労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日通ペリカン便偽装請負裁判が終結、祝勝会報告!
日通ペリカン便偽装請負裁判が終結、祝勝会報告

旧城東ペリカンセンターでの偽装請負を追及する裁判は、前回の和解協議で合意された内容で、大阪地裁において8月31日(金)に最後の手続きである和解調書の調印式がありました。
それを受け、9月19日(日)午後3時から、原告が所属する、“あぱけん”(アルバイト・派遣・パート関西労働組合)において、管理職ユニオン・関西の闘いと合同で、祝勝会が開かれました。
日通労働者連絡会の窓口もしていただいている大橋直人さんの名司会で、大きな事務所が一杯になって座れない人も出るくらい盛況な中、原告のMさんが、裁判に至った経過・闘い・和解・これからの闘いについて、時には笑いも誘いながら、分かりやすく素直な言葉で語られたのが印象的でした。
司会の大橋直人さんによると、「裁判官が日通に“(日通と)黙示の労働契約が成立している(偽装請負だ)。(日通と直接雇用関係にあるから)残業代と慰謝料を払え”と言って和解が成立」したとのことでした。「金額はショボイけどね」の付け足しに、会場から笑いが洩れました。
そのあと、“SD裁判”の闘いと現状を、支える会代表の赤井さんから、“全日通裁判”について梅川さんから、それぞれ報告があり、そして、“あぱけん”と“管理職ユニオン”の仲間の闘いの報告が次々と続きました。
手作りの豪華な大盛り料理と、大量の缶ビールやウイスキーなどが振舞われ、中国楽器の二胡の演奏もあり、大いに食べて飲んで盛り上がりました。
これからも連帯して闘おう!のでっかいエネルギーをもらった、楽しい祝勝会でした。

スポンサーサイト
日通 神戸うつ自殺安全配慮義務違反裁判 第2回控訴審 の報告
日通 神戸うつ自殺安全配慮義務違反裁判 第2回控訴審 の報告

9月2日(木)午後1時15分から、第2回目の控訴審が大阪高裁81号法廷で開かれました。
先ず裁判長から、陪席裁判官の交代の報告があり、書面の確認のあと「出尽くしましたかね?あとは判断するだけ、弁論終結します。」と宣告があり、次回は11月4日(木)午後1時10分に大阪高裁81号法廷で判決言い渡しとなりました。
閉廷後、弁護士から次のような説明がありました。
「日通には、最低限の(安全配慮の)義務がある。最高裁判例を踏まえて、最新の医学知見の学会文献から過去に言ってることをもう一度整理して敷衍した。和解勧告はなかった。仕事(業務)が合わなかった(現場の仕事から事務管理職に栄転異動した)のが原因で発症、休職後(異動後の)同じ職場に復職し、当然、再発。外部的要因を取り除かなかったのが悪い。〈それに対し、会社は、「そうとは限らない、本人の性格や家庭事情が原因と考えられる」と主張。〉精神学会では『注意深く観察し、適宜仕事の仕方を配慮しなければならない。』としているが、会社は、本人に仕事を与えず、疎外状態に置いた。何の配慮もなく極めて過酷な状況に追いやった。事実関係(問題・争点)は復職過程に絞られる。地裁判決は『健康を阻害してはいけないが、(病人を)面倒見る(積極的に配慮する)までの義務はない。』との不当な判決で、それに対し、学術論文で『日本人男性は、過労に続き、異動がうつ発症の原因になっている』とある。(うつ病を発症した職場ではなく)別の職場に行くと治ることが多い、本人も(ずっと元気に働いていた)現場仕事(異動前の職場)へ戻せば治ったと思う。」
地裁判決が酷い内容だったので、ぜひとも高裁で跳ね返したいものです。


全日通労組労使一体パワハラ裁判 第3回および第4回期日(弁論準備)の経過
全日通労組労使一体パワハラ裁判 第3回および第4回期日(弁論準備)の経過

 第3回は7月13日(火)午前11時30分から、第4回は9月7日(火)午前10時から神戸地裁406号準備室で弁論準備が開かれ、両日とも、全日通労組代理人弁護士は東京なので神戸地裁に来ず、原告側は神戸地裁に出向き、電話での応答が行なわれました。
 そこで両日とも、支援者が傍聴参加したいと申し出たところ、裁判所はOKでしたが、組合側から断られました。いったい何を怖れているのでしょうか?
 双方(認否や反論の)準備書面のやり取りと次回の進行の確認で終わっています。
 原告側からは、個別の交渉要請に組合は応える義務があるかについて、次のような西谷教授の学説を引用したそうです。「個別の労働問題が高くなっている。組合規約にある組合の利益を受ける権利には団交してほしいも含む。一個人から労働条件の改善要請があれば団交しなければならない。しなければ債務不履行を免れない。」
 次回は組合側の再反論を待って、10月21日(木)午前11時30分から、神戸地裁406号準備室で、引き続き弁論準備が開かれます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。