労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者団体は、石綿肺がんの現在の認定基準は不当に厳しく、患者はあと5~10倍は認定されるべきだと

石綿労災:厚労省の認定基準を否定する司法判断



 アスベスト(石綿)を吸って肺がんを発症したが、労災不認定とされた埼玉県入間(いるま)市の男性(60)が、国を相手に処分取り消しを求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。古久保正人裁判長は厚生労働省の認定基準に関する通達(07年)について「合理性に疑問があり、救済範囲を狭めるもの」として処分を取り消した。厚労省の石綿労災の認定基準についての通達を否定した司法判断は初めて。同様の石綿肺がん訴訟は今回を含め東京3件、神戸4件が係争中で、大きな影響を与えそうだ。

 判決によると、男性は73年から千葉県君津市の新日本製鉄の技術者として11年5カ月間、石綿取り扱い業務に従事。03年に肺がんになり、労災請求した。

 専門家が検討した厚労省の06年認定基準では石綿作業に10年以上従事するなどの条件があれば、認めた。ところが、厚労省は事務処理規定などとして新たに07年に認定基準の通達を作り、10年以上従事しても、乾燥した肺1グラムに石綿小体(たんぱく質で包まれた石綿)が5000本以上あるなどの条件を満たさなければ、原則的に不認定とした。男性のこの石綿小体は1000本台だったため、木更津労働基準監督署は07年、労災を不認定とした。

 古久保裁判長は「石綿小体の本数規定は本来は、従事歴10年未満の人を認定するための救済規定で、既に従事10年以上の労働者に要求するのは、救済規定の趣旨に反する」と断じた。

 男性は「(不認定の判断に)これでは引き下がれないと提訴した。他の患者が救われるのを見届け、手助けしたい」と喜んだ。

 他の6件の石綿肺がん訴訟でも全員が石綿従事歴10年以上の基準を満たしたが、不認定とされた。厚労省の検討会が今月14日、石綿肺がんの認定基準の改定の報告書をまとめたが、7件の患者が救われる内容にはなっておらず、判決が注目されていた。患者団体は、石綿肺がんの現在の認定基準は不当に厳しく、患者はあと5~10倍は認定されるべきだと訴えている。【大島秀利】

▼厚労省補償課の話 判決内容を十分検討し関係省庁と協議し対応を決めたい。

▼中皮腫・じん肺・アスベストセンターの斎藤洋太郎事務局次長の話 厚労省は高濃度の石綿を浴びた人の認定基準は整えつつあるが、原告のように被害者の大多数を占める中濃度を浴びた人々は認定が進んでいない。判決は救済を広げていくための大きな突破口になる。


毎日新聞 2012年2月24日 2時00分(最終更新 2月24日 2時36分)
スポンサーサイト
日本通運エルダー差別的不採用裁判 第3回弁論
第3回、日通の嘘とごまかしに全面反論!

3回目の弁論が2月10日(金)午後1時から数分で終わることが分かっている状況でも多数の支援傍聴の方々が駆けつけ、3人の怪しげなマスクをした日通労務担当者が来ていました。
前回の弁論で女性裁判官から被告に今回期日の一週間前までに成績評価資料を提出するように指示して高野弁護士は提出すると言っていたにも関わらず今回期日が来ても提出がありません。
裁判官は被告に対し「原告の準備書面に対し事実関係を詳細に認否していただきたい」と指示したところ「過去の成績を調査中」と答えたので、「原告(梅川さん)の社内での立場、どういう仕事(業務)を与えていたのか主張して」と言われ、
次回を3月23日(金)午前11時30分に、書面提出が3月16日迄と決定されました。
閉廷後、堂島川縁の広場で森博行弁護士から「〝仕事せん〟言うけど、する仕事がない。庄本倉庫に配転されてから1年半程は仕事があったが、顧客が撤退してからは仕事がなかった。倉庫番扱いされ1日1時間くらいの仕事でどうして業務評価できるのか。会社は成績評価書を提出していない。どんな仕事をさせていたのか明らかにせよと裁判官から言われていた。梅川さんは40年間疎外されよく頑張って来た」と解説があり、尼崎アスベスト裁判の支援者から「和解協議に入っているが、日通は難しい」、日通労働者連絡会から「ホームページを見てください」、梅川さんからは「森弁護士のお話や皆さんのご支援で今日の天気のように晴れ晴れした気分です」と笑顔がこぼれていました。

第4回期日
3月23日(金)午前
11時30分
大阪地裁610号


どんな裁判?

働ける状態にあり、希望すればエルダー(定年継続再雇用)になれると、会社からも組合からも説明を受けて、半年前に申請したのに定年の1ヶ月前に「仕事ができない梅川さんはエルダーになれない」と通告されました。65歳からしか年金が満額もらえない状況で、定年後の雇用継続は働く者の権利です。労使一体の恣意的排除は許せません。
日本通運 富山警送事業所(富山市) 男性社員が金庫室から現金500万円を持ち出し着服
日通事業所、今度は着服 富山警送で500万円

2012.2.11 12:23


 日本通運富山警送事業所(富山市)は11日、30代の男性社員が金庫室から現金500万円を持ち出し着服していたと明らかにした。社員は10日付で懲戒解雇処分となったが、全額弁済しており被害届は出さないという。

 日通の現金集配部門では1~2月、愛知県警が中部警送支店の警備員、岐阜県警が岐阜警送支店の元社員をそれぞれ窃盗容疑で逮捕。事業所は「従業員教育と管理体制を徹底し、再発防止に努めたい」としている。

