労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nippon Express 全日通労組役員選挙立候補の自由侵害裁判 梅川さん勝訴
控訴審完璧勝利、格調高い判決!

8月26日午後1時10分、6番目に言い渡された大阪高裁判決、「控訴を棄却する」と耳にした時、梅川さんは、思わず「やった!」と言うように、右手の腕を立てて拳を握り絞めグッと前に寸止めしました。平日の午後にもかかわらず、多くの支援傍聴者の喜びの笑顔がはじけ、森弁護士は、良かったなぁと言う感じで、梅川さんの右肩をポンと叩き、法廷から出たみんなの前で満面の笑顔で「勝利でございます」と再確認の言葉があり、「勝利」報告集会に移りました。

何と理路整然とした明快な判決文だろう!

勝利は分かりましたが、高裁の判断は、判決文を見ないと分かりません。裁判所近くの大阪労働者弁護団事務所で、森弁護士が裁判所より受け取って来た判決文を、早速、みんなの前で通常語に「翻訳」して読み上げながら分かりやすく解説していただきました。「地裁では『申し合わせ』は有効だったが高裁では『単年度の議決で当該選挙では』無効であり、協議会や班は規約上の組織ではないから効力は及ばない。エルダー(65歳までの1年更新の再雇用)採用で見込みが乏しいとは言えないから被選挙権を有していたし、『エルダーには組合民主主義の観点から選挙権と被選挙権がある』との高裁の独自判断も加えられていた』
勝利判決を生かそう!
そして、退職に追い込む会社のいじめを全日通労組が助けてくれない問題が、あちこちの日通に働く組合員から出され、労働組合が原点に戻るようにしていくために裁判の判決を活用する必要性が語られました。
全日通労組は、上告は出来ない、しても前回のように取り下げざるを得ないでしょう。完全勝利2連勝を祝う宴は、きっと近いでしょう。

裁判の説明

09年の秋、梅川さんが2年に一度の組合役員選挙に出馬。組合は「任期最終日の前日に定年退職するので資格がない」として、08年と09年の支部大会で“一日足らず”になるよう任期を決めたことを根拠に受け付けを拒否。また、告示を立候補締め切り後に知らせ出馬させなかった。恣意的な立候補の妨害、組合の根本的なあり方を問う裁判。

スポンサーサイト
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が20日にもロシアを訪れる可能性
韓国の情報機関、国家情報院は19日の国会情報委員会で、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が20日にもロシアを訪れる可能性があると報告した。訪ロした場合、メドベージェフ大統領かプーチン首相と会談するとみられる。委員会所属議員らが明らかにした。

 両国の首脳会談が実現すれば、プーチン氏が大統領だった2002年8月以来、9年ぶり。韓国政府関係者によれば、金総書記は現在、北東部の咸鏡北道に滞在しており、20日にもロシア極東ハサンを経て訪ロする可能性があるという。

 北朝鮮は最近、経済難のために中国への依存度が高まる状況を打開するため、ロシアに接近。ロシアから北朝鮮を経て韓国にパイプラインで天然ガスを供給する事業や、ハサンと北朝鮮北東部の羅津を結ぶ鉄道の改修事業などを協議している。

 金総書記は6月末に訪ロし、メドベージェフ大統領と首脳会談を行う予定だったが、直前に延期された。事前の報道によって北朝鮮が警備に懸念を示したことが理由とされ、韓国政府は今回も実際に訪問が実現するかどうか、慎重に見極めるとしている





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。