労働者日々の戦い 日通労働者連絡会で団結
安全配慮義務違反、偽装請負、アスベスト被害、パワハラと闘おう!!
プロフィール

ogamiitto

Author:ogamiitto
名もなき労働者です。ITオンチのわたしが、このブログを立ち上げねばならなかった背景をお察しください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



メールフォーム

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きです「餃子の王将」 社長の御冥福を心よりお祈り申し上げます。
 全国で「餃子(ぎょうざ)の王将」を展開する王将フードサービス(京都市山科区)の大東(おおひがし)隆行前社長(72)が19日に殺害されて以降、各地の店舗で、悲劇の死を悼むかのように、看板メニューの餃子が静かに人気を広げている。同社は「こういう中でも多くのファンに来ていただき、とてもありがたい」としている。

 30分の皿洗いで食事を無料サービスすることで有名な餃子の王将出町店(上京区)。事件後、普段に比べ餃子を注文する人がかなり増えたという。餃子がセットになった定食を食べた同志社大4年の男性(22)=同区=は「大学に入って1人暮らしを始め、何度も食べに来ている。事件の後、少しでも応援したくなり来店した」と話した。

 店長の井上定博さん(63)は大東前社長と40年来の交流があり、年に何回かはともにマージャン卓を囲むこともあった。2人連れの客が事件の話を始めると、カウンター越しに話しかけ「仕事は厳しいが、情のある人。(事件は)なんでっていう感じ」と漏らした。

 インターネット上では事件当日の夜から、「追悼餃子」と銘打ち、焼きたての餃子の写真を撮影してブログに掲載する人が増え始めた。自身の王将での思い出を書き込み、「一生応援し続けます」「社長が亡くなっても餃子は不滅」などのメッセージを添えている人も多い。

 「餃子の王将」は、安くてボリュームのあるメニューに加え、餃子の無料券を大量に配るなどして、学生を中心に人気が拡大した。大東前社長自ら、地域の地蔵盆や運動会に餃子を無料提供したり、今年1月の全国大会で準優勝した地元、京都橘高のサッカー部に餃子160人前などを振る舞ったこともある。地道なファンの開拓が、今回の「追悼」につながった面もある。

 大東社長の後を継いだ渡辺直人社長は23日、報道陣の取材に対し「事件があってから、『供養の意味で餃子買いに来た』というたくさんのお客様がいた。気さくな人柄の前社長も喜んでくれているはず」と感謝の思いを話した。



京都新聞より
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://labor43.blog35.fc2.com/tb.php/569-65a41cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。