=業務上過失致死容疑で逮捕=とともに2006年6月、入院していた男性患者(当時51)の肝腫瘍(しゅよう)の摘出手術を実施し、肝静脈を傷つけて失血死させた疑いがある。

 血管の多い肝臓の手術は出血を招きやすいとされるが、山本容疑者らは事前に輸血用血液を準備していなかった。大量に出血したため、急きょ赤十字血液センターから血液を取り寄せたという。

 肝臓の切除手術の診療報酬は約100万円。男性の腫瘍は治療を必要としない肝血管腫だった疑いもあるという。

 山本病院にかつて勤めた男性医師は「山本医師は泌尿器科系の手術をしたこともあった。専門外の手術を『みんなも挑戦してみろ』と話していた姿をよく覚えている」。別の男性医師は「経験のない症状の患者の手術でも『できる、できる』と述べ、大変な自信家だった。いかに大金を稼ぐかに集中していた」と振り返る。

アクセルだけでなくブレーキも・・・
 プリウスのブレーキに不具合があるというのはショックでした。
 ハイブリッド車の構造上のものなので深刻です。
 エコとか環境とかは、車自体に信頼があってこその話です。
 
「プリウス」、国内苦情70件超 トヨタ、公表前に不具合改良

 トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」のブレーキ不具合に関する苦情件数が拡大してきた。これまでに国土交通省に14件(うち1件は事故報告)の苦情が寄せられていたが、販売店経由などを加えると70件超に達する。米運輸省高速交通安全局(NHTSA)には100件以上の苦情が寄せられているが、こちらも上積みされる見込み。また、今年1月から生産している車両にはすでに対策を講じたことも3日、明らかになった。

 トヨタで品質問題を担当する佐々木真一副社長は3日、顧客からの苦情が国交省への14件より「もっと大きい数字で来ている」と説明した。同社によると販売店などを通じてトヨタに寄せられた苦情は77件に達する。国交省への苦情と重複している可能性があるが、最低でも77件は超える。

 佐々木副社長は3日、前原誠司国交相、直嶋正行経済産業相に会い、国内外での不具合問題の経過を説明した。佐々木副社長は直嶋経産相に対し「ブレーキをコンピューターで調整する範囲を見直せば問題は解決する」と説明、今年に入って生産する車両には改善策を講じたと話したという

アジア地域で荷動きが活発
 荷動きが鈍い日本国内と違い、他のアジア地域においては、UPSが堅調に業績を伸ばしているようです。

 日経新聞の記事です。

 米貨物大手UPSが2日発表した2009年10~12月期決算は、純利益が7億5700万ドルとなり、前年同期比で約3倍に増えた。売上高は同3%減の123億7700万ドル。1株利益は0.75ドル(前年同期は0.25ドル)だった。コスト削減や経営の効率化などが奏功し、利益率が大幅に改善、減収増益を実現した。

 売上高を地域別にみると、主軸の米国市場が同6%減と苦戦した半面、海外は6%増。特にアジア地域を中心に荷動きが活発になり、景気回復が顕著になっている。

 同社は2010年の業績見通しも発表。1株利益予測は2.70~3.05ドルと、前年比17~32%の増益を見込む。スコット・デイビス会長は「景気回復は進んでいるが、ペースは緩慢」との見方を示した

春のワルツ
 KBSワールドで放送中の「春のワルツ」はユン・ソクホ監督の四季シリーズの最後を飾るドラマです。美しい映像は、日頃の憂鬱も忘れさせてくれます。
御用組合と企業が協力してパワハラ! 全日通労組に対して提訴!
 日本通運仙台パワハラ裁判の原告が、全日通労組を訴えます!
 支援者からいただいた原稿を掲載します。


 昨年(2009年)7月に仙台パワハラ裁判において、仙台高裁にて勝利的和解をしたS氏は、結局、46才で日本通運を止む無く退職しました。本当は定年まで勤めたいと希望していましたが、会社のパワハラにより、退職に追い込まれる結果となりました。
 S氏は、このパワハラ事件を再三、全日通労働組合に相談しましたが、助けてくれるどころか、会社と一体になって、退職に追い込みました。
 S氏は、仕方がなく、宮城県労働局に相談し、あっせんの手続きをしましたが、あっせんの日には、仙台空港協議会の議長は会社側の席に着くような次第でした。
あっせんは不調に終わり、仕方なく、仙台地方裁判所において、労働審判を行った結果、S氏の主張は100%認められ、不当な懲戒処分や係長降職処分の撤回などが行われると思っていましたが、会社が裁判所に対して不服申し立てをしたために、本裁判となりました。
そして、仙台地方裁判所における第一審においても、労働審判と同様に全面勝訴しました。
 ところが、会社は控訴したため、仙台高裁まで行きましたが、S氏自身は精神的にも、経済的にも追い込まれた状態であり、会社に出勤し、パワハラを受けながら裁判を闘うことができなかったため、全日通労働組合に対し、公開要求書にて、スト権の行使を要求しましたが、全日通労働組合からは、会社と係争中であることを理由に拒否されました。
 S氏は、二重加入していた管理職ユニオン関西に相談した結果、管理職ユニオンから会社に対してスト権の行使を申し入れた結果、スト権を行使しながら、10ヶ月近くも無給で裁判を闘う事ができました。その結果、勝利的和解をしましたが、命の危険を感じたため、仕方なく退職しなければなりませんでした。
 本来であれば、全日通労働組合が組合員を守り、不当な処分を受けないようにするべきであるのに会社と一体となってパワハラをするなんて許せません。
 しかも、不当な労働行為については、スト権の行使が認められているにも関わらず、スト権も行使せず、外部ユニオンの管理職ユニオンからのスト権の要求がとおるのなら、全日通労働組合は必要ありません。
 今後、全日通労働組合の責任を追及すべく裁判にて闘っていきます。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。