 富山警送事業所によると、1月24日午前に別の社員が金庫室で現金の確認をしていた際に気付いた。事業所が調査したところ、男性社員が着服を認めたという。

 男性社員は、金融機関などからの金の集配業務が主な職務で、普段から金庫に入る機会があった。実際に着服したのは昨年末とみられ、金は「借金の返済に充てた」と話しているという。

日本通運 ニチアス 2012年2月2日・王寺アスベスト裁判・控訴審が結審
2012年2月2日・王寺アスベスト裁判・控訴審が結審

 昨年9月21日の第1回控訴審弁論が開かれてから、弁論準備を経て、口頭弁論が2012年2月2日(木)午後2時から大阪高裁82号法廷で開かれ、書面の確認などがあって結審しました。
 裁判長は、ニチアスに対し「文書訂正は必要ないので却下する。弁論準備で聞いている。どういう意味で必要性がないかは判決で示す」と説明したあと「4月19日(木)午後1時15分に判決言い渡し」と知らされました。
 その前に、原告が当日提出の書面を、ニチアスが受け取らないと駄々をこねた場面もあり、裁判官から促されて結局受け取りましたが、ニチアスは相当追い詰められていると感じました。
 閉廷後、同階の待合室で報告会がありました。
 A弁護士は「弁論準備手続きでは、裁判官がホワイトボードに書いたりして熱心だった。日通から『日通元社員(上司・同僚)を証人として聴いて欲しい』と言われたが、裁判官は『一審の証拠で判断する』として却下した。ニチアスは『(日通社員が)王寺工場(内)に居る訳はない』と主張。ニチアスが提出した1970年の粉塵測定データーの濃度は少ないが、発癌は低い基準で起こることが1960年国際会議でも報告されている(車谷先生)。ニチアスの提出証拠は『環境改善委員会の記録』であり、少量でも癌を心配して環境改善を行おうとし、少量での発がん性は認識していたのではないか」
 B弁護士は「ニチアス弁護士が本日提出した反論再確認のための原告書面を受け取らないと言ったのは、弁論準備で『従業員陳述書の方が正しい事実だ』と言い張ったことに対し、『反対尋問がないから証拠性がない』却下されたことの腹いせで、代理人弁護士のニチアスに対するパーフォーマンスだろう」
 C弁護士は「悪い結果が出る可能性は低い。良い判決が出ますようにと願っている」
 原告(妹さん)は、「(証拠に)なかなかバシッとしたものがなかったので、弁護団にご苦労をおかけしました。今日は極寒の日、7年前の2月に父が死去しましたが、父は寒いのが嫌いでした。判決を聴きに来ていただけたらと思います」
 原告(姉さん)は、「長かったです。被告書面を読むたびに傷付きます。反論していただいた弁護団に、傍聴に足を運んで来て下さった方々に、感謝しています」
 
判決は4月19日(木)午後1時15分、大阪高裁82号法廷で言い渡されます。



日本通運岐阜警送支店の元支店社員松野博幸容疑者(52)を窃盗の疑いで逮捕
12年2月10日 01時08分



 金や貴重品の輸送を請け負う日本通運岐阜警送支店(岐阜市橋本町)で昨年12月、金庫室に保管中の5100万円が盗まれた事件で、岐阜県警捜査3課と中署は9日、窃盗の疑いで、同市菅生、元支店社員松野博幸容疑者(52)を逮捕した。

 逮捕容疑では、昨年12月3日午後6時半から4日午前8時の間に、金庫室から1万円札1100枚、5千円札8千枚を盗んだとされる。県警の調べに容疑を認め、供述通り市内の貸倉庫からほぼ全額が見つかった。

 日通によると、松野容疑者は1991年1月に入社。金や有価証券、貴重品の輸送を担当する警送課で部下を指揮、監督する隊長などを務めたが、昨年3月に一身上の都合で依願退職した。

 岐阜警送支店は「元社員がご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます。二度と同様のことがないよう社内教育を徹底してまいります」とコメントした。

(中日新聞)



窃盗:金庫室の5100万円盗む…容疑の元日通社員を逮捕



 岐阜市橋本町の日本通運岐阜警送支店の金庫から昨年12月、現金約5100万円を盗んだとして、岐阜県警は9日、同市菅生、元同支店警送課隊長、松野博幸容疑者(52)を窃盗容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月3日午後6時半ごろから4日午前8時ごろまでの間に、同支店金庫室から現金約5100万円を盗んだとしている。

 県警岐阜中署や同支店によると、松野容疑者は91年から昨年3月まで同支店に勤務していた。警送課は企業などの売上金などを回収して輸送する部署で、統括する立場だった。

 金庫室までの複数のセキュリティーロックが壊されずに解除され、職員や退職者などの事情聴取で、松野容疑者が浮上した。松野容疑者は容疑を認め、現金の大半は本人名義の貸し倉庫にあった。同署は9日、警備業法に基づき同支店に立ち入り調査をした。

 日本通運では今年1月26日、集金業務中に現金160万円を盗んだとして同社警備員が愛知県警に窃盗容疑で逮捕されている。08年には札幌警送支店の現金輸送車から元契約社員の男2人が現金約1億1500万円を盗む事件が発生している。【三上剛輝、梶原遊】


毎日新聞 2012年2月9日 22時11分





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。