労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の仏壇に手も合わせに来てくれない日本通運に勝訴 尼崎アスベスト裁判 
トラック運転手として日本通運(本社・東京都)の倉庫や兵庫県尼崎市のクボタ旧神崎工場にアスベスト(石綿)を運搬し、退職後に中皮腫や肺がんで死亡した元日通社員5人の遺族が、日通とクボタに慰謝料など約2億2250万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、神戸地裁尼崎支部であった。富川照雄裁判長は「安全配慮義務違反があった」として日通の責任を認め、同社に計約1億3700万円の支払いを命じた。

 原告側弁護団によると、石綿を運搬したトラック運転手に対するアスベスト被害が裁判で認定されたのは初めて。旧神崎工場を原因とする石綿関連死を認めた判決も初めてという。

 5人の遺族のうちクボタにも賠償を求めた4人の遺族は今年3月、1遺族1000万円で和解が成立している。

 判決によると、5人は1954〜83年、石綿の運搬と積み下ろし作業に従事。最長で30年勤めた。いずれも退職後の00〜07年、57〜76歳で中皮腫か肺がんで死亡した。日通は「粉じん対策は取っていた」と主張したが、判決は「石綿ばく露状況を踏まえた教育指導は行われておらず、防じんマスク装着を義務づけていれば、石綿関連疾患発症は回避し得た」と指摘した。

 一方、原告が求めた日通の現職社員の労災死亡時に支払われる慶弔見舞金については「死亡時に社員でなかった者は対象外」として認めなかった。

 日通は「判決内容を検討し対応を決める」とコメントした。【藤顕一郎】

 ◇「控訴せず終わりに」遺族ら

 判決言い渡し後、遺族6人が記者会見に臨み、日通に対して「控訴せず、これで終わりにして」と呼び掛けた。05年に夫美代司(みよし)さん(当時68歳)が悪性腹膜中皮腫で亡くなった古嶋右春(うはる)さん(78)=兵庫県明石市=は「日通には一言『悪かった』と言ってほしい」と訴えた。

 古嶋さんは、長女も胸膜中皮腫で08年、48歳で亡くした。原因は明らかではないが、夫の洗濯物に付いた石綿を幼い頃に吸ったためではないかと考えている。会見会場で、美代司さんと長女の遺影を取り出し、ハンカチで目元をぬぐった。判決は日通の責任を認めたが、「夫だけでなく娘も亡くした。万歳しては喜べない」と笑顔はなかった。

 古嶋さんの長男隆司さん(50)は「石綿被害で裁判を起こしたすべての人が補償を勝ち取れる世の中に変えたい。この判決は将来への第一歩」と話した。

 また、夫を肺がんで亡くした女性(76)=神戸市=は「会社は夫の仏壇に手も合わせに来てくれない。冷たい会社だと思う」と批判した。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

労働災害にもこの世の中さが存在することにいまさら気がつきました。同じ中皮腫患者でも、賠償請求できる相手が明確な場合は良いのですが、私などのように、建設下請け業者は、どの建設現場のアスベストで発症したのか証明できないのです。救済策はただ一つ。国の責任を明確にすることなのですが非常に難しいのが現状です。水俣病やイタイイタイ病などの集団発病の場合国の対応の遅れがハッキリとするのですが、過去百年近く発症してきたであろうこの病気について、原因が未だ明確化され無い現状は嘆かわしいものがあります。国は原因の明確化がされない方が良いのです。未だに原発と防衛産業には石綿の使用を容認しています。先進国では我が国だけです。国の責任追求をどうして行くのかが課題ですね。
【2012/07/01 19:15】 URL | 深山 霞 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://labor43.blog35.fc2.com/tb.php/545-18e967db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【夫の仏壇に手も合わせに来てくれない日本通運に勝訴 尼崎アスベスト裁判 】

トラック運転手として日本通運(本社・東京都)の倉庫や兵庫県尼崎市のクボタ旧神崎工場にアスベスト(石綿)を運搬し、退職後に中皮腫や肺がんで死亡した元日通社員5人の遺族が、... まとめwoネタ速neo【2012/07/04 08:15】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。