労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本通運定年退職継続再雇用地位確認の裁判が決着
一人から誰でも加入できる天六ユニオンの書記長をしている梅川さんが日通を相手にした定年退職継続再雇用地位確認の裁判が、2013年3月15日に決着を見ました。
 この裁判には前段があり、会社に雇用されれば組合に加入しなければならないユニオンショップ制の企業内労働組合である全日通労働組合が、梅川さんの組合選挙立候補を妨害して、一度目は、選挙ビラの内容を削除し、二度目は、定年退職継続再雇用を希望していて組合員資格が継続されるにもかかわらず、被選挙権を奪ったのです。
 そのため、梅川さんが全日通労働組合相手の裁判を起こして、二度とも勝利しました。
 しかし、日通の組合と会社は、梅川さんが定年退職後も再雇用されて組合選挙に出ることを忌み嫌い、今度は、働ける健康状態で希望すれば再雇用されるエルダー制度の勤務評価や勤務態度などの基準を悪用し、「特に勤務評価が不良な者」として不採用にしました。今までの職歴をまったく無視した職場へ不当配転され、定年退職までの2年余りは仕事が与えられず、目標管理評価の手続きもまともにされない中での不採用です。
 と言うことで、梅川さんは、地位確認を求めて日通を相手に再び裁判を起こしましたが、同種の裁判が最高裁で労働者側が勝利して判例ができたので、あえて判決を求めず早期解決を選択し、このたび、職場復帰は叶わなかったものの金銭解決をしました。
 今まで、長きにわたり支援してくださった方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。
 ありがとうございました。
2013年 春
日通エルダー(定年継続再雇用)不採用裁判を支える会
天六ユニオン
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。