労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日通労組労使一体パワハラ裁判 第5回期日(弁論準備)の経過
全日通労組労使一体パワハラ裁判 第5回期日(弁論準備)の経過

 第5回期日は10月21日(木)午前11時30分から神戸地裁406号準備室で弁論準備が開かれ、今回も全日通労組側の弁護士と電話での応答が行なわれました。
 被告(全日通)第3準備書面では、「会社(日通)と和解したから、関係者に組合(全日通)も含まれる」などと主張していて、“組合(全日通)は会社(日通)と一体!”を自ら表明したものとなっています。
 次回は、原告がそれに反論し、11月29日(月)午前11時30分から同所で弁論準備と決まりました。

スポンサーサイト
日本通運のパワハラを許すな!!
日本通運のパワハラを許すな!!
 
 神戸のうつ自殺裁判、大阪のサービスドライバー裁判、梅川さんの全日通労組裁判、Sさんの全日通労組パワハラ裁判、熊本の偽装請負裁判、奈良のアスベスト裁判、尼崎のアスベスト裁判、日通商事のパワハラ団体交渉、取引先との係争、労働基準監督署の指導、自治体とのトラブル、違法車検、社員に対する不当配転、などなど数えあげるときりがない問題の数々・・・。
 株価が低迷するのも仕方ないか・・・・
 


全日通労組 立候補の自由侵害裁判 9月29日
9月29日(水)午後1時10分、大阪地裁716号ラウンド法廷で第3回目の弁論が開かれ、組合側は最初からずっと前回「言論の自由侵害裁判」と同じ弁護士1人だけでしたが、原告側は森博行・小谷成美弁護士と、支援の傍聴者が多数来ていただき、法廷内に入れない人も出ました。
今回で結審だと思われたのですが、裁判官から「『申し合わせ』は誰がどのようにして議決されたのか?なぜ規約に入らないで単なる申し合わせ事項なのか?曖昧なので精査してほしい。それと、申し合わせで権利義務を制限できるか?」と投げかけがあり、それらについて双方が10月28日までに準備書面で主張することになりました。
終わってから森弁護士から解説がありました。『裁判官が『任期が2年に満たない者については、役員に立候補できないものとします』と言う2001年全国大会の申し合わせ事項の性格と効力、どのレベルで誰が決めるのか?全国大会の議決と法的な性質論を展開することになった。事実関係に争いがなく法律評価だけなので次回は論争にならなければ結審。労働委員会で腕章着用についての申し合わせ事例(結局は法的効力がないと言う結論になった)があったが---」。そこで、支援者から「(申し合わせは)国労でもあった」と声がありました。そして、他に申し合わせの文言が組合文書にあるか梅川さんが調べることになりました。
今裁判は双方に人証申請がなく証人尋問は行なわれません。判決は年内か?来年か?楽しみです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。